☆ リンク ☆

家族募集の子達のバナーをトップ固定とします。

譲渡会のお知らせがある時は、2番めに。

その際の最新記事は、3番目からとなりますので、よろしくお願いいたします。




    岐阜県可児市発~家族募集のサイトです tomonet.jpg

 ともnetから巣立った子たちの里親様ブログです 
  

  ひとつだけのいのち

    

犬を飼いたいと思っている方へ  アニマルポリス

bannar-01bb.gif シーズー  NPOlogoBlue3.png inotinowabana-.jpg



o0206008411920336429.jpg




スポンサーサイト

一人暮らしで自分が入院、残されたペットはどうなる?

読売新聞(ヨミドクター) 2/17(金) 14:10配信


一人暮らしで自分が入院、残されたペットはどうなる?


 自分が倒れたり入院したりしたら愛犬や愛猫はどうなってしまうのか――。そんな不安を持つ一人暮らしの高齢者は多いだろう。いざという時の備えをしっかりしておきたい。
.

「猫います」カード

 大阪市の老人ホームに入所する女性(72)は、1~2か月に1度、愛猫と会っている。
一人暮らしをしていた昨年4月に倒れて老人ホームで暮らすことになり、猫を飼えなくなった。
NPO法人「ペットライフネット」(大阪市)の紹介で、今は有償のボランティアが飼育している。
同法人は、高齢者がペットの世話ができなくなった時の飼育支援などを行う。
「野良猫にならずに済んでホッとした。元気な猫の姿を見るのが生きがいです」と話す。

 こうした第三者の手を借りる前に、準備しておきたいことがある。
ペットライフネット代表の吉本由美子さん(69)も一人暮らしで猫を3匹飼っているが、いざという時のために二つのことをしているという。

 一つは、ペットの情報をメモにまとめて自宅に残しておくことだ。
名前、年齢のほか、食べものの好き嫌い、かかりつけの病院名、体質などを記しておく。
急に自分が面倒をみられない状況になっても、メモを見れば誰でも世話をしやすくなる。

 もう一つは、外出先で倒れたりした時のために、緊急連絡先と猫が家にいることを書いたカードを持ち歩いていることだ。
吉本さんは「緊急時に、自分だけでなくペットのことも対応してもらいやすくなる」と話す。
.

支援者の情報収集


 東京都環境保健衛生課によると、2015年度に都が引き取ったペットのうち、飼育できない理由の約6割が「飼い主の健康問題」で、多くは高齢者だった。
「検査入院しなければならなくなったが、ペットがいるから入院できない」といった相談も寄せられているという。

 同課は昨年、冊子「ペットと暮らすシニア世代の方へ」を作成、各都道府県などが委嘱する「動物愛護推進員」についても紹介している。
獣医師や訓練士、動物愛護ボランティアなど動物に詳しく、ペットの正しい飼い方や新しい飼い主を探すなどの相談に乗ってくれる人たちだ。
自分の住む自治体の役所や保健所などに聞いてみよう。

 力になってくれる団体などの情報は多いに越したことはない。
NPO法人「高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク」副理事長の 親跡ちかあと 昌博さんは「かかりつけ病院の獣医師やペット仲間に相談して、普段から確かな情報を集めておいてほしい」と呼びかける。
.

ペットと安心して暮らすための備え

  ・ かかりつけの動物病院やペット仲間などに相談し、預かり先を探しておく

  ・ ペットを他人に慣らしておく

  ・ ペットの性格や病歴、服用している薬などをメモしておく

  ・ 自分の緊急連絡先やペットがいることを書いたカードを持ち歩く
 

(吉本さん、親跡さんの話を基に作成)


ともnet 譲渡会、パンフレットを置いてあるところに、こんなカードがおいてあります。
ぜひ、ご活用くださいませ。

カード

カード


私自身、お財布に入れてますし、車のダッシュボードのところにもおいてあります。
さらに、くどく、玄関にも。

愛犬、愛猫を守るのは自分という事、常に覚えていたいと思います。

遊びに来てくれた卒業生・お友達編です☆

順不同です。
たくさんの卒業生、お友達にきていただき、とても嬉しかったです

すずなちゃん
元ポッケ
この襟、かわいいですよね。
お洋服がきらいな子でも、ちょっとおしゃれがしたい時にいいかな。
参考にさせていただきます
元ぽっけ
ママさんに抱っこされて、とても幸せそうでした


はなこちゃん
笑顔いっぱいのはなこちゃん
初めてのお洋服が、とっても似合ってますね 
はなちゃん

はなこちゃん


ミレちゃん
気のせいかな?
ふと振り向いたら後ろにミレちゃんがいて、しっぽ振っててくれました。
私がわかってくれたのかなー笑  単純に嬉しかった私です
ミレちゃん


モカちゃん
お兄ちゃんのアウディくんは、みんなにご挨拶をして、ランを楽しんでました
アウディくん
モカちゃんはママを独り占め(笑)
モカちゃん


わび助くん
侘助くん
わび助君の顔、変わったと思います
これはちくわ君やちゃぷまる君のおかげかな
ちくわ君
ちくわくん
ちゃぷまる君
ちくわくん (2)
おーちゃんは、会うたびに大人の顔になってる気がします
o-tyann.jpg


かりんちゃん
かりんちゃん
でんで君
かりんちゃんは、かりん姫ですから、いつも堂々としています
いつもはパパべったりのでんで君は、この日は楽しそうにランしてました
でんでくん


トライアルに出ていたいとちゃん
この日、正式譲渡になりました。
いとちゃん、おめでとう
いとちゃん
先住わんこさんは、来夢くん
いとちゃん先住わんこさん
いとちゃん(愛ちゃんと書いて、いとちゃんですって)、仮母さんをすっかり忘れた?のか、
全く、スルーしてました。
さすがツンデレいとちゃん。笑 笑
でも、今がとても幸せということで、これも嬉しいことですね。


茶器くん
相変わらずかわいくて・・
でも、ちょっとぽっちゃりした感じが(笑)
ただいま、ダイエット中だそうです
茶器くん

1486989162523.jpg


ひなちゃん
ひなちゃん
あられちゃん
二人とも元気そうで何より
あられちゃんはちょっとダイエットできたそうで、何よりです
あられちゃん1

あられちゃん3


3ショットは無理!なくらい、元気なおぼっちゃまがいます
でも、これはまあまあじゃないですか?
3わんこさん


らんちゃん
らんちゃんママがいつもおやつを作ってくれるNekoさんです。
パピと同級生です。らんちゃんの方がちょっとだけお姉さん。二人とも元気で長生きしようね。
らんちゃん

らんちゃん1


まなちゃん
ポピーちゃん
マナポピーちゃん

まなちゃん・ポピーちゃん
ポピーちゃん
ポピーちゃん


なのはちゃん
笑顔ですね
なのはちゃん


小梅ちゃん激写(笑)
小梅ちゃん4

小梅ちゃん1

小梅ちゃん
最近、ご飯を食べてくれてて、一安心のママさん。
小梅ちゃんのひげが面白くて撮ってみたけど、わかるでしょうか?
小梅ちゃんのひげ


さくらちゃん
さくらちゃん
ことりちゃん
ことりちゃん
イエスくん
イエスくん
みんな元気できてくれて嬉しいです


ここちゃん
ここちゃん1
ここちゃん
ここちゃんのお友達
ここちゃんのお友達1
アナの服は、ここちゃんのお友達が作ってくれたおそろいです
ここちゃんのおともだち


久しぶりの紅ちゃんとのんちゃん
紅ちゃんは、皮膚の調子もよさそうかな?
紅子

のんちゃん


わらわら・・
さて、誰がいるんでしょ
わらわら

トリミングついでに顔を出していただいた方もいて、
かわいいお客様にもたくさん来ていただきました。
本当にありがとうございました

みにぴんちゃん

ミニピンちゃん

ミックスさん

マルチーズさん

ぽめちゃん1 (1)

ぽめちゃん

パピヨンさん

ポメチワさん

ぽめちゃん1

ぽめちゃん1 (2)

といぷーさん

ちわわさん1

ちわわさん2

ちわわさん

ダックスさん1

ダックスさん




カフェオーレさんの譲渡会・参加わんこ編

今日は頑張って、譲渡会参加わんこさんたちを載せたいと思います。
写真の量がとっても多くて、最後までいきつけたらいいな・・と・・
よかったら見てください。

大人気 初目見えの子犬ちゃんたち
柔軟剤チーム

子犬さん

1フレア・レノア・ダウニー

この子はフレアちゃんかな?
フレア

renoa.jpg

疲れてぐったり。お子ちゃまです
疲れた3わん

2ワンはトライアルが決まったので、あとはレノアちゃんだけです。
この子ですよー

レノアちゃんもトライアルが決まりました
レノア1

レノア


アナ

教育係として立派に役割をはたしているアナ
こんな顔してますが、かなりのビビリさんです

アナ2

アナ1


奈々緒

おばあちゃんだと思うけれど、とっても元気です。美人さんです

菜々緖


BB

寒いせいか?ほとんど寝てばかりのBB
朝の奇跡的一枚(笑)

BB.jpg


ソレイユ

かわいいお顔が撮れました
ソレイユ

ソレイユ1

ソレイユ1


ニモ

とっても甘えん坊さんみたいです。
譲渡会では、母さん独り占めなので、甘えたい放題です

ニモ


しずくちゃん

しーちゃん、見るたびに、足の力が強くなっています。
預かりさん、毎日リハビリ頑張ってくれています。
続けて頑張ってくれるご家族を探しています


しずく

しずく1



預かりさん宅で、いろいろ経験させてもらっています。
おもちゃでも遊びます

こまちゃん1

こまちゃん


悟空
トイプーさんらしからぬ体型に、愛着わきます
預かりパパさんが大好きです

悟空3

悟空2

悟空1

悟空




源


こちらも初参加
パグ夫婦
パグにしてはおとなしい感じがしたけど、気のせいかもしれません(笑)
2ワンともトライアル決定です。

パグ夫婦
(後ろにいるのはモフルンです。実は・・モフルンの写真がこれしかありません。ごめんなさーい
パグ2

パグ1


だ いや
保護当時の、丸刈り姿のイメージが強いだいや。
こんな姿になっちゃうと、見慣れたスタッフでも、誰だっけ?と思ったりします。
かわいくなっただいや。
ちょっと難しい点もあるかもしれませんが、一緒に頑張ってくれる家族を探しています。

daiya.jpg


おこめ
おこめ1

おこめ



パネル4

パネル3

パネル2

パネル1

パネル


皆様からご寄付いただいたお洋服や雑貨、

スタッフ手作りのおやつ・スリング・マナーベルト・エコタワシ・服など、

マナーベルト

ベッド

スリング

エコタワシ他

たくさんの商品が並んでいます。

おやつは無添加なので、安心してあげてもらえますし(無添加なので、早めにあげてくださいね)

おやつ

服は試着OKですので、ぜひ、お気に入りの一枚を見つけてください

ともnet服

ともnethuku


皆様にご協力いただきましたこの日の売り上げ

ともnet オリジナル  88,000円
バザー         10,500円
合 計          98,500円

大事に使わせていただきます。
本当にありがとうございました!

カフェオーレさんでの譲渡会、無事に終了しました!

今回も、たくさんの皆様に来ていただき、本当に感謝です。
ありがとうございました。
お話をいただいたわんちゃんもいます。
また、写真と一緒にご報告させていただきますね。
まずは、お礼まで。

これから頑張って写真の整理をしまーす

2月譲渡会のお知らせです★


2月12日 (日)

 AM 11:00〜 PM 4:00

ドッグパークカフェオーレ



参加ワンコは
近くなったらまたお知らせします

2/11追記

参加わんこさ

ボス宅から

★ダックス・源
★ミニピン・BB
★ミニピン・菜々緒
★トイプー・だいや
★シーズー・笑
★シーズーmix・モフルン
★パグ・サボさん
★mix・ダウニー
★mix・フレア
★mix・レノア
★mix・アナ

他の預かりさんから

★ダックス・しずく
★トイプー・ソレイユ
★狆・狛
★シーズー・ニモ
★トイプー・悟空(午後から参加)

天候に負けずに頑張ります!
よろしくお願いいたします。








明日は、カフェオーレさんでの譲渡会です☆

明日のお天気が心配ですが・・

今のところ、名古屋は降ってませんが、明日はどうなのかな。と、ちょっと心配しています。
でも、こればかりはね。

という訳で、いつものごとく、ぎりぎりですが、おやつも届いていますので、お知らせです。

Nekoさんから、
うーん、バナナキャロブケーキ、とってもおいしそうです
いつもモデルさんありがとう
1486690771918.jpg

1486690782181.jpg

キャロブ

みすずさんからも、クッキーがたくさん届いています
きなこ味と白ゴマ味です。体によさそう

くっきー

ワンピース
23㎝と28㎝
グレーワンピ


ジャンパースカート風です
27㎝と31㎝
ジャンパースカート風


フードつきです
23㎝と25㎝
スマイルパーカー


ワンピース
21㎝と23㎝
バラわんぴ

写真ではわかりにくいですが、ローウエストで、ちょっとアクセントつけています
バラわんぴ1


こちらは両方とも、丈が30㎝くらいです
ベージュ★

恐竜柄


もこもこの素材で、肌さわりもいいです
ラグラン袖です
24㎝、28㎝、33㎝
もこもこ


ダックスさんサイズです
32㎝と36㎝
紺ストライプ


ラグラン袖です
25㎝と28㎝
紺ラグラン
袖はドットです
紺ラブ欄


花柄ワンピです
23,24,25、34㎝
紺花







今更なんですが・・ 

中途半端ではありますが、写真もあることだし・・ 

ともnetの保護わんこさんたちもお世話になり(心臓や眼科)、
パピも歯科と眼科でお世話になっている動物病院が、リニューアルオープンということで、
内覧会のお知らせはがきをいただいたので行ってきました。

わからない癖に(笑)器械に興味があります。
新しい病院なら、新しい機器がいっぱいですよねー
今までよりもずっと広くなった待合室も明るく、診察室もたくさんあり、
きっと今まで以上に、スタッフさんたちも気合いが入りますね。

手術室も、とても立派で、眼科の為の手術室もありましたが、ここでお世話にならないよう、祈るばかりです

1486379092234.jpg

1486378991655.jpg

1486378991188.jpg


トリミング室
1486378990884.jpg



見学が終わったあと、春日井のNANAさんでランチしてきました。
雑貨もおいてあって、かわいいお店でした。
明太山芋パスタもおいしかったですよ

1486378990524.jpg

  1486378887647.jpg

あんずちゃん
1486378989996.jpg

はるちゃん
1486378888492.jpg

うららちゃん
1486378888029.jpg

もちろん、パピも
1486378888852.jpg

ついでに・・
前日はこんなランチをしたっけ
1486379133922.jpg

来週、年に一度の健康診断。
コレステロールも血圧も気になるお年頃です

犬猫に負担を強いるペット業界の“すし詰め商法”に環境省が数値規制

2017/2/8 16:50 わんちゃんホンポ

ペット業界の劣悪な飼育状態に環境省が数値規制を

犬猫の繁殖業者やペットショップでは、繁殖に使われる動物や展示販売される子犬や子猫は、ケージやケースで飼育されていることが一般的です。
その飼育や展示の施設について、環境省が広さや収容頭数についての具体的な数値規制の検討に乗り出したとの報道がありました。
これは虐待的な飼育をする悪質な業者を排除することが目的ですが、報道されている規制の内容と現状から考えられる問題点などを見ていきたいと思います。

環境省が検討している内容

今年は5年ごとに見直しが検討される『動物愛護法改正の年』です。
前回(2012年)の法改正の時に動物愛護部会が、当時の改正には間に合わなかった、「現状よりも細かい規制の導入が必要」という報告書を提出していました。
環境省はこれを受けて、今回の法改正に向けて飼育施設の具体的な規制の導入に道筋をつける方針とのことですが、それは具体的にはどういったものになるのでしょうか?

パピーミルへの潜入の報道や悪質なペットショップを見たことのある人なら具体的にイメージが湧くかと思いますが、身動きもままならいほど狭いケージに閉じ込められていたり、そんな狭いケージの中に複数の動物をすし詰めにしているような飼育方法は動物虐待であると、今回漸く問題視されることになりました。

業者が飼育や展示をする際のケージやケースの大きさに、具体的な数値基準を設けて規制する方針で、すでに有識者への聞き取り調査を始めており、獣医学の専門家らによる検討委員会を立ち上げる予定だそうです。

他の国の数値規制と日本の現状

ドイツやイギリス、またアメリカの多くの州では、犬や猫を飼育する施設の大きさに具体的な数値規制を設けています。

その中でももっとも厳しい規制はドイツで、体高50cmまでの犬には6平方メートル(4畳弱)体高65cmまでは8平方メートル、体高65cm以上は10平方メートル(約6畳)の広さが必要と定められており、採光や通気性に関しても規定があります。

アメリカは州により規定値に差がありますが(数値規定がない州もある)平均するとイギリスよりはやや厳しめです。

この中では一番規制値が小さいのがイギリスの基準で、生後12周未満の子犬を1〜4匹収容するためのケージは最低1平方メートルの広さで高さは最低90cm。
一匹増えるごとに床面積にして0.25平方メートルずつ最低基準面積が増やされます。

日本では現在数値規制はありません。

ペット業界による独自調査の資料では、2016年の時点で繁殖業者の7割以上がケージで犬を飼育しており、そのうちの約9割が上記のイギリスの基準にも達していません。
広さの問題だけでなく、衛生状態や健康管理に関しても清掃の回数や健康診断の回数などの数値規定はありません。
数値規制の設定にペット業界の反応は?

動物を愛する人や人道的な視点から見れば、環境省が導入しようとしている規制は歓迎すべきものですが、繁殖業者などの業界関係者は警戒感を強めています。

数値規制導入に対抗するペット業界

例えばイギリスと同程度の基準を求めるなら、総額17億円以上の設備投資が必要と業界では試算しているそうです。
コストの増加と厳しくなる経営環境に、業界が渋い顔をすることは簡単に予想できます。

2016年2月には、ペット関連の業界団体によって組織された新団体『犬猫適正飼養推進協議会』が設立されましたが、この協議会には繁殖業者だけでなく、製薬会社、ペット保険などの損害保険会社など社会的な影響力の大きい会社も名を連ねています。
取材を行った週刊朝日によると、欧州の基準を下回る日本の業界独自の基準を作ることを目指していると受け取れる資料が作成されていると報道されています。

名前だけで見ると、『犬や猫を正しい環境で飼育するための団体なのかな?』という印象を持ちますが、犬や猫にとって正しい環境ではなく、業界が利益を上げるのに最適な環境を作るための協議会ということでしょうか。
尚、協議会会長への取材は、「明確な話ができる段階ではない。」として断られたそうです。

過去の規制導入の問題点

前回(2012年)の動物愛護法改正の際には、繁殖施設で生まれた子犬や子猫を、生後8週齢までは母親や兄弟から引き離さないための、『8週齢規制』の導入が焦点のひとつでした。

この時もペット業界は反対活動に力を入れて、8週齢規制は45日齢規制にすり替えられてしまいました。

また前回の法改正では、子犬や子猫を販売する際には購入者と販売者が実際に対面して、重要事項の説明をした上で取引をすることが義務付けられたはずでしたが、今現在もペットのネット通販は堂々とまかり通っています。

しかも業界が了解したはずの45日齢規制すらも守られておらず、もっと幼い週齢の動物が販売されているのが現状です。
法律を改正しようとすれば業界が足を引っ張り、改正にこぎつけた法律を破っても、それを調査する機関も罰則も十分ではないというのは日本のペット業界が抱えている大きな問題です。

私たちにできることは?

気の滅入るようなことばかり書いてきましたが、私たちは決して無力なわけではありません。
犬や猫を取り巻く環境を良くするためにできることはたくさんあります。

まずは知ること

ペットショップに流通される動物たちが生まれている、劣悪な環境の繁殖施設と、そこでボロボロになるまで使い捨てられる繁殖犬たち。
まだ離乳も済まないうちから母親から離されて、不自然な環境をたらい回しにされる子犬や子猫。

そういった実態を知らないことにはなにも始まりません。
悲しい現実ですが目をそらさずに知っておきたいことです。

黙っていないで声をあげること

今年は5年に一度の動物愛護法改正の年ですので、環境省から法改正に関する国民の意見を募るパブリックコメントの募集があるかと思います。
この記事で取り上げた数値規制のこと、前回に改正されたのにきちんと実行されていない規制のこと、自分自身の提案などを文章にして伝えましょう。
せっかく向こうから「どうしたら良いと思いますか?」と聞いてくれているのですから、こんな絶好の機会を逃すわけにはいきません。
「自分には難しい」と思われる方も、パブリックコメント募集の折には各動物保護団体などが文案などを公開してくださったりもしますので、肩の力を抜いて参加してみてくださいね。

パブリックコメントの他にも、署名運動や地元議員ヘの相談など個人でできることはいろいろあります。

賢い消費者になること

ペットショップに流通する動物の問題が後を絶たない根本の理由、それは買う人がいるからです。
ペットショップやホームセンターで後先考えずに、『かわいい』という理由だけで子犬や子猫を衝動買いしない。

ペットを迎えるなら、きちんとしたブリーダーから飼育環境や親犬や兄弟犬も見せてもらった上で購入する、または保護団体や愛護センターから迎える。
そういうことを実行する人が増えていけば、時間はかかっても悪質な業者は淘汰されていくはずなのです。

まとめ

環境省がようやく重い腰をあげて、犬や猫の繁殖業者やペットショップの飼育施設に具体的な数値規制を設ける見通しです。
ヨーロッパやアメリカでは数値規制が設定されている例が多いなか、日本にはなかったこの種の規制が検討されるようになったのは喜ばしいことです。

ペット業界からは、すでに対抗するための活動団体が設立され、強い反発が予想されます。
設備投資にコストがかかり経営状態が悪化し、生産性が落ちるという声もあるようですが、子犬や子猫は工業製品ではありません。
いえ、工業製品ですら良い品質のものを作るためには生産の現場を整えることは必須であるはずなのに、ペットの繁殖の現場では多くの場合そんなことは無視されています。

日本の法律が、せっかく良い方向に変わろうとしているこの機会を逃したり無駄にしたりすることがないように、私たちも賢くならなくてはいけません。

そして私たちにもできることはあります。
一人でも多くの人が考え行動してくださることを祈っています。
最後に、動物を取り巻く環境の話になるとたびたび取り上げられるマハトマ・ガンジーの言葉を記しておきます。

"国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る"

自分の国を恥ずかしくないものにしたい、心からそう思います。

最近、PCを開く事がめっきり減ってしまい・・

ふと気づいたら、2月の譲渡会のお知らせがまだという

最近思うのは、やっぱり年のせいか、疲れやすいというか、
今までのようには動けない

少し事情もあり、預かりを少しお休みさせてもらっているので、せめて服作りを、と思っていますが、
最近、パピの甘えもヒドイ
抱っこしてミシンをかけるのは結構大変なんだけど、と言いながらも、パピの要求には応えざるを得ないという・・
ちなみに、今も隣にいて、ちょいちょいと撫でるのを要求されています
片手でパソコン打つのもやっかいだぞ?

そうそう、今までのようには動けない、といいながら、結構出かけてるからだめなのか?笑
その辺は微妙ではありますが・・・・・・・

先週末もお出かけしてきたな、と思いつつ、写真が・・
なので、今日は、人生初体験してきた胃カメラの話を。

バリウムを飲むと、二日は苦しむ私なので、今年は胃カメラに挑戦してみました!
数年前から、ポリープ持ちになっていまして、経過観察の意味もあります。

みんながバリウムよりも楽だよ、というので、かなり気楽に考えてましたが、
いや、やっぱり苦しい~
最初に飲む、胃をきれいにする飲み物も、少量ながらマズイ。
胃カメラ入れる時も、異物感満載で、涙流してきました
でも、あとが楽なのは確か(当たり前か)なので、やっぱり胃カメラの方がいいかな。
名古屋は2年に一度、ワンコイン(500円)でやってもらえます。
ついでに、これまた初めて、ピロリ菌の検査もしてもらいました。
結果は後日になりますが・・ たくさんいたらどうしましょ

さて・・
今度書く時は、週末のことを書きたいと思います。
ともnetの保護わんこさんも、増えています
まだまだちっちゃいと思っていた子犬たちも、元気に大きくなってきました。
犬社会の勉強もばっちりです。
そろそろ巣立つ時かな
どうぞ、よろしくお願いします





プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク