頭がくちゃくちゃです・・

なんだか最近、頭を使う事が多いせいか
(どんな生活してるんだ、ですね)ちょっとお疲れ気味です。

明日は父の一周忌をします。
1年って早い・・かな・・
誰がいなくなっても、同じ時間が過ぎていく、というのを実感しています。
脱力感を感じているのはこのせいかもしれません。


来週から譲渡会が始まります。

申し訳ありませんが、詳しくはともnet の方でご覧くださいませ。


我が家の預かりっこの風も、参加する予定です。
私の仕事の都合で、

3日春日井は一日参加

7日一宮は午後からの参加
となります。

風に会ってみたい方はぜひ来てくださいね。

    IMG_3545.jpg



この時期、仕事の休みを取るのは不可能、どころか、お休みも仕事をする事になると思います。
ブログの更新があまりできないように思います。
預かり日記の方だけは、極力更新していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

コメントのお返事も今少しお待ちくださいませ。
ちょっとした事ができません・・


とりあえず、譲渡会用に手がけたマットを作らなければ、と思っています。

使用済切手は、5月半ばをめどにいただけたらと思います。
今回は少し早めに送ろうと、私の方も準備を始めています。


そして、集めていた署名(避難所と仮設住宅に、ペット可能の場所を作って下さいというもの)は、
昨日まで頑張って集め、本日、集中局に持ち込み送ってきました。(本日の消印までが有効という事なので、心配でした)
チィちゃんママが浜松でも頑張って集めてくれて、いっぱいになりました。
160円貼れば大丈夫かな?と適当に貼ってもっていったら足りませんでした。
嬉しい誤算ですね。
ご協力いただいた方、本当にありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。


     IMG_3581.jpg



スポンサーサイト

浜岡原子力発電所

難しい事を書くのはやめます。

ごく簡単に。
信じられないんですけど。

もうご存知の方が多いかと思いますが、
静岡県御前崎市にある浜岡原発で、
3号機が去年の11月から定期検査に入っていて、今年4月に再稼働の予定でした。
今回の福島原発で大事故が発生したために、稼働を見合わせていましたが、この7月にも稼働させたいそうな。

え?
今、福島で起こっている事は、何?
確かに想定外だったかもしれないけど、その想定外の事で、
本当にたくさんの人達が苦しんでいます。
いつ終息するのか見当もつきません。
東電だって苦しい思いをしています。


同じ事をまたやろうと?
私にはあり得ない事と思いますが、皆さんはどう思われますか?

原発、今すぐになくす事が無理でも、いずれなくす方向で考えて欲しいと思う私の考えは甘いのでしょうか。


海江田万里経済産業相の指示を受けて中電は、高さ15メートル以上の防波壁の設置や非常用発電機
の屋上への設置など、総額300億円の緊急津波対策もまとめている。原子力安全・保安院は近く、
対策の妥当性を評価する予定だ。

中電によると、3号機を稼働せずに電力を火力発電で補った場合、1カ月当たり30億円の損失が
発生する。今回、7月までの再稼働を前提に12年3月期の業績見通しをたてたのは「再稼働を
前提にしないと、逆に地元から断念したと思われ、説得がさらに難しくなる」(中電幹部)からだ。
一方、中電は原発を不安視する地元が同意するまで3号機を稼働させない方針も同時に打ち出している。
静岡県の川勝平太知事は25日の会見で「対策が万全とは、現時点では言い難い」と語るなど3号機
の再稼働については否定的で、今後の交渉は難航も予想される。



どこかで見ましたが、3号機で補てんしているのは、消費電力の3、8%?くらいの割合だったと思います。
素朴な疑問ですが、それくらいの電力を抑える事は無理なのでしょうか?

今、街中では夜間の照明をかなり落としています。
それでどれだけ節電できてるのでしょう。
おバカな頭ではそれくらい何とかなると思うのですが。
単純に考えて、みなさん、マジで節電しましょう。ちょっとでもいいから意識して電気を使いましょう。
間違っても、これ以上、稼働台数を増やしてはいけないと思います。

中電にメール送らなきゃ。
反対する人がここにもいるという事、示したいと思います。



なんだか、自分のブログじゃないみたいになってますね(^_^;)

わんこ話題しか出てこないブログのハズだったんですけど。

知識なくして、思いのまま書いてるところが、自分でもコワイんですけど、

でも、今のこの日本の現状をしっかり把握しておきたくて書いています。





最近多い独り言です

被災地の為に

被災に遭った人達の為に

何ができるのか、何をしなければいけないのか


霞が関で、椅子に座って議論するのではなく

実際に現地に行って、現状を見て、被災した人たちの話を聞いたらいいのではないですか

そうしたら、おのずと見えてきませんか



警戒区域に残された動物たち

それを殺処分するというのなら、自分たちの手でやったらどうですか



霞が関でぶつぶつ言ってないで、

実際に動いて下さい

現場を見て下さい

自分の手で何かをして下さい



議員さんは、寄付はできないと聞きましたが、

自費で現地へ行くのは禁止されていませんよね?

現地で手伝うのは禁止ですか?


何もしない人たちに決めて欲しくない

最近、つくづくそう思います


警戒区域に残された子達の処分が決まってから、報道番組に牛や豚がよく登場します

涙なしでは見られません

あなたたちは涙した事がありますか


・・頑張ってくれている人たちもいると信じたいですが、
上の人ほど、文句ばかり言ってる気がするのは、私だけでしょうか?




ひどいですね・・

少し古い記事ですが

産経新聞
2011/3/30

東京電力福島第1原子力発電所の放射能漏れで、一次避難した原発周辺の住民が、貴重品や身の回り品を取るために、20キロ圏内の避難指示エリアに戻るケースが急増している。
 このため、福島県の佐藤雄平知事は30日午前、県災害対策本部会議で、「地震から20日。被害者は着のみ着のままで不安だが危険な行動だ。このままでは大変なことになる」と発言。国側に同地域の立ち入りを規制する「警戒区域」の指定と、安全に立ち入れるように、エリア内のモニタリングを急ぐよう強く求めた。
記事本文の続き 警戒区域は、災害対策基本法の措置で、関係者以外で立ち入ろうとする人を強制力で排除できる。首相指示で市町村長が発令する。
 県によると、避難指示に強制力がないため、戻ろうとする人を警察官などが見つけても、注意しかできないのが実情だという。
 こうした人たちが再び避難所に戻ることで、他の避難者に二次汚染への不安も高まり、県への相談や苦情が殺到しているという。
 経済産業省原子力安全・保安院は「早急に検討したい。モニタリングの実施地点や回数も増やしたい」としている。



その後、こんなニュースが報道されました。

 枝野幸男官房長官は21日午前の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所から半径20キロ圏内の避難指示区域を、22日午前0時から、法的に立ち入り禁止にできる警戒区域に指定すると発表した。


あと、何時間もないうちに、立ち入り禁止?
何日かの猶予もなしですか?


警戒区域の家畜殺処分 福島県、所有者同意で実施へ

産経新聞 4月25日(月)7時56分配信
 福島県は24日、東京電力福島第1原子力発電所周辺で立ち入り禁止となった警戒区域内で、避難時に畜舎に残したり、放牧したままになっている牛や馬などの家畜について、所有者の同意を経て殺処分する緊急対応をとることを決めた。25日から5月末まで順次実施する。

 県の昨年10月時点でのまとめでは警戒区域内には牛4千頭(297戸)、豚3万頭(9戸)、鶏63万羽(25戸)、馬100頭(45戸)が飼育されている。

 原発事故から時間がたつにつれて市街地などで徘徊(はいかい)する家畜が確認されている。また“野生化”した家畜が民家などを荒らす恐れが指摘されており、畜舎内で死んだ家畜が放置されたまま衛生上の問題が発生する恐れもあるという。

 県家畜保健衛生所や畜産団体の獣医師らが福島県警の協力を得て対象9市町村のうち放射線量が高い大熊、双葉、浪江町などを除き、各市町村に1日4時間程度、防護服で立ち入る。

 放牧家畜のうち健康なものは畜舎に戻す考えだが、瀕死(ひんし)の状態や放置されたままの家畜は耳の個体識別用の「耳標」などで所有者を確認。所有者が同意した場合に限り殺処分する。死んだ家畜には消石灰をまき、ブルーシートをかぶせて害虫発生を抑える。

 福島県の畜産家の間からは家畜を警戒区域の外部に出し、保護する「圏外移送」の要望が強く出されていた。しかし、国からの具体的な回答はなく「国の方針が決まらず難しい」(同県)と「圏外移送」を断念。強制的な殺処分を定めた家畜伝染病予防法で原子力災害を対象として定めていないため、所有者の同意を前提に殺処分する苦渋の選択に踏み切った。




苦渋の選択?
苦渋の選択を迫られたのは所有者ですよね。

政府が苦渋の選択をしたとは思えません。
先日も書いたとおり、1カ月半近く放置したあげく 今さら 苦渋の選択と言われても。

餓死した子、弱った子がほとんどに決まってるじゃないですか!


室内に閉じ込めてあるだけのエサをばらまいたところで、何日生きられたでしょう。
食べ物の取り合いのけんかがあったとしても不思議じゃないし、
もしかしたら、弱肉強食の世界だってあったかもしれない。

かわいそうだからと、リードを離したからといって、エサの取りあいのケンカもあっただろうし、
未去勢の♂同士なら、縄張り争いもあるかもしれない。
エサも不十分だったでしょう。

望まれない命が生まれるんじゃないか、
たとえ生まれたとしても、弱いもの、育つとは限らないし、
もしかしたら・・本当に悲しいことだけど、誰かのエサになってしまわないとも限らない。


そんな事が、この日本で現実に起きているなんて、あり得ないでしょう?

考えなければいけないこと、しなければいけなこと、それは山ほどあるでしょう。

でも、でも、遅すぎませんか。

こんなに時間がたってからなんて、
死んでるから、弱っているから処分していいでしょう、と言ってる気がします。
意地悪く考えれば、その時を待っていた、みたいな。


牛や馬、鶏などは、その家族の生活を支えてきたでしょう。

犬や猫は、その家族の癒しだったでしょう。

そういう命を見殺しにしたんですよ。

悔しい。悲しい。

あまりにも遅すぎる。

それも救済かと思いきや、

殺す 
ということに、所有者の同意を求めるなんて。


警戒地区への立ち入りに罰金なんて。



ひとつ聞いてみたいです。


現地では、まだ放浪している子たちがたくさんいると聞きます。

その子たちは、痩せていても、ちょっと弱っていたとしても、生きています。

間違いなく、その子たちは保護して治療してくれるんですよね?

そのまま放置ということはしないですよね?

身捨てた上に、殺処分なんて、

もうこれ以上、彼らに悲しい思いをさせないでください。



もうひとつ、古い記事ですが


被災ペットの保護を支援 環境省、施設整備に補助

2011.3.31 22:49
 環境省は31日、東日本大震災で被災したペットを動物愛護センターなどで保護している自治体が仮設プレハブなどの一時保護施設などを整備する際、費用の半額を財政支援することを決めた。
 被災自治体は、飼い主とはぐれたり避難先の施設に同伴できなかったペットを愛護センターや保健所などで受け入れているが、「数が増えすぎて収容しきれない」との声が上がっていた。
 助成先は、同省が4月以降に自治体側の希望を募って決める。避難所の周辺にもペットの居場所をつくるためテント24張りと動物用ケージ1777個を購入、希望自治体に配布する予定だ。
 同省は「被災者の心の支えにもなるペットの受け入れをできる限り支援したい」としている



これって、機能したのでしょうか?

保健所や愛護センターがもっと収容施設を作ってくれれば、
愛護団体や個人ボラが寄付を募ってあちこちに施設を作ったり、場所を借りたりしなくて済んだのではないですか。

いえ、
ちょっと言わせてもらえば、被災地はどこも大変なのはわかっていることです。
自治体が作る時に、ではなく、環境省が積極的に作ってあげれば、こんなに混乱はしなかったのではないですか。

飼い主も安心して預けることができたのではないですか。
どれもこれも、なんだかなーーーーーなんですけど。


今、あちこちで、
避難場所や仮設住宅で動物と一緒にられるスペースを作って下さい。 という署名が集められていますが、

災害時などは ペットを連れて避難して下さい

というのが当たり前の世の中になって欲しいと願います。

家畜に関しても、人々の生きる支えになってくれたのだし、これからもそうです。
また地域も支えてきたでしょう。
個人レベルではなく、地域単位の見直しも必要になってくると思います。

でも・・・やっぱり・・

原発がなければこんな事はなかったと思うと、原発の見直しが第一ではありませんか。
どんなに安全対策が施されていたとしても、危険なものには違いありません。

今の私たちにできる事。

使用電気の見直し。
細目に電気は消しましょう。
使っていない電気はコンセントから抜きましょう。
ちょっとの暑さ・寒さ、 厚着をしたり薄着になったりで、着るもので対策しましょう。

こんな事では、ほんの少ししか節電できないかもしれない。
でも、みんなでやったらたくさんになります。

少し我慢してみませんか。協力してみませんか。
いつか原発に頼らずに済むように・・・


原発のこと

ずっと書きたかったけど、書けなかったこと

書けないのは、ご承知の如く、知識がなさすぎるからなんですが。

放射能の事

目に見えないだけに達の悪い相手かと思います。

前に、風評被害に惑わされないように、と書きました。

でも、私には、シーベルトの事がよくわかっていません。
一日●●シーベルトまでは大丈夫。

まず、この基準値がよくわかりません。
いつだったか、政府はこの基準値をあげましたよね。
今の基準値が絶対に大丈夫、なんて誰が保証してくれるのでしょう。
そして、目に見えない相手なのに、どうやって一日分を換算できるのでしょう。

外部被曝、内部被曝、
どうやって計算?
素人には難しすぎます。


だったら!
危険地区の人達はすぐにでも避難させてあげてください。

でも、その前に、自分の家に一度帰してあげて、納得のいくようにしてあげてください。
避難した人達の多くは、すぐにまた帰れる、と思ったハズです。

どうしても欲しいものもあるでしょう。
もう遅いかもしれませんが・・ペットを残してきた人たちもいると思います。


そう書きながらも、
たとえば、今回の地震とか津浪とか・・

すごくすごく悲しい事だけど、天災なのだから・・
と割り切り、前を向いて歩いていく事は、まだ可能なのかもしれない。

でも、原発問題はやっぱりそうじゃないと思う。
家はあるのに帰れない。
帰ってはいけない。

全く関係のない私でさえも、変だろう、と思うのです。

なぜにこんな事になってしまったのでしょう。



申し訳ないと思います。
現地に残って、瓦礫などの処理をして下さっている方たち。
危険な原発の中に残って、作業してくれている方たち。

でも、今、彼らがいなかったらどうしようもないの事実です。

お願いします。一日も早い収束を願っています。


私なんかは、前にも書いたとおり、原子力に関して、サッパリな人なので、
今は、単純に危険なもの、としか思わないのですが、
仕組みをきちんと理解できている人にとっては、決して危険なものではないのでしょう。
何かあっても、制御できるもの、だったに違いありません。


でも・・悲しいことに、すべてにおいて100%という事はなく、
想定外、という事もあるのです。
・・日本は地震大国と呼ばれているのですよ・・


今、日本には50基以上の原子炉があります。
今、建設中のものもあります。

停止しているものもありますが、まだまだ原子力の力に頼っているのも事実です。

すぐに無くす訳にはいかないし、
廃炉するのにも何十年とかかるのだそうです。
そして何百億の費用もかかるとか。
国は今後どうしていくつもりなんだろうか?


すべての被災者の方たちが納得のできる終わりはあるのだろうか?

原発。
やっぱり私にはコワイものです。


他に何かないのだろうか?
何より安全で地球にやさしいもの。

なんだか、
進化していくこと、
進歩していく、という事が、悲しく思えます。

もしかしたら・・
平和って、何もないところで、努力することかもしれませんね?


私のなが~いつぶやきです。
思いつくままに書いてしまいました。
間違いがあるかもしれません。
変なところがありましたら、ご指摘ください。


譲渡会のお知らせ★

☆☆☆  譲渡会のお知らせに変更があります。

終了しました 4月9日(土) 10~16時

岐阜県各務原市 ペット霊園 愛の森


飼い主探し隊さんの譲渡会に参加させていただきます
ともnetカー(ボスの車です)による参加の為、バザーや迷子リボン作りなどはありません
ワンコさんの数も少なめです

4月23日(土) 10~16時

鈴鹿ハウジングセンター


こちらの譲渡会は、アニマルサポートわんわんわん さんにお願いしました
バザー、迷子札作りもあります
ともnetのとは全く違いますが、かわいいものがあります
詳細はこちらのブログでお願いします

トックン、トックン・・・音が聞こえる・・・



5月3日(火) 10~16時

ナゴヤハウジングセンター 春日井会場


5月6日(金) 10~16時

ナゴヤハウジングセンター 豊田会場



5月7日(土) 10~16時

ナゴヤハウジングセンター 一宮会場



こちらはいつも通りのともnetの譲渡会です
おなじみの、バザー、ともnetオリジナル作品販売、迷子りぼん作りコーナーもあります

当初、3日と7日だけの予定でしたが、6日豊田が加わりました。

譲渡会が続きますので、
スタッフ・参加わんこさんの都合で、内容が若干変わる事もあります。
今のところ、豊田のバザーなどがスタッフの都合で縮小される可能性があります


in the dogさんのトレーナーのお話も聞けます
注意:しつけのお話は春日井のみ。)


参加わんこ&にゃんこは後日お知らせします




明日は鈴鹿です



ボスがピットブルミックス?のアイルを連れて参加です。
時間的には10~15時くらい。

アイルに会ってみたい方、アイルだけの参加なんでまずありえません(笑)
ぜひ、会いに行ってくださいね。

アイルは人は平気です。

でも、わんこさんは選びますので、わんこ連れの方は、急に近づかないでくださいね。


やっとですか?

産経新聞

警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討

2011.4.21 23:48
 福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域設定を受けて環境省は21日、取り残されている犬や猫などペットの連れ出しなどについて対応を検討していることを明らかにした。
 近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、順調に進むよう調整したい。命に関わることなので早めにやりたい」と話した。福島県によると、20キロ圏内にかかる9市町村で、狂犬病予防法に基づき登録されている飼い犬は約5千頭いるが、実際にどれくらい取り残されているかは不明という。
 環境省は、ペットを連れ出せた際の具体的な対応策を日本獣医師会や動物愛護団体などでつくる「緊急災害時動物救援本部」と協議。除染のほか、避難先で飼育できない住民のため、保護先の確保などについても検討を進めている。


以上、コピーです。



おまけに 検討 ですか?

いつ行動に移せますか?


どれだけの子達が、犠牲になったと思いますか。
犬や猫はもちろん、豚・牛・馬・・・

確かに、人間の命は大事です。
人間あっての彼らです。

でも、同時進行できませんか?
人とは別に動くことできませんか?
その為の機関を用意していただけませんか?
もしも、の時の準備をしておいてもらえませんか?


あの日から、もう1カ月と10日を過ぎました。
生きていて当たり前の日数でしょうか。


何にでも、想定外の出来事はあるものです。
100%絶対、なんてあり得ない。


甘いぞ、日本。


原発もそうですが、何にでも、プロフェッショナルはいます。
そういう人たちの力を早期に結集すること。
早期に動くこと。

特に、命に 待った はありませんから・・・


今なお、避難所にいる方たち。
避難所生活にも限界があるでしょう。

家、仕事、家族・・
何をとっても不安だらけに違いありません。

いつになったら収束を迎えることができるのでしょうか。





みんな元気です・・が。

毎日なぜにこんなに忙しいんだろうと思う中、

なんだかねー
認めたくないんですけどねー

年を重ねてきた体が、今まで以上に言うことを聞いてくれません。
疲れやすい、疲れがとれない。
その癖、のんびりできる性格してなくて。

最近はネットをしすぎているせいか、目の調子もすごく悪いです。
とても見難くなっています。

芸能人を見ていて、きれいにトシを重ねたいなんて思っていたけど、
私にはとても無理なようで、
今日も、疲れた体にムチ打って(笑)頑張るのです。


風サマはまだマーキングがなくならず、目を光らせています。
でもって、まだまだやる気マンマンに怒ることもありますが、

でもね、
本当にかわいいんです
まだまだ厄介な点もあって、もぉーって思うことはあっても、かわいさの方が勝ちます

  4.17風


動物って、ほんと、人の鏡ですよね。
自分が気づかない事を気づかせてくれます。

本当は、私がもっとゆったりとした態度で接してあげてれば、風ももっと変わっていたんじゃないかな。
パピを育てた反省点が生かされていないことに反省。
でも、時間がないのはホントだよ。だから許して。


春の譲渡会が近づいてきたので、ともnet作品もぼちぼち作り始めています。
まずは、マットから。
どんなのができるでしょうね。お楽しみに・・というより、楽しみ
(まだ未完成品です)

     作品途中


そんな間にも、情報収集、お付き合いも忘れてません
これが多すぎる・・・か・・・

カフェのお共ならいつでも カフェですね

ママはくれなくても、誰かがくれる ・・by papi


アレルギーのあるパピは春先~秋の終わりくらいまで涙が多いです。
拭いても拭いても涙のあと。
でも、ハゲるほどにはならなくて。
となると、風のがひどいのかな

 でも、パピは口周りがハゲます。
ハゲる場所が違うだけなのか・・


パピさん、ダメだろーの巻き


半月くらい前のアニマルドッグで、以前より心臓が若干変化していることがわかり、
心臓サポートの処方食なんて始めてみました。

ワタシったら・・何を勘違いしたのか・・
いえ、今さら勘違いで片付けるには、あまりにも恥ずかしいことなんですけど

フードを増やす分、野菜を減らしたんです。
お肉にお魚に、ちょっとの野菜とお豆腐とか・・

+ PHコントロールのフード少々と、心臓サポートと・・

ここまでは良かった。うん、考え方は良かったハズ


何を思ったのか、心臓サポートのフードをたくさんあげてしまったんデス

・・薬じゃないから・・

そう薬じゃないのに。
たくさん食べたからってよくなる訳じゃないのに。


結果、パピさんは、半月前に4、1キロで、ちょっと太ったから気をつけなきゃ、と思っていたのに、
今回の体重は4.3キロ

2週間前より200gも増やしてしまったんでありんす。
ありえない~

心臓にとって、太ることは厳禁なのに(涙)


でも・・ね・・
まだ太れることに安心したのも事実です。
きちんと消化して身につく事も平和なことです。

    ・・いいわけしてないで、ダイエットします。ハイ。


サメの骨を食べるパピ。サメの骨

   サメに骨1

あまりにも面白い顔をして食べるので、カメラを向けてたらお尻を向けられました

         お尻♪


お散歩の時は、平衡感覚を養うべくとっとっと

  頑張ってますが・・


     最後に訂正しておきます。

     ・・パピさん、ダメだろう じゃなくて

     ダメだろう、飼い主 デシタ

ビビ

実はビビがトライアル中でした

ビビは高齢だし、心臓もよくないだろうし・・
なんとか、家族を見つけてあげたいと思っていても、なかなか叶わぬ夢でした。

そんなビビがトライアル~

トライアル先は~

でもって、家族ができたんですよ~

なんて、どんどんテンションの上がる私

  くつろぐビビ
くつろぐビビ2


トライアル先は、なんと、ジジの里親様のご実家


ジジに会ったお母様。
ビビの話を聞いて、とっても気になりながらも、自宅ではたくさんの猫ちゃん達がいて。
この子たちとうまくやっていけるかが一番問題。

ビビの食糞話もきっとビックリだったと思うけど、

姿が見えなくなると、わんわんと吠えて探し、
一緒にいれば、安心して寝ている姿は、ホント、子供みたいって


ジジもビビも、人に甘えることを知りません。
最初の頃は、あまり寄ってくることもなく、それでも見えるところにいたいらしく、
私が移動すればついてくる、みたいな感じでしたが、
今は傍にいてほしいようです
かなり遅くなってしまったけど、家庭犬としての生活を始めたビビ。

   ビビ
びび♪



ずっと一緒だったジジとビビを離してしまうことに罪悪感を持ちながらも、
彼らが幸せになるためならそれも仕方ない、と言い聞かせてきた私。

でもね でもね

ジジとビビは毎日一緒じゃないけれど、苗字が一緒になりました。

すっごく嬉しいです


・・これって、きっとジジの策略

だって、ジジはビビが大好きでしたもん。
ビビの方がそっけなかったけど、ジジはいつもビビを追いかけていたし、
ビビの寝ているところにいっては、そっとお尻をつけては眠っていました。
ぺろぺろしてあげるのもジジばかり。


先に苗字がついて、幸せになったジジ。

絶対、お母さまに目で訴えたんだと思います。

ボクには、長く連れ添ったワイフがいるんです ってね



策略にはまってくださったお母様に感謝です。


ジジに会い、ビビを気にしてくれ、

ビビを、と言って下さって、本当にありがとうございます。


高齢だし、心臓も悪くなってるし、足の形も変だし、

でも、そんなビビを家族にと言って下さって、

本当に本当に嬉しく思います。


まだまだうまく甘えることができないビビだけど、お母様の後をついて歩いてるそうです。

抱っこして という日も近いかもしれません。


ビビ。ジジ。

いつかその命の灯が消える日まで、幸せを満喫してください。

    20110410153500010001.jpg  20110410153500000001.jpg



イブママさん がブログで、とっても素敵に紹介してくれました。
ぜひ見てくださいね



今思うこと



今年の桜は、開花が予定よりもすこし遅め、
第2週あたりが満開で、とてもきれいでした。
今年は風があまりなかったせいか、長く楽しめた気がします。

   4.14-4

       4.14の桜

            4.14-3

被災地でも桜が咲き始めたようで、

幹もえぐり取られたような傷を負いながらも、立派に花を咲かせ、
折れた枝にも花が咲き、

力強く生きる様子は、
随分、被災地の人達の力になってくれているようです。


時は刻々と過ぎていきます。

が、被災者の一人一人に納得のいく終わりはまだまだ見えません。

でも、やるしかない。頑張るしかない。
立ち止まったらそこで終わってしまうのだから。

ガンバレ!日本!


○総理がかなりたたかれていますが、今はそんな事をしている時ですか?
政治をろくに知らない私が言うのも何ですが、

今は、被災地・被災された人たちの為に、何をやるべきか、何ができるか、なのではないですか?

いい大人が、○おろしとかやってる場合ではありません。
政治は一人でできるものではないでしょう?
みんなが協力するものでしょう?
総理に力が足りないというのなら、回りの人の力を結集して頑張って下さい。

今はともかく、まとまる時。
こんな時に悪口言ってる場合じゃありません。
いい大人が、そして、国を代表しているであろう人達の情けないこと。


ああ・・書いてしまいました
新聞読んで、テレビを見ていて、あーバカらしいと思う単純な人なので、
無知な私の戯言です。聞き流してください。

書いた本人は、ちょっとスッキリしています。
このところ、私の無知さをかなり暴露していますが、それが私です、ということで


そうそう、以前に大根の花を載せましたが、今はこんなに立派に咲いています

     大根の花


飼い主探しのサイト

今日もお知らせしたい情報があります。
緊急災害時動物救済本部 よりお知らせです。


飼い主探しサイト(MSN)が立ち上がりました


http://eastjapaneq.jp.msn.com/petsearch



また、被災地の動物救援本部連絡先一覧が載っています。
各地区の獣医師会が被災地の動物救援本部となります。



実はその前に、書きたかったのですが、力尽きたてかけなかった情報があります。

まーくんでみたのですが、

実はこれ、随分前に 
文紅さん のところでみかけ、気になっていたものです。
でも、多分・・できるだろうと期待し(すみません、他力本願で
できあがりました。


Google Japanさんが迷子どうぶつ探しのアニマルファインダー提供開始しました


詳しくは http://googlejapan.blogspot.com/2011/04/blog-post_14.html 


早く家族が出会えますように・・

急募! ペット同室可避難所入居者募集

さきほど急いでアップした記事ですが、転載はしないでくださいとの注意書きに気づきましたので、取り消します。


情報はこちらでご覧ください

 
        


http://ameblo.jp/macha-daichi/day-20110415.html

やった!



岩手県が仮設住宅をペット連れ入居可にすると発表。基本的に室内飼育とする。(4月13日)




  緊急災害時動物救援本部よりの情報です。

 

石巻動物救護センター


http://tohoku-arc.com/ishinomaki/report.html

石巻市では、動物たちと一緒に避難できる同行避難が行われています!

という嬉しいお知らせです。


活動報告


石巻地区動物救護センターでは、石巻市・東松島市・女川町の3市町を拠点とし、活動しております。

【情報の一元化】

各避難所・地区を獣医師と共に訪問
目的-安否確認-今後のケアの充実を図る
 -迷い犬・猫や保護した動物などを迅速に対応
 -支援物資のコントロール

【救護・保護活動】

獣医師による診療

【シェルター】

・ 石巻市内に設置
・ 一時預かり可能 (例)仮設住宅に入居するまでの期間
・ 保護した動物の受け入れ

【ボランティア団体との連携】

・ 情報の一元化のため


各動物ボランティア個人・団体の方々へ


石巻市・東松島市・女川町の地区における動物たちの管理は、石巻地区動物救護センターで行っております。

私たちは、動物たちの情報の一元化を目指していますので、これらの地区で活動される場合(物資搬入や
動物保護など)は、石巻地区動物救護センターまで必ずご連絡をいただけるようお願いいたします。

ご連絡をいただけない場合、情報が交錯し、一元化を図れなくなりますので、ご協力の程お願いいたします。

また、動物ボランティアとして一括し、団体名は出さないことをご了承ください。

より多くの動物たちを助けられることを心から願っております。




以上、コピー文です。


一元化というのは、みんなの協力あってこそ。
大変だと思うけれど、ペットを探す人達にとってはこれほどありがたい事はありません。

ご飯をやりに、避難所と自宅を行き来している人達もいると聞きます。
家につないでおいたのに、ある日突然いなくなるなんて事、あってはいけません。
どうか一日も早く、一緒の屋根の下ですごせますように・・


「Save The Pets」東日本大震災Pets救済プロジェクトさんから

STP(セーブ・ザ・ペット)さんからのコピーです


【避難受入】千葉県柏市でペット可(小型犬、猫、小動物)の住宅の貸出 情報頂きました 
情報提供ありがとうございます。

千葉県柏市での避難者受入情報
ペット同伴での受入をしていただいています。
嬉しい限りです。ありがとうございます。

下記情報です。
--------------------------------------------------------

千葉県柏市でペット可(小型犬、猫、小動物)の住宅の貸出

(約60戸、6カ月、家賃・共益費無償、水道・光熱費入居者負担)を行うそうです。

■対象
東日本大震災により住宅を失われた被災者の方、
福島第一・第二原子力発電所事故に伴う避難者の方のうち、下記の方

●柏市内に避難している方
●千葉県内で被災された方
●柏市外に避難している方など

申込期間は平成23年4月15日(金曜日)~平成23年4月22日(金曜日)

問い合わせ先は、柏市役所柏市協働推進課;電話:04-7167-0941

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/400100/p008083.html

(申込用紙にペットの欄がないので欄外に記入してほしいそうです)

必要な方に情報をお届けしたいと思います。



岩手県宮古市で譲渡会を開催

地元の方から情報を頂きました。
開催に際して、お問合せ先はありませんが、近くにお越しの方は
是非、ご協力をお願い申し上げます。

■下記頂きました情報です。

宮古市で被災したワンちゃんの譲渡会の日程が決まりました
日時 4月17日(日) 午前11時より
場所  宮古地区合同庁舎 駐車場
岩手県宮古市五月町1-20 

譲渡会の主催は、宮古市保健所 019-364-2218です。



現地の動物病院が預りや保護をした犬の譲渡会です。
今回は猫はおりません 犬のみとなります
頭数は現在のところ13~14頭の予定です

今回の災害で飼い主さんを失ってしまったワンちゃんや
飼い主さんが被災してしまい
どうしても今後継続して飼う事ができなくなってしまった
ワンちゃんたちです
このワンちゃんたちを迎えたいと思われる方は
直接会場にいらしてください

ワンちゃんを迎えられましたら
名札やマイクロチップなどを装着し飼い主がわかるようにましょう
狂犬病予防接種やワクチン接種を受けましょう
病気やケガの防止に努め 責任を持って飼いましょう

古切手・書きそんじハガキ集めています

今日もいくつか書きたいと思います~
まず、最初に


使用済切手の他に、
書き損じハガキ、テレカ、JRなどの電鉄系プリカを受付けてます。


(プリカは現行どおり、地球の為のボランティアに充てます)

いつもは、使用済み切手、書き損じハガキは動物ボランティアに充てられますが、

今回は、特別処置として、使用済み切手の分を、震災の被災地の支援にあてたいと思いますがどうでしょうか?


というお問い合わせをいただいたので、賛成です と返事させてもらいました。

なので、今回はいつもと違う方法をとりますが、ご了承ください。
(書き損じハガキは、今までどおり動物ボランティアに充てられます)

使用済切手、会社に届いた郵便物のものをボチボチ準備ています。
もし、皆さんの手元に使用済切手がありましたら、量に関わらず、いただけたら大変ありがたいです。
今回は、使用済切手の送り先の都合で、少し早めに(5月20日くらい)送ろうと思っていますので、
よろしくお願いいたします。



今回の使用済切手の送り先はこちらとなります。
      

http://www.shaplaneer.org/news/2011/03/post-197.html


ハガキ、今回は、
車いすダックスの奈々ちゃん(現、葉七ちゃん)とミックス・みやこちゃんの預かりさんからた~くさんいただきました
それも・・すごい・・

写真つきやらイラストつきやら。
こんなのが出てたんですねぇー と、感心しながら写真をパチリ



書き損じハガキ、いつもはlitaさん のところに送りますが、今回はたくさんあるのと、
使用済切手が被災地支援の方へ回ると、動物関連の方が少なくなってしまうので、
一部、ミクさんの方にも送らせていただきます。


なお、書き損じハガキ、使用済みプリカに関しては従来どおり、

 書き損じハガキ→動物ボランティア
 使用済みプリカ→地球のためのボランティア 
へ送付する予定です。


 注 : メータースタンプ と使用済み図書カードは集めていません。


いただいたハガキ。ご覧ください
これでも全部ではありません

・・いつの時代のものかな ふる~いハガキ
       ハガキ2
   ハガキ1
            ハガキ3
        ハガキ

あれ?絵本と思ったら・・・ 切手入り絵本

中に入っていた切手です 絵本の中の切手



桜を満喫♪

6年前の我が家の預かりっ子のポメラニアン・チィ
浜松に嫁いでいますが、遊びに来てくれました

     チィ
         釣られないチィ


一緒に来てくれたのは、まどかさん ちの預かりっこさんだったトイプーのメイプル君
メイプルは去年の春に、浜松へ嫁ぎました(えオスだけど(笑))

      メイプル


この季節はやっぱり桜よね。とばかりに名古屋城へ
どこもかしこも満開のでと~ってもきれいでした。

パピとチィと
6年前にも一緒に桜を見にいったね
   パピとチィ チィとパピ


散り始めもきれい 桜の花びら1

パピ 桜の花びら



名古屋城では、おもてなし武将隊の皆さんが活躍中です。
午前雨だった為に、おもてなし演武が中止となり残念でした

写真はないけど、インタビューはありましたね。
マイクなしだから声も聞こえなかったけど

写真撮影中の、多分(笑)前田利家 記念撮影

織田信長はチラシ配り中
    織田信長

ステージには
小林勇輝さん、中島法晃さんの 言葉と書と絵で紡ぐアート・パフォーマンス展示

     書


     

     明けない夜はない

     日

     止まない雨はない




想いのこもった書でした。
描くところが見たかったです。



たくさん食べて、たくさん歩いて、たくさんおしゃべりして、とっても楽しい時間を過ごしました

    パピ真剣 
家族募集中のチャロ チャロ

おやつに釣られるワンコ達 おやつ
おやつ1
     おやつに釣られる4ワン

釣られないチィ チィ1


チィちゃん、メイプルクン。又会いましょうね。
今度は遊びに行くから待ってて

道行く人にとっても受けてた場面です

チィ・パピ・吟

           チャロ・メイプル・パピ


桜が満開の名古屋城

午前中は雨だったけど、午後にはすっかりあがり、こんな青空
桜はやっぱり青空が似合います。
・・写真がうまく撮れてなくてごめんなさい。

たくさんなので、追記からどうぞ。

   名古屋城2

続きを読む

原発の事

一時期のように新聞をにぎわす事がなくなったような気がしますが、
(それが逆に心配だったりします)
まだまだ予断を許さない原発。
農作物や水産物に広がる汚染は、従事者にとってはたまらないものだと思います。

正直なところ、私の頭ではどんなに頑張って考えても原発の理屈が理解できず、情けない話なのですが、

わかるのは、やっぱり何か非常事態があった時、そう、今回のような時には、想定外の出来事があり得るという事。
こんなに危険なものと隣り合わせで生活している人たちの心労は計り知れないものであるだろう事。


やっぱりないに越したことはありません。
だとすると、代替えになるものが必要です。
そして・・その前に、私たちが消費している電力についても見直す必要があると思います。

今、すべての原発がなくなったとしたら、それこそ計画停電あり、になってしまう可能性が高いでしょう。

どれだけ減らせるかわかりませんが、無駄を省いて少しでも消費量を減らす事。
個人でできる努力をしてみませんか?


今、夜の街はとても暗くなっています。
今まで普通についていた広告塔の電気が消えています。
暗いですけど、それでもさほどの不自由は感じません。

ただ、犯罪が増えないといいなと思います。
危惧したとおり、義援金詐欺で捕まっている人もいます。

心まで暗くならないよう、国民みんなの力で乗り切ろう・・そう願います。


地震もまだまだ大きなものが続いています。
被災地では、人々の心が休まる時がないと思います。

そんな人たちの為に何ができるのか、
あまりにも少ないことに気付きます。
でも、エールはいっぱい送ります。
みんなが応援しています。
みんなで頑張りましょう。









緊急災害時動物救援本部からの情報です

この何日か、ちょびちょび書いていました。
が・・文章を最後までまとめる頭がなく(ま。これはよくある事ですけど)
少しずつ書いては放置状態。
それを一気にまとめたいと思います!

たいしたことないですけど、話題はいろいろあります。

最初はこちらから。


緊急災害時動物救援本部からの情報です

一つ目は、被災者のための仮住まい支援サイトのご紹介です。

     
住まいりんぐ
 
当サイトの趣旨(太字はそのままコピーしたものです)
「住まいりんぐ」は、東日本大震災で被災された方の仮住まいを支援するためのサイトです。

被災者の仮住まいとして必要なのは約18万戸といわれていますが、仮設住居では約3万戸強しか補えず、残りの15万戸は確保することが急務となっています。公営住居でもこの膨大な住戸を確保することはできません。
一方、民間の賃貸住居は約300万戸余っており、一日も早い復興のためには民間の協力が必要になります。
そこで当サイトを立ち上げ、被災者のために一定期間無償で住居を提供していただけくよう広く家主様に協力を呼びかけることにいたしました。



無償期間3か月以上
10名以上入居可
家具家電付き
乳幼児受け入れ可
高齢者受け入れ可
ペット可

など、わかりやすくわかれています。

一日も早く、新しい第一歩を踏み出せますよう・・

こうやって書きながらも、故郷を離れることがどれだけ不安なことか、
特に高齢者の方はそうですよね。

名古屋市も市営住宅及び名古屋市住宅供給公社賃貸住宅を提供しています。
手続きは必要なので、ちょっと厄介かもしれませんが、
各自治体も、住居を含めて、いろいろ考えてくれていると思います。
新しい一歩を踏み出すお手伝いを、みんなで考えています。


もうひとつ。
以下、太字部分、コピーです。

仮設住宅にペットの受入を!

緊急災害時動物救援本部は、仮設住宅でのペットの受入を強く訴えています。
 大震災発生後、避難指示が出ている地域において、「ペットを残して避難できない」という理由から、飼い主が自宅に残ったり、毎日避難所から立ち入り禁止区域の自宅に給餌に戻っている、という報告が相次いでいます。
 また、ペットとともに避難できたものの、避難所では飼育が困難で、泣く泣くペットを手放すという苦渋の選択も出始めています。

 このような状況の中、仮設住宅でのペットの飼育を推進することは、飼い主の精神的なケアや、大きな生活支援となります。
 また、一時預かり家庭や新しい飼い主を探すことも限界があることから、ペットの放棄や行政での大量処分を未然に防ぐ、という動物愛護の観点からも、緊急災害時動物救援本部は、仮設住宅でのペットの受入を強く訴えています。

 ただし、仮設住宅の居住者には、動物が苦手な方、またアレルギーなどで一緒に生活できない方などが混在されることから、以下の方法での住み分けを行うことをご提案いたします。

1)居住区を「動物が苦手な方用」「嫌いではないけど飼育していない方用」「飼育している方用」の3つの区画に分ける

動物が苦手な方と動物の間に距離を設けます。

2)飼育に関するルールを作る

室内飼育やペットの飼育スペースを別に用意するなど、飼育に関してのルールを作ります。
また、飼い主同士で敷地内の清掃や近隣への迷惑防止などの自治をお願いします。
 仮設住宅ごとに飼育のルールを決める方法は、新潟中越大震災や新潟中越沖地震においても採用され、仮設住宅内での人と動物の住み分けがうまく行った、という前例もあります。

 被災地の自治体におかれましては、動物愛護の観点からのみではなく、飼い主の生活支援の観点からも、ぜひ仮設住宅でペットを受け入れていただきますよう、強くお願いいたします。




こちらでは署名とかそういうものは見当たりませんでしたが、きちんとしたルールの元、ペットと一緒に過ごせるのが飼い主さんにとってもいいはずです。


人間が先、と考えるのは、あとあと問題を起こしかねないと思います。

素人ながらに、
避難する為の乗り物とか、避難所には動物は連れていけないからと、置いてきた子たちが
野犬化した方がよほど問題になりませんか?
と考えています。
恐怖から人を噛んだりする方がよほど危険ではありませんか?

彼らは飼い主によって守られてきました。
でも、本能はありますから、いざとなったら自分の身を守るために牙を剥くこともあるでしょう。
どうぞ、一緒に過ごさせてやって下さい。

そして、
これから蚊の季節を迎えます。
フィラリア、そしてレプトスピラなどの感染症も心配です。

いろいろな観点から、ぜひ一緒に避難させてやって下さい。
そして、適切なケアをお願いいたします。

決してペットだけの事を言っているのではありません。
でも、どうか、彼らは人間と一緒に生きている、ということにご理解ください。

アニマルドッグ受けてきました

最近ちょっと自分の想いばかり書いてしまってました。
ちょっと書きましたが、なんだか年とともに、今まで以上にあれこれ考えるようになってきています。
若い頃は、多分、こんなに考えた事はなかったと思います。

子供がいて、愛するパピがいて、
守りたいものがあると、やっぱり考える事が多くなるのかな、と思います。

でも、元気にしてます。
普通に行動しています。
自分がしなきゃいけない事は別。
きちんと割り切って動いています。

自粛ムードがありますが、
東京電力、東北電力内で、余計な電力をたくさん使うのはどうかと思いますが、
他の事で自粛するのは経済の為によくないと考えています。

被災地に、たくさんの物資を支援してくれている会社が、倒産なんて事になったらそれこそ大変。
使うものは使いましょう。
外出、いいじゃないですか。
外に出れば何かを使います。

うちの近所の桜祭りが今年はありませんでしたが、
確かに楽しんで何かをするという事、何か後ろめたい気持ちもなくはないですが、
でも、みんなで沈んでいたって何かが変わるわけじゃない。

自分にできることは参加したらいいと思います。
でも、あとはいつもどおりでいいのではないでしょうか。

というわけで(前おきながっ

パピさん、4月3日アニマルドッグしてきました。

体重4、1㌔(ちょい増えました)
血液検査の結果はどこも異常なく、
ついでにしてもらったフィラリア検査もマイナスで
尿検査もPHが7と、ちょい高めではあるけれど、結晶なしの異常なし

でも・・
心配していた心臓がちょっと変化していました。

不整脈も心雑音もないのですが、
心電図の波長がまたちょっとだけ長くなり・・
レントゲンにも、少しだけイビツになった心臓が写っていました。

先生は特に何もすることはないと言われますが。
心配症の私としてはそうもいかなくて。

とりあえず、心臓の処方食を始めます。
PHも気になるので、両方あげちゃお・・

今まで以上に気を使ってあげなきゃね。
もうすぐ10歳になるパピ。
まだまだ元気でいてもらわなくては困るもの。

相変わらず写真はキライ
走ること、ボールを追いかけることは大好きです

  P1030606.jpg

       P1030597.jpg

  P1030619.jpg

       P1030613.jpg

  P1030621.jpg

        P1030618.jpg







松本秀樹さんからのお知らせ

松本秀樹さん のブログで報告がありました。

ひとつは被災地に関するもの、もうひとつは署名『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』 に関するものです。


コピー文を載せます

●報告?《現地入り》

2日にSTP有志数名と、SOSメールをいただいた個人宅やドッグトレーナーさんのところなどへ、ペットフード・野菜・果物・シャンプー・ペットシートなどを一般から志願してくれたトラック2台に積んで以下のルートで行ってきました。

【宮城県仙台市→岩手県陸前高田市→宮城県気仙沼市】

ご報告について写真もあるため、被災者の方やペットに対し、細心の配慮をすべく記事を作成中のため、詳細はもうしばらくお待ちください。

個人様からの物資提供の受け付けも開始いたしましたので、そちらもご協力いただけると幸いです。

「Save The Pets」公式ブログ 

http://ameblo.jp/savethepet/


以上、コピー文です。



・・・簡単な報告で?なのですが、

「被災者の方やペットに対し、細心の配慮をすべく記事を作成中の為」

という文章がとても嬉しく思いました。

私たちより被災者の方への配慮は忘れてはいけない事だと思っています。

記事になるのを待ちたいと思います。



もうひとつは署名に関してです。

(全文ではありませんが、意図する事が間違って伝わらないように配慮して部分抜粋させてもらっています。)

この署名を始めた本人(松本秀樹さん)として、皆様にお伝えしたいことがあります。

この署名は、ご存知の通り、「日本のペット飼育率とされている25%を、同比率で避難所や仮設住宅でも確保していただく」ことを目的としております。動物好きの僕としても是非、「全エリアペット可に」と言いたいのですが、一方で、“動物アレルギーの方”“動物が苦手な方”“新生児”なども避難しています。

この署名では、単に「ペット飼育者の権利を主張するだけ」ではなく、エリアを区切ることで「ペットが一緒だと困る方に対しても、安心・安全に避難する場所」をお約束し、双方にとって有意義なものにするためでもあります。

また、今回「4月30日」と区切ったことで、現在被災されている地域への適用が遅くなることを懸念されている方もいるかと思いますが、署名とは別に、被災地には一刻も早く対応して頂けるよう、直接(もしくは知人を介して)働きかけております。ご理解をいただけましたら幸いです。

また、今回集まりました署名は、僕が責任を持って「環境省」へと、直接手渡しを致します。

本来、署名自体には法的な効力はありません。しかし、これだけ多くの方が強い想いを持っているということは、大変大きな「世論」として、行政に対して法案化・条例化に向けたナチュラルドッグスタイルの働きかけにとって、これ以上の心強いものはありません。

1つの法律・条例を作ることのむずかしさは重々承知していますが、署名に込められた“想い”を形にできるよう、精一杯努力致します。




一人一人の力は小さく、思いが伝わらないこともあるかもしれない。

でも、みんなで力を合わせることで、それが大きな力となり、行政を動かすことができたら嬉しいと思います。

頑張ってる人たちがたくさんいます

オヤジぷーさんのところで見かけました。

宮城の獣医たち~震災を受けた多くの動物と皆様へ。と題し、

宮城県獣医師会所属の獣医師による災害活動報告です。
     
http://miyagi-vet.jugem.jp/

ペットの健康相談会やシャンプーをしてくれたりと活躍されています。


そしてここで下記の方を知りました。
     
http://www2.ocn.ne.jp/~chiku294/24264.html

仙台市の獣医師さんのブログです。
避難所を回り、そこで思う事を書いてみえます。

その中から少しピックアップさせてもらいました。

思うこと。避難生活の里親ですが、私が思うにあまりにも遠く離れた場所に保護することにはあまり賛成できません。何故かというと、仮に仮設住宅が設立されるまで、あるいは生活が落ち着くまでといったように一時的なあずかりを行う場合、飼主さんはきっと自分の家族である動物に会いたいと思うはずです。でもその時に遠距離に動物が保護されていたら。。。
震災と津波で全てを失った人もいます。財政は好ましいものではありません。私にも家族である犬たちがいますが、いかなる理由であれ、長期間彼らに会えないのは精神的に辛いです。きっと飼主さんたちだってそうです。もう一度「保護」の意味を考えて欲しいと思います。
動物と避難している人には「動物と一緒にいるからこの苦難に立ち向かえる」と考えている人も沢山います。
人と動物を切り離して考えないで下さい。その意味で私は「人道支援」と考えています。わが国の動物たちの福祉に対する考え方が成熟することを期待します。

(義援金)
昨日、善意のある方から義援金の寄付についての問い合わせがありました。私は義援金を自身で募るという感覚がありませんでしたのでしばし躊躇しました。今も結論は出ていません。回答までしばしお待ち下さい。

義援金を募る前に、やるべきことがあると思っています。それが自身の活動のポリシーです。多くの団体が義援金を募ります。活動に資金が必要なのは自明ですが、私からするとお金のことを口にする前に、まず自己でやれることをやったのかどうか自問自答すべきだと思います。資金がなければ活動は難しいのも事実ですが、でもまずは、資金がなくともやれることをやってみるという姿勢があるかどうか。災害ビジネスになっては残念ですから。。。

(動物の救護)
人の支援がままならないのに。。。云々。この理論に一言言いたいです。人の支援がままなっていない地域もたしかにありますが、でも人は人でサポートを受けています。動物は獣医師がサポートするわけですからどちらが先にとかは理にかなっていない理論だと思います。同時進行で問題がありますか?獣医師は動物のプロなのですから、動物のケアに取り組みます。人の支援が完全に落ち着くのを待っていては動物に不都合が生じるでしょう。獣医師が動ける状態なのですから、動いて悪いことはないはずです。人は人で医師やその他支援が入っていますよね。

福島県の放射能汚染地域に各種団体がターゲットを絞り介入する(している)ようです。過去にも何度か触れましたが、もちろん、動物の命は大切です。しかし、現状を踏まえた行動も求められます。福島県の沿岸は亡くなった方々のご遺体も放射能汚染のため放置された状態です。また、住民の方々も未だ他の被害地域に比較して厳しい状況にあると聞きます。放射能汚染地域には自衛隊の方々の警備があります。彼らの仕事を増やしてしまうような活動は本来の活動の趣旨を逸脱する可能性もあります。本来は然るべき機関によるリーダーシップが求められるのですが、現状は混沌としており、やりたい放題です。地道な活動を続ける人々もいるのですから、人道支援という観点から混乱を招く可能性のある活動に踏み切る前に社会全体を見渡して欲しいと感じております

(動物の救護)
人の支援がままならないのに。。。云々。この理論に一言言いたいです。人の支援がままなっていない地域もたしかにありますが、でも人は人でサポートを受けています。動物は獣医師がサポートするわけですからどちらが先にとかは理にかなっていない理論だと思います。同時進行で問題がありますか?獣医師は動物のプロなのですから、動物のケアに取り組みます。人の支援が完全に落ち着くのを待っていては動物に不都合が生じるでしょう。獣医師が動ける状態なのですから、動いて悪いことはないはずです。人は人で医師やその他支援が入っていますよね。




ここに書いたのは一部ですが、共感できる部分が多くありました。
きっと、しっかり自分を持っていらっしゃる方なのだと思います。


これから書く事は、前々から思っていたことでもありますが、

自分の中ではやっぱり保護してあげたいという気持ちも強く、
もし、自分だったらどうするだろうと考えます。

放射能汚染地区

ここで生きている子達がいる。
でも、本来ならば入ってはいけない地区。
放射能に汚染されたものを外へ持ち出す事は、とても危険な事。
それがたとえどんな大切なものでも・・
どんな大切な命であっても・・

理屈はわかります。
でも・・わりきれるでしょうか・・
そんな事を考えていたら、とても苦しくなりました。

もし、自分の子だったら?
そうでなくても、すぐそこに、生きてる命を見たら?
自分に理性が保てるか自信はありません。

その中で自分のできる事を、冷静に判断する、
なんでもやればいいというのではなく、周りの事も考えなくてはいけないんだという事
、改めて感じています。


被災地の役所の方々、病院の先生、スタッフさん達・・
自身も被災者でありながら、
家をなくしたかもしれない、家族を亡くしたかもしれない被災者でありながら、仕事を優先させなくてはいけない方たちがいます。


どんなに辛いことだろうと思います。

テレビに出てた方が、ご家族に行方不明な方がいても、探しにもいかれないとおっしゃっていました。


実は・・私が住んでるマンションに、自衛隊の方がいます。
昨日、たまたまそこのご家族にお会いしたので少し話をしたのですが、
ご主人は地震の翌日から被災地へ入り、まだ戻っていないそうです。
3週間以上、現地で頑張ってくれています。
帰れる見通しも、まだたっていません。

とても悲惨な状況で、でも、そんな中で、これも仕事だからと。

奥様も、普通の人よりは鍛えられているから、と言いながらも、

でも、生身の人間だから・・と心配されていました。

こういう人たちの事、報道される事はあまりありませんが、こうやって現地で頑張ってくれてる人たちがたくさんいる事も忘れてはいけないと思っています。外国からもたくさんの支援を受けています。

アメリカ軍の人達も一緒になって復興に力を貸してくれています。

書き出したらきっとキリがないくらいの支援を受けています。

国を越えて助け合う事。

日本はひとつ。世界もひとつ。




原発問題については、知識のない私にはとても難しく、簡単に触れる事ができない問題です。
でも、二つほど言いたい事があります。

風評に左右されるのはやめましょう。


農作物も水産物も、これを仕事としている人たちにとっては死活問題です。

そして、この危険な現場で、今なお、復旧に向けて一生懸命作業している人たちがいるという事。

彼らの健康を気遣いながらも、彼らに頼るしかない今、原発を非難するより、無事に作業が終わってくれる事を祈るばかりです。



もともと、動物が大好きで、間違いなく人より動物が好き!と言いきってきた私ですが、
年を重ねるにつれ、いろいろな事が辛く悲しくなりました。

どうかみんなが笑顔になれる日が、一日も早く来ますように。







一足早く・・

大地震から3週間が過ぎ、たくさんの状況がわかってきました。
刻々と変わる原発の状態
農産物、水産物への被害も広がるばかりで、不安材料はつきません。
まだまだ復興に100%の力を注げる状況でもないようです。

朝からニュースを見て涙することも多く、今さらながらに被災地の方たちの悲しみが伝わってきます。
親を亡くした子供たちの事も気になりますが、子供を亡くしてしまった親ごさんの気持ちを思うと、
同じ親として、とても苦しくなります。

でも、前を見て欲しいと願います。
あなただからこそ、できる事があるはずです。
今ある命を大事に・・お願いします。

今だって十分すぎるほど頑張っている被災者の方たちに、頑張って、なんて言えるはずもなく、
この先を考えたら、不安、心配は山ほどあると思うけど、
でも、あなたは決して一人ではありません。
たくさんの人達が応援していること、どうか知って下さい。


芸能人の方たちがあちこちで義捐金集めをしたり、被災地を訪れたりして、
知名度のある方たちが動いてくれる事、やっぱりありがたいです。

・・・・・ただ・・
そう、一般市民に影響力があるという事は、十分にわかって欲しいとも思っています。
(まどろっこしい書き方で申し訳ありません。あまりストレートには書きたくありませんので)


この何日か、ネットサーフィンをしていました。
これはまたのちほど書かせてもらいますね。
今日は頑張って集めてきた春をお届けしたいと思います。

桜もすいせんもチューリップもとてもきれいです。

  さくら1
  さくら2
  さくら3
  さくら4
  桜1
  桜2
  桜10

  すいせん
  れんぎょう
  桜草
  クレマチス
  雪柳


何気なく道端に咲いてる花からも春を感じます。

    すみれ
    春の花1
    春の花2
    春の花5
    春の花12
    春の花13
石垣の間から・・ 石垣の間から

畑に・・
ネギ坊主 ネギ坊主

大根の花が咲いてます 大根の花


そして、こんなところで頑張って咲いている桜の花

     こんなところから
     こんなところにも
     ここにも桜
桜の木の根っこからも・・根っこから生えています
     桜11



 たとえどんな状況にいても、同じ時間が流れます。

 名古屋はこのところ暖かい日が多く、すっかり春めいてきました。
 東北地方はまだまだ寒い日が続いているのでしょうね。
 どうぞ、おからだを大事に、
 少しだけ早く、春をお届けします。



プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク