被ばく線量、引き上げ検討

被ばく線量、引き上げ検討=原発緊急事態対応で―作業員意思確認も議論・規制委
時事通信 7月30日(水)12時8分配信

 原子力規制委員会は30日、原発で重大事故などの緊急事態が発生した際に、作業員らの被ばく線量上限値に関して現行の100ミリシーベルトから引き上げる必要があるか検討を始めることを決めた。田中俊一委員長が同日開かれた定例会合で提案し、了承された。

 東京電力福島第1原発事故では、作業員らの線量上限値が100ミリシーベルトのままでは対応できないとして、急きょ250ミリシーベルトまで引き上げられた。田中委員長は「国際的には500ミリシーベルトということもあり、検討してはどうかと思う」と述べた。

 国際原子力機関(IAEA)は「救命活動」や「壊滅的状況への発展を防止するための活動」に関して被ばく線量を500ミリシーベルト未満とする推奨値を示している。また、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告は、救命活動に関して線量制限を設けていない。

 被ばく線量は100ミリシーベルトでがんを発症して死亡する確率が0.5%上昇し、線量が多いほどリスクが高まるとされている。

 田中委員長はまた、「被ばくする作業員の意思を確認する方法などを検討しておく必要がある」と述べた。今後、規制委で海外の事例などを参考に議論し、上限値を引き上げる場合は放射線審議会に諮問する。 



以下はこの記事に対するコメントより、抜粋しました。

●『原子力規制委員会』の方々が……実際に『浴びて』、判断すればイイのでは?

●人の命より、金の国。

●オリンピックには、大金を注ぎ込んでも、作業員は殺す鬼・畜安○。
幾ら被爆線量をあげても人体が許容できる限界の線量は変わらない。

●誰かさんが以前かいわれ大根食べて安全宣言したように、
首相と大臣、原子力安全委員会の委員長が500mSv被曝して、安全性を確認したらいい。

●線量を上げて安全だと言い張るのなら、委員長と委員会の人達が作業員として仕事して下さい
机上の空論は、いけない

●東電の元役員と現役の役員、及び原子力規制委員会のメンバーで、実際に放射能を浴びて検証をしなさい

                         etc

辛辣な言葉が並びますが、これが国民の声 だと思うのですが、なぜこれが届かないのでしょう。

届かないのではなく、見ないふり、聞かないふりをしているとしか思えません。

「あの日」以降、 「ただちに健康に影響はない」

そう、ただちには影響はないかもしれない。でも、それが1週間とか1か月とかの単位でなくて、年単位だとしたら?
これから影響が出てくる人たち、いえ、もう出ている人たちがいるかもしれない。

当時の原発作業員の皆さんは、今も元気でいるのでしょうか。
健康を害している人、いませんか。
そういう情報は全くといっていいほどありませんよね?
政府は自分たちの都合しか考えていない、と思わざるをえません。

何の根拠もない500ミリシーベルト
これは、住んでいる人たち、働いている作業員たちを安心させる為の言葉でしかないと思います。
でも、何も実証されていないのに、なぜに500ミリシーベルトが安全だと言い切れるのでしょう。


多くの人たちの意見と同じ、私もこう思います。

原子力規制委員会の皆さん、東電の元を含む幹部の方、政府の方たち。
ぜひ、現地へ赴いて、作業に参加してみてください。もちろん、1日2日で帰ってこないでくださいね。
そのあとの言葉ならば、もう少しまじめに聞けると思います。



そして・・オリンピック。大会としては私も好きです。
参加を拒む理由はありません。
でも、今、この時期に日本でやらなくても、と思います。
その為に使われるお金、人材、時間・・ もっと使わなくてはいけない所がありませんか。
同じ税金を使うんです。選べるのなら、「原発後処理」に使って欲しい、と私は思います。




スポンサーサイト

ビックリ。

昨日、東京電力、中部電力、北陸電力、九州電力で株主総会が行われました。

そして、本日株主総会が行われた関西電力、そして、震災の影響などで、すべての原子力発電所が運転を停止している東北電力でも、

一部の株主が出した原発の廃止を求める提案は反対多数で否決されました。


その前に、

株式会社は、社長のものではなく、社員のものでもなく、株主のものだという事、私は会社勤めをするようになってから知りました。

となると、株主の意見は絶対なのでしょうね?


簡単にまとめてあったのを紹介します。

東京電力・関西電力・東北電力も一緒の結論です。



株主紛糾、脱原発か再開か 中部、九州、北陸電力総会
フジサンケイ ビジネスアイ 6月29日(水)8時15分配信


 28日開催された中部、九州、北陸の電力3社の株主総会でも、原子力発電政策をめぐって激しい質疑が繰り返された。各社とも原発の必要性をアピールし、定期検査などで停止している原発の再稼働への意欲を改めて示した。

 名古屋市内で開かれた中部電の株主総会には過去最多の2688人が出席。脱原発を訴える株主と、再稼働を求める株主の意見が交錯した。


 中部電は、首相の要請により浜岡原発(静岡県御前崎市)を全面停止したことで、代替発電となる火力の燃料費が増加し、2012年3月期決算は初の営業赤字に転落することが濃厚となっている。株主からは「安定株で配当が楽しみだったのに。将来はどうなるか」など業績への影響を懸念する声が噴出。水野明久社長は「経営効率化などで配当水準を維持する。早期の運転再開に全力をあげる」と述べ、浜岡停止の判断に理解を求めた。

 また、法的根拠がない首相の要請を受け入れ業績が悪化することに関し、国が補償しないことを疑問視する意見なども出た。

 福岡市内で開かれた九州電力の株主総会は、「さよなら原発」と書かれた横断幕やのぼりを手に、約600人が“人間の鎖”で会場のホテルを取り囲むなど物々しい雰囲気に包まれた。

 定期検査で再稼働のめどが立たない全国の原発の中で唯一、地元町長が再開を容認を表明している玄海原発(佐賀県玄海町)に関しては、真部利応(まなべとしお)社長が「原発は地球温暖化防止の観点などから重要性は変わらない」と再稼働に理解を求めた。

 富山市内の本店で開いた北陸電力の株主総会でも志賀原発(石川県志賀町)の再稼働をめぐって質疑が集中した。株主からは運転再開を不安視する声がある一方、「今の生活を維持するには、原発をなくすわけにはいかない」という意見も出た。


以上。



東京電力では、

株主提案は、定款を変更して古い原発から停止・廃炉とし、新増設をしないよう求めていた。賛成比率は全体の約8%で、昨年の総会で出された脱原発の株主提案への賛成(約5%)を上回り、個人株主を中心に脱原発に理解を示す動きが広がっていることをうかがわせた。株主提案への反対は約89%、棄権や無効が約3%で、企業などの大株主の大半は反対に回ったとみられる。

と、東京新聞には載ってました。


以下、中部電力のHPからピックアップしてきました。

水野社長から

「今後、防波壁の設置など、津波へのさらなる対策を速やかに実施し、早期の運転再開を目指します」

「平成22年度における発電単価は、水力が5円41銭、火力が9円7銭、原子力が8円90銭です」

「浜岡原発停止の影響額は1日7億円程度。年間2500億円は、すべてLNG火力で代替したことを前提としています」



原発の反対派意見もいろいろ出ていましたが、その中で本当に考えなければいけないのは

最終処分場がない高レベル放射性廃棄物の排出の禁止を求めます。使用済み核燃料の行方を皆さん、ご存じでしょうか。行き場がないのです。そんな状況で原発を続けるのですか。青森県六ケ所村の再処理工場は今年10月、再試験ができるかが分からないのです。」

そう、今の日本では廃炉のあと始末ができないんです。

この現状をどう踏まえますか。



確かに、とりあえずの電力の代替えを、火力に求めるとしたら、費用も高くなる、

そして、二酸化炭素の排出量もかなり増えます。

問題はあります。

でも、とりあえず、火力に頼りながら、自然エネルギーへの移行も考えていけるはずです。

今、この時にも踏んぎれない事を、平和ボケした日本ができるとも思えません。

今だからできること。決断してほしいと思います。



あんなに福島の人達が苦しんでるのに、やっぱり人事?

放射能の影響がどれだけ大きいか、離れているからわからない?

それよりも、配当金とか利害関係とか?

福島原発は、まだまだ収束できないでしょう。

それも1年、2年単位ではないはずです。

あれだけ、国民を苦しめるものが、まだ存在してもいいと?

わかりません、さっぱりわかりません。

一般国民の意見もこんなものですか?

もちろん、会社の意見もそうですが。

利害関係の全くない私だから、単純に 反対 と言えるのかしら?


それにしても、びっくりなのは、

中部電力役員の賞与(辞めた人も含む)が16人で9,100万円って

やっぱり世間の人とは並はずれてますね。

人の為というより、お金の為に動く人達とは思いたくありませんが・・

今回の結果、福島の人たちはどうとらえるのでしょう。

一般国民の意見が聞いてみたいです。





プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク