☆今日のレモンちゃん☆

レモンちゃんに会ってきました
レモンちゃん、食欲もあり、とても元気にしています。
お昼は、病院横の運動場で(畳にしたら3畳くらいの所ですけど)しばし運動させてもらったようです。
目をひっかかないように、長めのカラーをしてるので、不自由そうに見えますが、しっかりと歩いています。
もっぱら先生のあとをついて
私に気がつくと、よって来てぺたっとくっつきます。
やっぱり人恋しいようです。
とても人懐っこいいい子です。
ちなみに、運動場にいたときも、ケージ内でも、まだ一声も発した事がないそうです。
私は昨日、一声だけ聞きましたけど。
そしたら、周りのボラさんが「あ、ないた!」って。
よほど珍しい事らしいです
額がかなり赤くて痒そうだったのですが、その赤みも随分とれていました。
皮膚病もどんどん良くなると思います。
フサフサの毛も夢じゃないですね

そうそう、先生が「いい子ですよ。ケージにも自分から入ります。」
とか言って、レモンちゃんを誘導していったのですが・・
レモンちゃん、ちょっと抵抗
レモンちゃん、外の楽しさがわかったのかしら?

毎日病院に行っては、邪魔になるでしょうから、毎日ご報告、という訳にはいかないと思いますが、またレモンちゃん情報お知らせします。
楽しみにしていてください


今日のレモンちゃん

今日のレモンちゃん

スポンサーサイト

キャバリア・レモンちゃん

最初にちょっとだけ言わせてくださいね。
今回の浜松の件
皆様から「頭が下がります」というお言葉をたくさん頂きましたが、
これはできればやめていただきたいのです。
私は、何に関しても
「できる時に、できる事を、できる人がすればいい」と思っています。
「何かボラ的な事をする」のは、私の中では、もしかしたら自己満足の世界なのかとも思います。
では、なぜブログに書くのか。
これを読んで、私の目からみた事実を知ってもらえればいい。
そして、何かを考えるきっかけになったらいい。
私が書く事に共感してくださる方もいるだろうし、そうでない方もいるでしょう。
「十人十色」と言います。
10人いれば、10の意見があって当たり前。
それでも、他の人の意見を聞く事で、
「そういう考え方もあるんだ」と思えたら、又自分の見解が広がりませんか?
それでいいんじゃないかな?

確かに疲れます。
幾らそう遠くではないとはいえ、貴重なお休みを使います。
当然、うちのこともいい加減だし、若くない身体も疲れます^^;
でも、それがイヤなら行かなければいいのです。
自分が行きたいから行きます。これって自己満足以外に何モノでもないと私は思っています。
自分が納得したいのです。
そして、現状を知りたい方がいるかもしれないので、ブログに書きます。
それだけですので、無用なお気遣いは不要です。
宜しくお願いいたしますm(__)m



さて、ちょっとがとても長くなってしまいました。ごめんなさい。
まず、チッチちゃんの事ですが、
昨日浜松に行ったのは、実はチッチちゃんのお迎えも兼ねてです。
先週、チッチちゃんに会って、迷ったのは事実です。
これは私だけの手には負えない、と。
獣医師さんに相談する必要もありました。
ラリカンのスタッフさんとも連絡を取りあい、お迎え方々、日曜にお手伝いに、となっていました。
ただ、私ができるのは、あくまで「預かり」です。
その辺のお話もさせてもらっていたので、里親さんが現れたのは、嬉しい誤算でした。チッチちゃん、正直無理だと思っていました。
チッチちゃんの今後は、連絡があったら教えていただく事になっています。
浜松にいる二匹のチッチちゃん。
私にとって、浜松は縁が切れそうにありません。

チッチの話を聞いたあとに、「良かったら訳ありで、昨日一度里子に出たんだけど、戻ってきたキャバリアがいるから・・」との事。
実はこのレモンちゃん、
土曜に里子にいったのですが、里親さんが獣医さんに連れていったら、血液検査もしないうちに、
「この子は血がドロドロだから、診るのも無理」というような事を言われ、戻ってきたのだそうです。
見ただけでわかるのは、皮膚病くらいじゃないの?
なんかとても不満なのですが、とりあえず夕方まで残っていたら考えることにしました。
実はもう1匹パピヨンも残っていたので、とても気になっていたのです。
2匹は無理よね・・おまけにパピヨン特有でテンションが高め。
パピがどうなんだろう???
と思っていたら、パピヨンちゃん、本当にステキなご縁に恵まれ、貰われていきました。
昨日も書いたように、先住犬、おばあちゃんも含むご家族でいらしてて、とてもいい感じの方達でした。
ひたすらお願いしてしまいました!
クリスちゃんも幸せになるね。

もう1匹、先週から気になっていたコーギーちゃん。
コーギーなの?と思うくらい小さめでシャープな顔立ちをしていました。
が、片目がつぶれています。
このコーギーちゃんは、擁護学校の先生が、生徒さんを連れてみえて、全員一致で「この子が一番かわいい!」という事で決まったそうです。
不自由な身体の彼らに訴えるものを持っていたのかもしれませんが、純粋な彼らの心に、そして先生に感謝です。
とてもかわいがってもらえる事でしょう。

まだ柴・コーギー・ラブ・ビーグルと残っていましたが、我家事情で小型しか無理です。
キャバリアもちょっと大きいのですが、痩せてるし、毛がないからいいか?みたいな訳わからない理由付け。
結局ご縁のなかったこのレモンちゃんと一緒に帰ってきました。
あらかじめお願いしてあったので、即獣医さんに。
その結果
血液検査では、腎臓も肝臓も特に異常ナシ。
しいていえば、ちょっと貧血気味。栄養不良によるものでしょうね。
フィラリア陰性。
心臓に雑音があるものの、心電図の結果はさほどひどくないようなので、様子をみて、呼吸が荒いとかそういう症状があればお薬を飲みます。
左後ろ足が「膝蓋骨脱臼」
ただ、ちょっとの散歩は歩きますから、日常生活には差し障りないようです。
これも様子見です。
目がドライアイなので、目薬は必要になります。
それと、日曜の朝、ケージにぶつけて傷を作ってしまいましたが、これは薬で治る程度のもののようです。
歯はダメ。奥歯が完全に歯槽膿漏なので、できれば歯石除去がしたいところです。
心臓と相談しながら、グリニーズをあげて様子をみます。
皮膚はところどころやられています。
疥癬の可能性も高いので、とりあえず、考えられるだけの虫駆除をしていただきます。
そのためにしばらく入院となりました。
今日はご飯も食べて、元気にしているそうです。
昨日の段階で、とりあえず人には喜んで尻尾もふりますが、
まだ感情が豊かではないような気がしました。
・・でも、キャバリアって初めてなので、こんな感じなのでしょうか??
パピに慣れすぎてしまったからそう思うのでしょうか?

レモンちゃん、この9月15日で8歳になる女の子です。
チィちゃんとは一緒に8歳のお誕生日をお祝いできませんでしたが、レモンちゃんとはできそうです。
落着きましたら、里親募集をしたいと思います。
その時は、皆さん宜しくお願いいたしますm(__)m

写真がこれしかなくて申しわけないです・・
帰ってきたら写真を撮って・・と思っていたら、なんと名古屋は土砂降りの雨でした^^;
毛はカットしてしまってあるので、短毛です。

レモンちゃん

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク