ライチ犬肉祭

ここ数日、書くかどうするか迷っていた事があります。
もうご存知の方もいると思いますが、

玉林市で今も行われている「ライチ犬肉祭」のことです。

オンライン署名をしたいと思い、あちこち探した時にみた画像
・・倒れそうになるくらいのショックを受けています。
もちろん、きちんと見た訳ではありません。
開いて一瞬で閉じる、の繰り返しです。
それくらいに悲しくて残虐な光景が繰り広げられています。
ショックすぎて、すぐに文章にするとか考えられなかったのですが、やっぱりこれは廃止すべきだと思い、書いています。


文化なのかもしれません。
(夏至に犬肉を食べると病気にならないとの言い伝えがあることから、毎年この日になると、地元の人々は集まって犬肉や新鮮なライチを味わい、お酒を楽しむ。)

でも、今、彼らは私達のよきパートナーです。
心を通わせる事のできる存在です。

今と昔、文化は違っていいはずです。
いえ、変えていかなくてはいけない事もあるはずです。


こちらに大まかな事が書かれています。
そして・・小さ目な画像ですが、犬好きにはたまらない画像もあります。

それはちょっと・・と思う方、でも、犬肉祭りはやめるべきと思われる方、オンライン署名に参加していただけませんか。

横文字のサイトはかなりあるのですが、それは私自身ちょっと・・なので、
日本語で書いてあるサイトを紹介させていただきます。

こんな祭がなくなりますよう、お力添えをお願いします。

現実を知りたい方、勇気ある方はこちらからご覧ください。

犬一万頭を食べる「犬肉祭」を巡って中国で議論沸騰
広西チワン族自治区玉林市で毎年行われている犬肉とライチを食べる「ライチ犬肉祭(狗肉節)」。この祭りの是非を巡って中国で議論が起きています。何が起きているのか簡単にまとめました。
更新日: 2015年08月18日
        ↓
http://matome.naver.jp/odai/2137184376213300201


オンライン署名はこちらからお願いします。

玉林市の犬肉祭の即時中止!

習近平国家主席、広西チワン族自治区の陳武主席、ならびに中国共産党中央委員会の皆さま

“玉林市の「犬肉祭」では、食用として犬が虐待、消費されています。これを深く懸念する私たち世界中の市民は、「犬肉祭」の即時禁止を強く求めます。中国でも何百万人もの市民が犬肉産業を禁止する法案を支持しており、私たちも非道なこの取引の中止を求める訴えに賛同します。”

https://avaaz.org/jp/stop_the_puppy_slaughter_loc/?fb


スポンサーサイト

情けない・・・

今日は、多くを語るのはやめます。
彼が述べた内容に関して、いいとか悪いとかいう以前の問題として考えていただけたらと思います。


2015年9月15日
安保法案に反対する学生グループ「SEALDs」の中心メンバー・奥田愛基(あき)さん(明治学院大4年)が9月15日、法案を審議している参議院特別委員会の公聴会に出席し、意見を述べた。

奥田さんが公聴会でおこなったスピーチの全文は、以下の通り。


ご紹介にあずかりました大学生の奥田愛基と言います。SEALDsという学生団体で活動しております。

あのー、すいません、こんなことを言うのは大変申し訳ないんですが、さきほどから寝ている方がたくさんおられるのでもしよろしければ、お話を聞いていただければと思います。


   以下、省略します。」



こんな大事な場所でも 寝ている人がいるんですね。

確かに、国会中継でも議員が寝ている姿がよく映し出されますが、

高い議員報酬をもらってる議員のやる事でしょうか。

今回は特に、です。これほど国民が関心を持った議題は初めてなのではないでしょうか。

情けない。





みんなで考えてみませんか

朝日新聞デジタル
参院採決「NHKはくれぐれも生中継を」 山本太郎氏
2015年9月14日00時51分

■山本太郎・生活の党と山本太郎となかまたち代表

 (安全保障関連法案は)衆院で強行採決された。参院でも間違いなく強行採決されるだろう。強行採決は民主主義と真逆(まぎゃく)だ。暴挙といってもいい。どうして行われるか。安倍政権が卑怯(ひきょう)だからというだけでは片づけられない。第三の目が入っていない。
 NHKが公共放送としての役割を果たしていただきたい。第三の目として監視する役割を放棄しないでいただきたい。強行採決は生中継が入るといったらできない。有権者にそんなところ見せられないでしょ。だから生中継する必要がある。その瞬間を生中継しないなら、公共放送を名乗る資格はない。くれぐれも生中継お願いします。(NHKの討論番組で)



首相、安保法案「時経てば理解広がる」 成立へ決意示す


朝日新聞デジタル 9月14日(月)21時21分配信

安倍晋三首相は安全保障関連法案を審議する14日の参院特別委員会で、法案の今国会中の成立へ決意を示した。一方で、国会議事堂前では法案反対のデモがあり、首相の決意と法案反対の声が「言論の府」の内外で交錯した。

 首相は14日、法案について「支持が広がっていないのは事実だ」と認める一方、「この国会で成立させる決意に変わるところはない」と述べ、今週中の成立を念頭に決意を示した。また、集団的自衛権の行使例として強調してきた中東・ホルムズ海峡での機雷除去について「現在の国際情勢に照らせば、現実問題として発生を具体的に想定していない」と述べ、従来の発言から後退した。
 法案を審議する同日の参院特別委員会で答弁した。
 民主党の北沢俊美・元防衛相が「法案を廃案にして(国会に)出し直し、与野党党首会談で(法案について協議し)まとめられなければ、衆院を解散して信を問うべきだ」と指摘したのに対し、首相は「平和な暮らしを守り抜くためにこの法制は必要不可欠だ」と述べ、改めて今国会で成立させる考えを強調。「法案が成立し、時が経ていく中において間違いなく(世論の)理解は広がっていく」とも述べた。
また、公明党の山口那津男代表から、今の中東情勢でホルムズ海峡での機雷除去が想定できるのか問われ、首相は「(武力行使の)新3要件に該当する場合もあり得る」と述べたが、現時点では具体的に想定できないとの認識を示した。首相はこれまで、ホルムズ海峡の機雷除去を、外国の領域で集団的自衛権を使う唯一の具体例としてきたが、中東情勢の変化もあり、発言を変化させたとみられる。



NHK、衆議院での決議の時は、放送しませんでしたね。
かなり非難されていましたが、さて、今度はどうするつもりなんでしょう。
山本太郎氏、何かとやり玉にあげられますが、こういう人もいないと、与党議員なんてイエスマンしかいないのだから、
何も変わっていかないのだろうと思います。


総理の、「支持が広がっていないのは事実だ」と認める一方、「この国会で成立させる決意に変わるところはない」と述べ、
いったいなに様なのだ?とちょっと辛口で言ってみます。
この国はあなたのものなのですか?
さらに、「法案が成立し、時が経ていく中において間違いなく(世論の)理解は広がっていく」とも述べた。
時間がたてば忘れてしまうとでも思ってますか?
ますますバカにされてる感じがします。



わかりやすくまとめてあるところを見つけました。
長いので、追記を設定しますが、スマホからだと、確かそれはできないですよね。
長くなってしまって申し訳ありません。
最後にまた、ちくっ(私のちくっ、なんて、痛くもかゆくもないでしょうけど)と書かせてもらいますので、
よろしかったらご覧ください。


ホントにわかってる?安保法案の論点

http://seiji.yahoo.co.jp/article/23/

        「 ホントにわかってる?安保法案の論点」ノコピーは追記から見れます

続きを読む

日本はどうなるのかな・・

昨日の朝刊に載っていた記事です。

DSCF6549.jpg

それに付随して、こんなのを見つけました。

今の政府、暴走してませんか。
公明党が足を引っ張ってくれるのを期待してましたが、どうも無理なようです。残念。
民主化とはかけ離れていくような不安を覚えます。

日本が他国の戦争に参戦する。皆さんは賛成ですか?

「武器を使えば日本への敵対感情が強まり、後々、自衛隊が攻撃対象となる恐れも高まる」

どんな形であれ、戦争は反対です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安倍首相、自衛隊を「我が軍」 参院予算委で述べる

朝日新聞デジタル 3月23日(月)19時57分配信

 安倍晋三首相は20日の参院予算委員会で、自衛隊と他国との訓練について説明する中で、自衛隊を「我が軍」と述べた。政府の公式見解では、自衛隊を「通常の観念で考えられる軍隊とは異なる」としている。

 維新の党の真山勇一氏が訓練の目的を尋ねたのに対し、首相は「我が軍の透明性を上げていくことにおいては、大きな成果を上げている」と語り、直後は「自衛隊は規律がしっかりしている、ということが多くの国々によく理解されているのではないか」と続けた。

 憲法9条は「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と定める。2006年の第1次安倍内閣の答弁書で「自衛隊は我が国を防衛するための必要最小限度の実力組織で、『陸海空軍その他の戦力』には当たらない」とした。一方、自民党が12年に発表した憲法改正草案には「国防軍」の創設が盛り込まれている。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浦部法穂・法学館憲法研究所顧問 によりますと(文章が長かったので、部分抜粋します)
                      2013年2月7日

自衛隊と国防軍の違い

「自衛隊」と「国防軍」ではなにがちがってくるだろうか。それは、一言で言えば、「自衛隊」であるが故に課されてきたさまざまな「制約」が「国防軍」ではすべてなくなる、ということである。

自衛隊にはどんな「制約」が課されてきたのか。

まず第1は、自衛隊は「自衛のための必要最小限度の実力」にとどまらなければならない、ということである。

第2に、自衛隊が自衛隊であるかぎり、つまり、あくまで「自衛力」であって「戦力」ではないとする以上、その行動・活動は、当然「自衛」の範囲に限定されなければならない。だから、自衛隊に許されているのは、日本に対する急迫不正の侵害があったときに、これを排除するための必要最小限度の実力行使だけだ、ということになる。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが国防軍となった時には、この枠はなくなるものと言っています。

日本は戦争できる国、になります。

いつだって犠牲になるのは国民です。決めた人達は守られています。

ショックだなぁ・・

ひとつ気になる記事を見つけたので
これに関して、くどくど書くのは控えます。

ただ、恐い。と思った。

教師が、30過ぎたいい大人が、対処の仕方がわからないから、って。
この教師は生徒に何を教えていたんだろう。

勉強も大事だとは思う。
だけど、人間としてそれ以上に大事なことってたくさんあるんじゃないかな。




高校教諭、子猫4匹を生き埋め…学校の敷地に


読売新聞 3月23日(月)8時13分配信
 千葉県船橋市内にある県立高校の30歳代の男性教諭が、生まれたばかりの子猫を学校の敷地に生き埋めにしていたことが、同校への取材でわかった。

 教諭は、生徒に穴を掘る作業などをさせていた。少なくとも4匹を生き埋めにしたといい、県警は動物愛護法違反の疑いで調べている。

 同校によると、男性教諭は今月6日午前、学校敷地内で、野良猫が産み落としたとみられる子猫5匹を見つけた。放課後、担任を務めるクラスの男子生徒3人に目的を告げぬまま、スコップを用意させたり、敷地の一角に穴を掘ったりさせた。その後、教諭は1人で5匹を埋めた。1匹は生死不明、4匹は生きた状態だったという。

 同校は9日に保護者から連絡を受け、教諭に事情を聞いた。「親猫がいないので放置すれば死ぬと思った。対処の仕方がわからず、猫は市役所に引き取ってもらえないと思っていた」と話し、反省の意を示したという。




今朝の新聞から

29面の記事です。

チェルノブイリ原発事故から、4、5年後に子どもの甲状腺がんが急増、と書いてあります。

2011年3月11日
もうすぐ、丸4年になりますね・・

   


ちょっと暗い気持ちになったところで、これを見つけました。
同じ今日のもの。
2面の記事です。

   DSCF5623.jpg


原発再稼働って・・私には意味わからないです。


栃木で遺棄された犬たち~事件のその後

業者「用済み犬」遺棄か 栃木の大量死骸
2014年11月9日 朝刊

 栃木県内の河原と山で小型犬計七十匹以上の死骸が連続して見つかり、県警が廃棄物処理法違反などの容疑で捜査を進めている。昨年九月に施行された改正動物愛護法で、業者が処分目的で自治体に犬猫を持ち込むことは厳しく制限されるようになり、関係者からは「悪質な業者が、繁殖で使えなくなった用済みの犬を捨てたのではないか」との見方が出ている。
 死骸は十月三十一日と十一月一日に宇都宮市の鬼怒川河川敷で計四十四匹、五日に栃木県那珂川町の山中で二十七匹が見つかった。
 捜査関係者などによると、トイプードルやミニチュアダックスフントなど人気種の純血種ばかりで、五~十歳くらい。雄雌は半々だった。外傷はなく、薬物で殺した可能性があるという。一部の犬からは飼い主の情報を登録するためのマイクロチップも見つかり、県警は死因や譲渡ルートを調べている。
 死骸を調べた男性獣医師は「去勢・避妊をしておらず雌は出産や授乳をした形跡があった。繁殖に使った親犬の可能性が高い」と指摘する。那珂川町の現場では生きた五匹も保護された。
 県内の繁殖業者の男性によると雌は五歳ごろを過ぎると産む子犬の数が減り、雄も年齢に従い生殖能力が下がる。もうけが少なくなるため「飼い主仲介や処分を請け負う業者に預けたり、自治体に引き渡して殺処分してもらったりすることは少なくなかった」と打ち明ける。法改正の影響もあって「引き取り先に困った悪質な業者が遺棄するのは珍しくないのでは」とも。
 ペットブームの一方で、自治体が殺処分した犬猫は二〇一二年度には約十六万匹に上った。環境省は、安易な飼育放棄を減らそうと動物愛護法を改正し、自治体は業者から引き取りの要請があっても相応の理由がなければ拒否できると明記した。




この事件、皆さんの記憶にはまだ新しいし、あれからどうなったんだろう、と気になっている方も多いと思います。
私も気になっていました。

そしたら、この犯人と共犯の男、もう釈放になっていました。
罰金 100万とか50万で。




私がいつも見ている犬猫みなしご救援隊さんのブログ に詳しく書かれていました。
遡ってみていただけると、いろいろわかると思います。


警察は、私達が考える以上に、いろんな手続きがいったりして、面倒な部分も多いだろうし、
考えたから、思ったから即行動、というようには動けないだろうと思います。

でも、せっかく生きて保護できた子を死なせてしまうなんて、どんな状況に置いているのか心配になります。
本当に助ける気はあるのか?とさえ思います。


この容疑者が関係するショップには多くの子達が残されているようです。
糞尿の始末だけはされてるようだけど、いったいどうするつもりなのか、理解に苦しむ所です。

また、この容疑者に犬を渡した愛知の繁殖者もわかっているはずなのに、行政からの手は入ってないようです。
しょせん犬のことなのかな。
だからこそ、こういう事件があとを絶たないんだと思うけれど、もともとどうでもいい事なのかもしれない、とさえ思います。


この事件については、地元の下野新聞がけっこう記事にしてくれています。
中でも興味深いもの。
容疑者に犬を渡した愛知の業者に会って、話をしているものです。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/accident/news/20141123/1787345


県内で小型犬の死骸が相次いで見つかった事件で、廃棄物処理法違反などの疑いで逮捕された那須塩原市共墾社1丁目、元ペットショップ従業員で無職木村正樹容疑者(39)に犬を引き渡した愛知県の繁殖業者が22日、同県内の店舗で下野新聞社の取材に応じ、「渡した犬は約90匹。(木村容疑者が)引き取りを申し出、100万円の振り込みを要求された」などと証言した。
 繁殖業者によると、木村容疑者とは愛知県内で開かれた犬売買のイベントで知り合った。木村容疑者から繁殖犬を預かり、産まれた子犬を戻す関係だった。
 飼育頭数の増加に比例し餌代など管理費が膨らみ、家賃が払えなくなった。10月中旬に年内の廃業を決めたという。
 木村容疑者に廃業の意向を伝えたところ、「引き取るよ。取りあえず100万円を振り込んでほしい」と言われた。また、さらに費用が増す可能性も示唆された。
 約90匹のうち、約30匹は木村容疑者から預かっていた犬だったといい、「決していい飼育環境だったとはいえない。(犬は)別れる時、真剣な目で私を見ていた。毎日、顔が浮かんでつらい」と涙ぐんだ。



涙ぐむ? そんな心が本当にあったのかな。

世の中の繁殖犬、ほとんどがこんな運命を辿っているんじゃないでしょうか。
人に愛される事を知らず、かわいがられる事を知らず、
犬として生まれながら、犬としての幸せを何一つ感じる事なく、生涯を終えていく。
こんな繫殖犬の存在、絶対に許したくないです。



今まで何匹か、繁殖リタイア犬と接してきました。

彼らにはまず、笑顔がありません。怒りもないのかも。
いつも無表情で、人と接するのが怖くて逃げ回る。

すごく若いうちに繫殖場を出られればそうでもないんでしょうけど、10年もいたら、外の世界は恐いものでしかないのです。
それでも、おいしいご飯を食べ、心地よいベッドで眠る事を覚え、おやつをもらい・・
抱かれると、最初の頃は、突っ張っていた手足、
これがなくなり、身を任せてくれた時、預かりとして、本当に嬉しくなります。

抱っこはあったかいでしょ?気持ちいいしょ?
撫でてもらうのも気持ちいいでしょ?
ちょっとしたスキンシップが、彼らの心の扉を開いてくれます。

そういう事を知らずに死んでいく命、
私が甘いのかもしれないけれど、彼らを愛するものとして、やっぱり許せない。


どうか、その血を愛するものが、愛情いっぱいで育てた親に子供を産ませ、
また、その子を必ず幸せにしてくれるだろう人に託して欲しい。
ショップでバーゲンするような売り方はしてほしくない。
犬が手に入りにくくなっても私はかまわない。
高くなってもかまわない。
それだけの価値を認める人だけが飼えばいいんだと思う。

こうやって書くと、かなりの語弊があると思うけど、でも、仕方ないと思う。
こんなに放棄される子が多い現状では仕方ないと思う。

今は、人間目線ではなく、犬目線で考えたいと思います。


本当にいい加減にして欲しい

栃木県で小型犬を大量に遺棄した男が逮捕されましたが、
愛知の繁殖業者からお金をもらって引き取っていたそうですね。

最初からそんなにたくさんの犬を引き取って、大事に飼う、なんてことは考えてないでしょう。
この男、もちろん許せませんが、託した繁殖業者だって、わかっていた事ではないでしょうか。

しょせん、お金儲けの道具でしかなかった彼らのことを思うと、本当に不憫でなりません。

10歳くらいで繫殖場を出てくる子達もたくさいます。
どうせなら、もっと早くに出してくれればいいのに、と思っていますが、
最後に出られたのなら、まだ幸せなんでしょうね・・


ともnetブログに、保護犬が紹介されていますが、全頭ではありません。
まだ紹介されていない子もいます。
理由は簡単。ボスに時間がないからです。
一般家庭での保護になるので、保護場所だってそうそうある訳じゃない。


なのに、最近、また保護しました・・
本当にひどい状態での保護で、みんなガリガリだそうです。
いつになったらこんな事はなくなるんでしょう。


法、甘くないですか?

前記した男の罪が、廃棄物処理法違反と動物愛護法違反

廃棄物処理法違反って??
意味わかりません。
いくらかの罰金で済みそうな違反ですね。
こんな軽い罪だから、いつまでたっても、こういう事件はなくならないんだと思います。

現実

もう笑うしかないともnet  、いえ、ボス宅

なんでこう保健所に、お迎えのこないわんこがたくさんいるんだか・・

この子はきれいにトリミングされてるからお迎えはあるよね?
この子はマナーベルトもしてるし、きっと脱走しちゃったのよね?

・・・なんでお迎えが来なかったの??


飼い主高齢で保健所に持ちこまれたわんこ。
わんこさん・・まだ若い。この子を買った時にだって、飼い主は十分高齢だったはず。
どんなにその子をかわいがっていたとしても、最後がこれではわんこは報われません。

自分に何かあった時に頼める人がいないのに飼うのは、どうかやめてください。
自分が慰められるから、癒しになるから。
十分に理解できる事ですが、だからといって、その子の命と引き換えにしていいはずがありません。

まだ若いしかわいいからボラが引き取ってくれるはず。

そうですよね、確かにその通りかもしれないけれど、
その為にボラがする苦労は考えた事ありますか?

健康診断してワクチンして不妊治療を施して・・
それでも健康な子はまだいいです。一通り治療したら、あとは日々のお世話(いえ、これだって大変なんですけど。時間もお金も使います)をするだけです。

最近保護される子は、見た目も汚い(どうやったらこの状態で飼っていられる。です。トリミングの必要な犬種の手入れをしないのは罪です)
一皮剥ぐがごとく、丸刈りされる子も多いです。

おまけに、おまけにフィラリア+とか、
見た目はそうでもないけれど、健康診断したら手の施しようがないくらいにあちこち悪くなっている子もいます。
耳ダニとか疥癬とか、多頭がいると頭痛い問題です。

ボスがよく言います。
いつか苦しんで死ぬ事になるなら、保健所で処分されてしまった方がよかったかも。と。

私達、周りの者はそう思っていません。
残された時間は短いかもしれないけど、おいしいもの食べて、のんびり昼寝して、
いつか、病の方が勝つ事があったら、その時は痛みや苦しみをとる治療をしてあげたい。
世話するのはボスで、実際にそれを見ている訳ですから、本当に辛い事だと思うけれど、
最期に泣いてくれる人がいたら、とても幸せな事なのではないでしょうか。


保護される犬猫がいなくなる事はないのかな・・
殺処分ゼロを夢見る私達は甘いのでしょうか。


まずは飼い主の意識改革が必要です!

犬猫の一生は、15~20年くらいと、人に比べたら短いです。
でも、当然ですが、私達の4倍くらいのスピードで年をとっていきますから、高齢になってくれば病気をする事も多くなると思います。
日々の手入れが必要な犬種も多いです。

どうか、 飼う  という事がどういう事なのか、しっかりご自分の目で耳で確かめてから飼う事を検討してください。

ショップの  毛が抜けないからお掃除楽ですよ、お手入れ楽ですよ、とか 賢い子ですよ、とか 簡単に鵜呑みにしないでくださいね。

賢い子=学習能力が高いのですから、飼い主しだいでよくも悪くも極端に出ると思います。
毛が抜けない=トリミングが必要 という事です。


毎度ながらグチを書くと果てしなく書けそうです。


自分が家族に迎え入れた目の前の命、どうか、その子の一生に責任を持てる飼い主であってください。


   みんなにも最後の家族ができますように・・

  image(29)1.jpg

  写真(3)

  image(32).jpeg

  image(31).jpeg


集団的自衛権

集団的自衛権 行使反対

私には難しい事はわかりません。
でも、だからこそ、単純に反対です。

自国を攻められている訳でもないのに、戦争に参加する日本人がいる。
国民を守るため、国を守るため、と言いますが、本当ですか?

そんな事に足を突っ込まない方が、平和が守れる気がします。
平和ボケしている日本人。いいじゃないですか。
みんながそうなれば、争いはなくなります。
あえて、加担する必要はない。

同じ日本人が戦争で死ぬ、知り合いが戦争で死ぬ、身内が戦争で死ぬ。
嫌です。単純な発想でしかないけれど、嫌です。
この国が大嫌いになりそうです。
戦争には関わりたくない。
戦争で儲ける国になるのもイヤです。

自民党、嫌いです。公明党に期待していたのに、結局、同じ穴のムジナ。

この国は何を目指しているのかな?
一般庶民なんて、小さすぎて見えてないのかな?
戦争に行くのは、政治家ではなくて、一般市民です。


私には政治はわからないけど、あまりにも無関心ではいけないと思います。


プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク