ビビも・・

ジジと一緒に保護されたビビが虹の橋を渡りました。

3年半前に保健所から保護されたジジとビビ

実際の年齢はわからないけど、高齢だったのは確かです。

あれから別々の家で過ごし、会うこともほとんどなかったのに、

同じような時期から調子が悪くなり、ジジが9月に、そしてビビが11月27日に逝きました。

二人は、離れていても通じるものがあったんだ。本当にそう思っています。


よかったね、ジジ。
ジジは本当にビビが大好きだったから。
もう二度と離れることなく一緒にいられるよ。
いつまでも笑顔でいられるよ。

いろんな事を思い出してみますが、
うちにいたジジとビビは、ちょっと手がかかっても、何かしても、ま、いいか。と思わせる子達でした。
何してもかわいい。本当にそんな感じ。


これ、ダメでしょ。って言っても、?なところがなんとも言えなくて。
多分、あまり話しかけられずに育ったんでしょう。言葉がわからない感じでした。
トイレなんて、したい時にしたいところでする。そんな感じだったけど、それも許せちゃうかわいい子達。


ジジ、ビビ

最期まで一緒にいてくれる家族がいてよかったね・・・

ジジとビビに関わって下さった皆様、本当にありがとうございました。

   o0480064012764110044.jpg


ありし日のビビの写真、イヴママさんのところから拝借してきました。




スポンサーサイト

ジジ・・

ジジが虹の橋を渡りました。

正直なところ、命のカウントダウンはもうずっと前から始まっていたと思います。

でも、意外にジジは頑張ってくれて。

苦しいなら無理しなくていいよ、と思うところですが、相変わらずマイペースに、

ご飯は食べたり食べなかったり、

好きな時に起きて、好きな時に寝て、

そう、昼夜逆転生活。

オシッコもウンチもしたい時にしちゃう、という、本当にワガママじっちゃま。



そんなジジなのに、ママさんは、本当にあったかく見守ってくれて、

介護生活も頑張ってくれて、

ジジは、最後に苦しい顔ではなくて、笑顔を残してくれて逝きました。

本当に素敵な最期の時を迎えることができました。




ジジに出会えたことに感謝。

ジジが結んでくれたご縁に感謝。


ジジ、ありがとう。

そして、イヴママ、ありがとう。お疲れ様


イヴママが、ジジの思いで整理をする時間、生まれてくるあかちゃんの為に準備する時間、一ヶ月。

    きっと、ジジも・・・忙しく準備中だと思います  なぜかって



ママさんがジジの事をたくさん綴っていてくれます。
こちらでご覧くださいね。
ママさんの気持ちが、痛いほど伝わってきて、泣けます・・

   

プードルlife



私なりにジジを思い出しています。 

看取り覚悟だったのに。

こんな笑顔のジジとビビ。
私のとっても好きな写真です。

  ジジビビお迎え


我家で二匹揃っていた頃のジジビビ

ジジはビビが大好きで、よくペロペロしてあげてたね。
ビビはというと・・迷惑そうだった(笑)

   ジジビビ

   ジジビビ1


ビビがボス宅へ移動してからは、私を独り占めのジジ
(いや、パピもいたんだけど)
よくイヴママのおなかの上で寝てたけど、私のおなかの上も占領してました。
体温を感じていたかったのかな?

  おなかのうえ

乗られたら一緒に寝るしかないね やらなきゃいけないこともあとまわし
   おなかのうえ1



当時、ジジの一番お気に入りのベッド
 お気にいりのベッド


そして、パピの大事なぬいぐるみに顎を乗せ、
  まくら

こんな感じで寝ていました 全体像



歩くのも大好きで、もっぱらベランダ散歩

  お散歩

ブログには書きませんでしたが(今思い出しても冷や汗がでるので

ジジは、ベランダの小さな隙間から外を見るのが大好きだったけど、

  のぞきみ

ジジは小さいので落ちてしまいそうで怖くて、すだれを立てかけて、外を見れなくしてました。

  すだれ


そしたらそしたら・・
隣の部屋との境界線(鉢植えとかで隙間がふさいであったのですが、それをどけて。どんな力と知恵なのよ)の隙間から隣のベランダへ移動してしまって。

もー
そりゃー
焦ったなんのって。

嬉しそうに尻尾フリフリしながら外を見るジジ
呼べばこちらを見るものの、戻ってくる気配は一向になく、

時はお盆休み
お隣さんはいなくて

ワタクシ、ベランダ越しにお隣へ不法侵入しました
今、思いだしても冷や汗もの。
よく無事に戻ってこれたと思います。
若かりし頃のおてんばぶり、久々に発揮した日でありました。


おしっことか覚える気はさらさらなくて、してるよーみたない目で私を見ながら用をたし

うん、でも何でも許せた。
そんなじっちゃまだった。

ジジ。
楽しかったね。

あなたが保健所で命を落としていたら・・私はすっごい後悔したと思う。
みんなに迷惑かけてしまったけど、たくさんの人達の手を借りたけど、最期が笑顔で本当によかったと思う。

預かりさんがまどかさん宅になって、それからイヴママのところへ。
ジジはいつも笑顔でいてくれたね。

あれから3年と3か月。



じっちゃま。また。会おうね



ビビは・・今、ちょっと大変な時期を迎えているようです。
心臓のお薬を飲んでいますが、それよりも気管支が潰れているようで・・
ジジとビビ、離れていても、いつも一緒なのかもしれません。

   ビビとボール

ビビ

ジジ、ビビ、仲良し ジジとびび


ジジ~♪

お友達のゆきママが、じっちゃまの事をとても気にかけてくれていて、会いたい、というのでセッティング

くつろげた方がいいし、おしっことかも気にしなくていいようにと、我が家へ来てもらいました。

久し振りのご対面なのに、パピさん、全く興味ナシ
わかっているのかわかってないのか、サッパリわからない態度をとってました。
だいたい、見もしないってどういう事?
        2わん



ジジはとてもかわいくて、
年老いたことで(じっちゃまに叱られそう(笑))ますます、子供っぽく可愛くなった気がします。
(でも、赤ちゃん返りしているようなものなので、お世話はとても大変だと思います。)

本当は療法食を食べるのが一番いいんだろうけど、今のじっちゃまは、何でも食べれるもの食べてヨシ、の世界です。
食欲あります。
お魚のブリにはフン したくせに、お肉(豚ロース)はガブって(笑)
ヤレヤレ。
ママさん、大変なのに、今はタイミングよく時間がいっぱいあるから大丈夫です。と、心強い言葉。

ジジ2

        ジジ1



じっちゃま宅は、わんこ4頭の大家族だけど、
ボス(じっちゃまより年下ですけどね)にとても大事にされているので、他の子も一目置く存在との事。
めっちゃ幸せで、まるで殿様生活しています。

    ジジ



じっちゃま・・またね

べーがかわいい ちょろべー


ジジ♪

ジジとビビが保護されたのは、3年前の6月初め。

見るからに高齢、状態のいいとは言えない(いえ、悪い)この子たちだけでは上っていけないような山の上の工場に、2匹でいたそうです。


あれから3年

おまけの犬生、幸せだったかな。

うん、幸せだったね

特に、今なんて、わがまま言い放題のおじいちゃんで、ママさんを翻弄(笑)しています。

ジジ5



毎日、じっちゃまの生存確認から1日が始まるという今の生活。
足腰がたたなくなったじっちゃま、すっかり介護してもらっています。
それでも、じっちゃまは、なんかぶーたら文句いってます

じっちゃまにもう少し頑張ってもらいたいと思ってるママ
ジジ・・私はちょっとだけ違った風に考えているけど、
ママを泣かす日はもう少し遅い方がいいな。

ジジ4
   ジジ3

なんだか湿っぽい話でごめんなさい。
今、まだ生きているジジなのに、こんな事を書くなんて失礼なヤツ。



暑いけれど、食欲はばっちりあるじっちゃま。
生きる、という事に貪欲です。
ジジ1
ジジ


じっちゃまには預かりが二人います。
最初は私が、看取り覚悟で預かったのに、なぜだか長生きしてくれて、途中で預かり先がまどか家に変更になりました。
そんな私たちに、少しでも多く会ってもらいたい、と思うママさんの気持ちがとてもよく伝わってきます。

ジジ、ありがとう。
そしてママさん、暑いのに、本当にありがとう、ご苦労さま。
体調にはくれぐれも気をつけて下さいね。


追伸:ビビ、写真はありませんが、元気ですって


ジジ

大好きなジジ
ジジに家族ができて、ちょうど2年になろうとしています。

ジジ、そしてビビは、始めて、看取り覚悟 で預かった子です。
獣医さんに、涙ながらに相談したのが、2年と8か月前

それはもろくも、引き取ってきてくれたボスの第一声で終わりましたけど。

・・・元気なんですけど。
・・・吠えてますけど。
・・・ご飯食べますけど。

へぇ???


翌日、ボス宅へ迎えに行きました。
(保護された時は、ジジとビビ、ご夫婦?でいました。)
もうかわいいのなんのって。
助手席にセットしたドライブボックスに、二匹を入れて、
信号で止まるたびに彼らを見てにんまり。

かわゆすー
2010年6月の写真  201006151129554d6_20130204153407.jpg


すぐに死を考えることのなかった日々だけど、間違いなく彼らは高齢。
いいご縁があるんだろうか?
と思う反面、こんなにかわいいんだもの。
(恋は盲目状態、の私でした
きっとこのよさがわかってくれる人がいる。と思ってました。


ジジに家族が見つかり、ビビに家族が見つかり、
どちらも健康面を心配しながら、それでもかわいいと思ってくださる家族です。

あとどれだけの命かなんて、誰にもわかりません。

でも、ご飯を食べる意欲があるうちは、生きる気力がマンマンって事ですよね。
それに・・じっちゃま、丸い(笑)


病院通いが続いているジジ。
毎日薬を飲んで、点滴に通い、
おしっこも適当にしちゃうし、ウンチも踏みふみしちゃったり、

もぉ~
って思う事、日々あると思います。

それでもかわいいと思ってくださる家族がいるって、本当に素敵なことですよね。
私とまどかさんは、そんな幸せのおすそわけをいただき、とっても素敵な時間を過ごしてきました。

じっちゃま。
またデートしようね

   ジジ
ジジ2
ジジ1

 じっちゃま、ずっと抱いてるとぶちぶち文句言います(笑)
 ちょっと下を歩かせてあげると納得するみたい
 なかなか世話のかかるじっちゃまですとことこ

でもって、毛がっふさふさですよ
   ふさふさだよ


ジジ♪

         20121005_190112.jpg

  じっちゃま。

  
  あれから、2年と4か月になろうとしています。

  元気な顔をみせてくれて嬉しい。


  でも・・ママはちょっと大変みたい。

  いろいろ具合の悪い事も多いもんね。



  それでもママはできる限りの事をしてあげたいといってくれてるよ。

  
  
  ジジ。

  終わりよければすべてよし


  今、みんなに愛されてるあなたに、この言葉、ぴったりだね

  
    20121005_190117.jpg


う~ん。
器用に体が曲がるね 20121005_191010.jpg


  わんこおやつもおいしかったね

  20121005_185908.jpg

幸せ便り~ビビ

あなたが家族となった当初、ママさんとしては、

ちっちゃくて、健康状態も心配なあなたにどう接していいのかわからず、

腫れものに触るようにおろおろしていたそうです。


でも・・・

今の悩みはビビの丸みだそうで(笑)


なんだか感慨深いです。

今でこそ、毛がふさふさの、本当にかわいくきれいなコになっていますが、

当時のビビはところどころにハゲやかさぶたがいっぱいありました。


愛情とケア、どちらもいっぱい必要だということ、保護わんこさん達は、身を持って教えてくれます。

辛いこともあったかもしれないけど、今が幸せなら、きっと忘れてくれる。


ビビ、よかったね。

あなたの幸せな顔が見れて私も嬉しい


なんか別犬みたいです  20120113210517.jpg


じっちゃま、健在♪


いつ見てもかわいいのだ

どうしてこんなにかわいいんだろうね

      DSC_0489.jpg

              DSC_0498.jpg

ランの帰り道なんだって。
じっちゃまにランは関係なさそうだけど、若いお子ちゃまたちの見張りかな

        DSC_0482.jpg

もう寝ちゃうんだもんねー

・・・・・じっちゃま、おやすみ

DSC_0505.jpg

幸せおすそわけ

ビビ

ちょっとカットしてもらってスッキリしました

20110520164500000001.jpg


久し振りにイブママさん宅で、ジジに会ったようですが・・
ジジとは


20110520101900030001.jpg


ビビは相変わらずマイペースで、イブママさんちの3トイプーさんとも仲良くできたようです。

20110520102500000001.jpg


ジジ、ビビ・・

この子達の笑顔、私は大好きです

いつまでもこの笑顔を見せて下さい。


ジジトビビのバナーができました☆

さくらぎみすずさんが、ジジとビビのバナーを作ってくれました

  ジジ ジジバナー


ジジのリンク先は、まどかさん

  http://ameblo.jp/ginnojo/

  ビビ  ビビバナー


ビビのリンク先は、ともnet でお願いします。

  http://tomonet3.blog68.fc2.com/


ジジもビビも高齢です。
10歳以上は間違いないと思われます。

でも、でも、この世に生を受けた時から、この世でただ1匹のわんこです。

ジジにもビビにも、かわいいところがいっぱいあります。

どうか、そのかわいさをわかってやってください。

残り少ないかもしれない彼らの犬生、今までの不幸を吹き飛ばすくらい幸せにしてやってください。


プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク