FC2ブログ

川崎から子猫ちゃんの家族募集です☆

トライアルが決まったそうです。
ありがとうございました



o0404040414056663706.jpg

o0404040414056663659.jpg

ワクチンはまだしていません。

ノミ駆除、駆虫は済んでいます

神奈川県川崎市川崎区にて保護していますので、お見合い後、1~2週間のトライアル、問題なければそのまま正式譲渡へという流れです

出来れば2匹一緒に・・・というのが願いではありますが、それを条件にしてしまうのは厳しいかと思うので条件ではなく、あくまでも願いです

里親様にお願いしたいこと

ペット可の住居にお住まいの方

今月半ば~終わりにかけて体調を見てワクチン接種予定ですが、その前に決まった場合、ワクチン接種等して下さる方

終生飼養をして下さる方

たまにで結構ですので近況報告して下さる方

お届けにあがりますので東京神奈川近郊・千葉埼玉あたりまででお願いします

質問等ありましたらamebaのメッセージかcopuan@yahoo.co.jpまでお願いします


スポンサーサイト

犬を飼う前に

ちょっと探し物をしていて、ふと読んでしまった(笑)
12年前の私。
今と同じ事考えてたんだと感心したらいいのか、私に進歩がないのか。
よかったら読んでやってください。

我家のパピ。16歳と4か月。
今、実感している事があります。

めちゃめちゃお金がかかります。
薬代、点滴代、血液検査、エコーなどの医療費、そしてトリミング、鍼灸・・・
あれこれ注文多いので、食費もどれだけかかってるかわかりません。

もちろん、私が望んでやっている事なので、不満はありません。
ただ、ただ、知っておいてください。
若いころは特に大きな病気をする事のなかった子ですが、年齢がいけばそれなりです。

まだトイレは自分でいきますが、それもできなくなるかもしれない。
食欲も昔のようにガツガツとはいかない。食べさせなければいけない時もあります。

年老いて、さらにガンコになり、イヤな時はイヤ!と怒ります。
耳が遠くなるのは、ビビリな子にとって、幸せな部分もある事が多いのかも、と思っていますが、
パピの場合はもともと雷や花火も平気な子だったので、逆に、聞こえない事に不安があるのかも、と思う事が多くなりました。
その不安をどうとりのぞいてあげたらいいのかな・・
今、彼がどんな心境でいるのか考える時間が増えました。


ちょっと余談が長すぎましたね。
それでは12年前の私が考えていたこと。
このブログの最初の頃から拾ってきました。

    


  犬を飼う前に

まず、
犬は平均15年くらいは生きます。
いつも元気とは限りません。
病気もするでしょうし、もしかしたら最後はボケてしまうかもしれません。
その覚悟はできていますか?

犬種によっては、かなりの運動量が必要な子もいます。
歩くだけではなく、走らせる事が必要な子もいます。
小型犬でも、骨を丈夫にする為には、お日様にあたったり、土の上を歩かせる事も必要です。
そういう時間を作ってあげられますか?

健康な子でも、狂犬病接種は義務付けられていますし、
その他にも、各種ワクチン、フィラリア、フロントライン投与と必要なものがあります。
きちんとしてあげられますか?

又、犬種によっては、手入れに手のかかる子もいます。
トリミングが必要な子もいます。
どちらも、手間がかかったり、費用がかかったり。
その辺も考えていますか?
犬種特有の性質もあります。
ダックス、ビーグルがよく吠えるのは、もともと彼らが猟犬だからです。
それを知らずに買って、なおかつきちんとした躾けもせずに、「よく吠える」と言われても、犬の方が迷惑です。

最初から、きちんとトイレトレイでオシッコのできる子はいません。
これは飼い主となるあなたが躾けて、初めてできるようになる事です。
確かに短期間で覚える子もいますが、何ヶ月もかかる子もいます。
根気よく、愛情を持って、教えてあげる事ができますか?

その他にも、要求吠えをしない・留守番なども、教えるからできるのです。
そういう意味では、学習能力の高い動物です。
逆にいえば、教えなければ学習しません。
「・・ができないからいらない、かわいくない」という言葉を耳にしますが、
できない、のではなく、あなたが「教えていない」のです。
それを忘れないで下さい。

あなたが病気をした時、もし家を何日か留守にしなくてはならない時、
その時はどうしますか?
犬は生きています。でも、自分でご飯の準備はできません。
どなたか代わりに世話してくれる方がいますか?

あなたが、たくさんの愛情を持って接していれば、彼らはそれ以上の愛情で返してくれるはずです。
決して裏切る事はありません。
「裏切る」という言葉は彼らにはないと思います。
裏切るのは私達の方です。
病気になったから。トシをとったから。子供が生まれたから。
という訳のわからない理由で、保健所、愛護センターに持ち込まれる犬・猫がとても多い事を知っていますか?
彼らには何の罪もないのに。

今一度、あなたはなぜ、その「犬」が欲しいのか、よく考えてみてくださいね。
通販商品ではないのですから、「もし気に入らなければ返せばいいか!」では困ります。
あなたの生活をより楽しくさせる為にも、衝動買いなどせずに、よくよく考えてみてくださいね。



老人ホーム入居のため愛犬を保健所へ… 「失意の最期減らしたい」ペット可・施設長の思いとは

老人ホーム入居のため愛犬を保健所へ… 「失意の最期減らしたい」ペット可・施設長の思いとは
10/25(水) 7:00配信


犬や猫を子どものように考えている人にとって、一緒に入れる高齢者ホームは、まさに理想の場所──。発売中の週刊朝日ムック「高齢者ホーム 2018」では、そんなペット入居可の高齢者ホームでのニャンともワンだふるな暮らしぶりに密着した。

 一般社団法人ペットフード協会の調査によれば、国内における犬と猫の飼育世帯数は1344万4千世帯(2015年末時点)。およそ4世帯に1世帯が犬もしくは猫を飼育している計算だ。その中には高齢者も少なからず含まれているが、高齢者ホームの大半は犬や猫を連れての入居を認めていない。ホームに入る際はペットを手放さなければならないことが多いのが現状だ。

「愛するペットを連れて入居したい」

 そんな切なる願いをかなえるホームが神奈川県横須賀市にある。社会福祉法人心の会が運営する特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」だ。

 施設は4階建て。居室10室と共有スペースであるリビングで構成されるユニット制を採用している。動物と暮らせる2階フロアには、犬ユニットと猫ユニットが二つずつ。計40人が入居している。

■長年連れ添った愛犬と離れたあとに…

 理事長兼施設長の若山三千彦さんは、自身も3頭の犬と暮らす愛犬家である。ペットと暮らせる施設をつくると決めたのは、それ以前に取り組んでいた在宅介護で、ある高齢者のケースを見たからだという。ホームに入る際、長年連れ添った愛犬を苦渋の決断で保健所に送ったその人は、入居後半年もせずに、失意のうちに世を去った。

「人生の最期を絶望の中で迎える人を減らしたいと強く思った」

という若山さんは、心残りを減らすべく、さらに入居者が亡くなった後も遺された犬や猫たちが施設のペットとして暮らせるよう態勢を整えた。入居者死亡時は親族が引き取るのが一般的な他のペット可ホームとは一線を画す仕組みだ。それが実現できたのは、施設のペットがいることが大きいという。


現在ホームにいるのは犬8匹、猫9匹。そのうち、入居者が連れてきたのは犬、猫ともに3匹ずつ。それ以外は、ホームのペットとして飼われているのだ。

「設立時から、施設のペットとして犬と猫を迎えると決めていました。ペットと一緒に入居したい人だけでなく、高齢で犬や猫との暮らしをあきらめざるを得なかった方にここでもう一度、そんな日々を取り戻していただきたいと思ったからです」

■犬、猫と一緒にいることで向上するQOL

 ここでは、入居者が連れてきた犬猫と、施設の犬猫は区別されることなく各ユニット内を自由に歩きまわることができる。共有スペースはもちろん、各居室への出入りも自由だ。専用のベッドや循環式給水器も完備されている。

 リビングでくつろぐ入居者たちは、通りがかりの犬や猫をなでたり、くつろぐ猫やはしゃぐ犬たちを眺めて和んでいる。ごく自然に人と犬猫が共存しているその光景は、まるでペットのいる家庭の日常そのもの。入居者たちは「もう一度一緒に暮らせるなんて夢のよう」と顔をほころばせる。

「犬や猫と暮らすと感情が豊かになり、QOL(生活の質)が上がる、それが一番の効果ですね」

と若山さん。生活に張りが出る、ペットを触ることでリハビリになるなどのほか、認知症の進行を遅らせることにも効果を発揮する。

「ここで犬と触れ合ううちに犬の名前を覚え、忘れてしまっていたご家族の名前を思い出せた方もいたんですよ。みなさんここに入居すると見違えるように元気になるんです。ご家族は驚かれると同時に〝やっぱり〞と思われるようです。入居者のほとんどは以前、犬や猫とずっと一緒に暮らしてきた方なので、動物が常にそばにいる環境がどれだけ幸せをもたらすか、よくご存じだからでしょう」

■目指すのは、普通の暮らしをあきらめないこと

 夢のようなペット可ホームだが、犬や猫と暮らせることだけを重視しているわけではないと若山さん。

「うちの理念は“人生を楽しむことをあきらめない介護”なんです。高齢になると外出や旅行、買い物、入浴など、できないことが増えますが、ここではそれらを取り戻していただくための各種取り組みを行っています。海やいちご狩り、外食など近距離の外出は月1回、年に1度は旅行に行きます。地元のお店に来てもらって売店を開いたり、天ぷらを揚げてもらうなどの行事も頻繁に行っています。

特養では週2回の入浴が一般的ですがうちは週3回、対応できる場合はそれ以上のときもあります。起床時間や消灯時間も決まっておらず、食事も指定の時間内であれば好きなときに食べられます。あきらめていた生活を介護によって取り戻していただく。犬や猫との暮らしもそのひとつにすぎないのです。

 それに、そもそも高齢者ホームの仕様は動物との共存に適しているんですよ。消臭対策も万全で床材も滑りにくく段差もない。ペット用に特別な対策をしなくても大丈夫なのでそんなに障壁はないのです。実際、用意したのは飛び出し防止のゲートくらいですから。もちろん、犬猫と安全に暮らすための対策はしっかりと行っていますが。

 犬のしつけや彼らが精神的に落ち着けるような環境づくりをトレーナーに指導していただいたり、獣医師による健康チェック、トリミングなどの衛生管理を万全に行っています」(若山さん)

■ペットの存在は、介護スタッフにも好影響

 入居の条件で外せないのは、根っからの犬・猫好きであること。

「こんな状態なので(笑)、24時間犬や猫と一緒で平気。むしろこの環境でこそ暮らしたいと言ってくださる方でないと難しいのです。犬や猫は好きだけどそこまでは無理という方も多いので、待機待ちはそれほど多くないんですよ」

 介護スタッフも同様に犬や猫が好きで、どうしてもこのユニットで働きたいと強く希望した人だけが勤務する。ペットの世話はスタッフが担当するため、日々の雑務は増えるが、不満はほとんどあがらず、むしろやる気につながっているという。このユニットで働きたいと空き待ちする人もいる。こうしたスタッフのモチベーションの高さがよい雰囲気をつくり出しているのは言うまでもない。
「入居者、スタッフ双方にとってメリットがあるように感じます。ペットは家族という考えが当たり前になった団塊の世代がホームに入る時代がきたらますます需要が増えるはず。こうした施設が増え、全国で受け入れ可能になってくれればと思います」

■ペット可ホーム希望者、早めのリサーチを

「さくらの里 山科」は、犬や猫と暮らしたい高齢者にとって最高の環境といえる。ここまで態勢が整った施設はなかなかないが、ペット可のサービス付き高齢者住宅や有料老人ホームも登場し始めている。入居時の条件(動物の種類や大きさ、避妊去勢・ワクチン接種の有無など)や退去時の条件(入居者死亡時はどうなるか)、生活上での制約や条件(犬猫の行動範囲、獣医の受診、トリミング、散歩など)、飼育費用など施設によって異なるので、元気なうちから時間をかけて探しておくといいだろう。

(文/石村紀子)

※週刊朝日ムック「高齢者ホーム 2018 プロに教わるやすらぎの選びかた」から

食事のこと

ほ~んと大変

お料理が好きな人には苦にならないのかもしれないけれど、私は苦手なので、ハッキリ言ったら「苦」です。

でも、食べてもらわないと困るので、全力で頑張っています

少しのドライのフードをお湯につけ、(硬いままだと食べにくそうなので)ちょっとだけトッピング。残すからです
もう一つは腎臓によいと思われるウエット缶を利用。これも少しだけ。残すからです
低蛋白米の雑炊(お野菜、お豆腐、ちょっとの卵とか入れます)
お野菜をみじん切りにして茹でたもの。

お魚、お肉もほんの少しずつですが使います。
どこかに混ぜます。
蛋白制限はあるけれど、なしでは体がもたないですよね。

最初にすごく匂いを嗅ぐので、
ゴマ油や亜麻仁油で炒めたり、
ごまやきなこやチーズのトッピングをする事もあります。
すべて、ほんの少しですけど。
4種類を用意して少しずつあげていますが、それでも残されることも。本当にちーん。です。
(自力だけだと結構残す事が多く、私が手のひらの上に、小さく丸めてあげると食べたりします。食べにくいのかなぁ・・)

       DSC_0717.jpg


栄養にも疎いし、正直、試行錯誤しすぎてよくわからなくなったりもします。
本を参考にしながら、自己流です(なのでマネはお勧めできません)
    ・・下の二冊は、人用です。
ガツガツ食べてくれてた頃が、本当になつかしいです。

本


そして、こんな本もゲットしました。
炭灸は毎日続けていますが、マッサージもしてあげたいなと。
鍼灸もやってもらう以上、最低限の知識くらいは身に着けておきたいと思っていますが、

・・・・・・・・夜、活字をみると寝てしまう、という恐ろしい現実に気が付きました
  が、頑張らねば


DSC_0724.jpg

そんなこんなの努力が認められたとは思いませんが、今週の検査ではBUNとCREが基準内に入りました。
検査結果に一喜一憂するのはやめようと思いつつ・・やっぱり気になります。いい結果が出ると励みにもなります。
頑張るしかない



冬支度

10月半ばからエアコンスイッチONの我家。
今年の冬はいったいどうなるんでしょ・・と少々心配。

自分の衣替えもまだしてないけれど、とりあえず、パピの冬支度

まずは、ベッドをポチ

ドーム型ベッドは入らないので、とりあえずそれは避けて、
これはどうだ?
ちょっと心配だったけど、なんとか入ってくれそう。

入ってくれた!

冬用ベッド

室内はずっとエアコンをつけているのであったかいと思うけれど、
何が心配かって、

このお方、自分のトイレを玄関でと決めた。
決めたのは私じゃなくて、彼。

となると、玄関に通じる廊下のドアをあけておかなくてはならず、
夏は冷気が逃げるし、冬場は・・な訳で。

なおかつ、もっと厄介な事に、

留守番の時に寝る場所が、この廊下の入り口横と決めている。
(ベッドを置かずに試してみたけど、ダメだったので、私があきらめました)
なので、こんな形でベッドを並べてみました。

  ・・・・・・どちらで寝るのか楽しみにしていました。
      朝、両方のベッドを行き来し、結局、前からあるベッドで夕方まで寝てました
      なーんだ、なのですが、今の位置なら、廊下への出入り口から少し離れているので、ちょっと安心です。

並べてみた


パピヨンって、結構ガンコな子が多いですよね
パピはさらに+αかも
ちゃんちゃん。でした



急に寒くなってきましたね。

今年は残暑が厳しいと言われていたような気がしますが、
梅雨ははっきりせず、あまり雨も降らず、かといってお天気がそう言い訳でもなく曇りが多い夏だった気がします。
そして、急に寒くなってきて、
本来ならば、10月半ばは冷房もいらず、暖房もいらず、本当に貴重な時期なはずなのに、
我家は昨日から暖房が入りました。

高齢だから、体温調整もきちんとできないかもー 
昼間留守だから臨機応変に対処してあげられないし、
なんて心配性の私は思い、結果、エアコンのスイッチを入れる事になります。

お留守番の間、気持ちよさそうに寝ていてくれると、本当にほっとします。

本日は月1のトリミングの日です。
お昼休みに連れていって、仕事帰りのお迎え。ついでに点滴も入れてもらって、私はお迎えに行くだけです。
きれいになって帰ってきました

 DSC_0722.jpg



先週末の血液検査では、
BUNは28 
CREは1.5
この数値だけみると、まあまあかな、ですが、カリウムの値が少し高めでした。
う~ん・・ 食事は悩みの種です。
同じものをたくさん食べてくれないので、ちょっとずつ何種類か用意します。
匂いをふんふん嗅ぎながら。面倒なやつ
それでも残す事もあったりするので、食べてくれるとほっとします。

  DSC_0716.jpg


足腰の為に、鍼灸を始めましたが、こちらの先生もパピの腎臓の事とか気にしてくれてて、
それにあったツボで鍼灸してもらっています。
この成果にも期待しています。

鍼灸、ずっと1週間に一度でしたが、これからは少し間隔をあけて、10日くらいに一度となります。
点滴は2~3日に一度、様子をみながら続けていきます。
       ・・針はなんとか打てる感じがしますが・・ その後、一人で押さえ、液を入れるのが難しい・・・   前途多難。
 

最終日は・・・

最終日、わんパラを出た所で、うらはる母さん、じゅりママさんと別れて、私はお友達の家へ。

東京の住まいを捨て(笑)八ヶ岳に終の棲家をかまえたお友達は、随分前に我が家にいたチワワさんの里親さんです。
竜君は亡くなってしまったけれど、お友達としてお付き合いさせてもらっていて嬉しい限りです。


ビックリする事に、パピがとてもくつろいでいました。
初めてではないけど、それにしてもねー

竜くんち

くつろぎすぎ

ルイくん。
パピとお誕生日が同じなんですよ。
生まれた時から知っているルイくんももう9歳。

ルイくん


ランチ場所に選んだのは、
以前に竜くんと来た、カフェ&レストラン 睦さん
こちらは、テラスと室内にもわんこOKのスペースがあります。
今回はもちろんテラス。期間限定ですもんね。

睦のテラス


あの時と同じ、ほうとうを食べました。
お野菜がほんと、いっぱい入っていて、なんだか健康になった気分になります。
結構お気に入り
デザートも生チーズソフトが入ってておいしかった

ほうとう

スイーツ1

お付き合いしてくれたルイくん。
初カフェ

ルイくん


おしゃべりしだすとキリがなく、でも、残念なことにパピの病院があるので、名残惜しかったですが、八ヶ岳をあとにして帰ってきました。


2泊3日の旅、お天気にも恵まれ、とても楽しく過ごす事ができました。
うらはる母さん、じゅりママさん、ありがとうございました。

そして、ルイくん、ありがとう
おばちゃん、また行くから覚えててね


駒ヶ根~八ヶ岳 3

二日目の宿泊先は、
八ヶ岳わんわんパラダイス
八ヶ岳わんわんパラダイズ

実は私、わんパラは初めて。
パピが犬が苦手で、犬がたくさんいる所では犬酔いして、ヨダレがタラタラ
なので、宿泊先はあまりわんこと出会わない小さな所を探していました。
今回、わんこの数も多い事だしと、わんパラチョイス。
初めてなのでちょっとわくわく(笑)

全貌の写真はないですが。
私達が選んだコテージはこちらです。

     コテージ


なかなかよかったです。が感想です。
コテージも、多分リフォームされていて、結構きれい。
キッチンも清潔で、わんこご飯を作るのに不便がありません。
強いて言えば、やかんがありません。ポットがあります。
フロアーマットなので、滑る事もないし、快適に過ごせました。
和室がついてるお部屋を選んだので、さらに快適!

和室

天井高いです。
天井たかい

きっちn


ちょっと難といえば、玄関が裏側なので、荷物の運び入れとか大変かなと(特に雨だったりしたら)
それと、駐車場から玄関まであまり灯りがないのも不便かな。
日が暮れるの、早くなりましたからね。

もっとも、このコテージは、わんパラが作ったものではなく、個人の別荘を買ったものと聞いているので、玄関は仕方ないですね。
でも、灯りはもう少し欲しいかも。
レストランまでの道も、夜は歩きたくない感じです。
(フロント棟から離れているコテージだったので)

ご飯も食べて、みんなお疲れモード。
荷物にうもれて

みゅうちゃん

しゅりちゃん

あんちゃん

うらはる一家は別室でぐっすりでしたよ

食事はおいしかったです。つい食べ過ぎる感じ。
パンはおかわりができますが、とても無理でした。

レストランにて1
レストランにて
魚1 魚
コロッケ

パテ スィーツ

朝食はバイキング。
温野菜がとってもおいしかったです

わんぱらモーニング

             モーニング1

モーニングひめ

パピも元気
モーニング

ほしい


お散歩も気持ちよかったです。
パピも結構歩きました。
わんぱらお散歩


最後にコテージの写真をもう一枚。
コテージ
広いテラスもありました。
コテージテラス


駒ヶ根~八ヶ岳 2

二日目は
富士見パノラマリゾートへ。

ゴンドラに乗りました。
わんちゃんはそのまま乗れます。

ゴンドラ3

パピはここでもやる気なし
スリングの中で寝たまま・・・
ゴンドラやるきなし

山頂には、壮大な景色が広がっていました!
紅葉も少しずつ始まっています。

富士見パ1

富士見パ

山頂から

今はもうピークを過ぎていますが、高山植物がたくさん咲いていた名残があります。
さぞかしきれいだった事と思います。

花5 花4

花3 花2

花1 IMG_2158.jpg

      IMG_2145.jpg


お天気がよければ、富士山が見れる事も。
わかりますか?雪をかぶってないからわかりにくいかな。

富士山

ソフトがおいしかった

富士見Pうらら

その後、まきば公園へ。
こちらも壮大な景色が広がっています。

まきばから

まきば公園 のレストランでランチ。
テラスで優雅にいただきました

まきばランチ1 まきばランチ


レストランあんみゅう
まきば

テラスがわんこさんOKで見晴最高です。
ただし、日が陰になってる所は少し寒いかも。
まきばレストラン


次は、この日の最終目的地、萌木の村へ。

萌木の村

もえぎ6わん

もえぎ1

不可能に近い挑戦もしてみました(笑)
カメラ目線なんて期待せず、とりあえず、頭数いればOK

不可能な挑戦


ここにある エレンさんの大ファンです。
もう何年も通ってます。
年に1~2度いって、そのたびにリードを作ってもらいます。
今年もお願いしてきたので、届くのが楽しみです。
と、書きながらエレンさんの写真がない


もえぎ花がきれい

もえぎ

もえぎ

おやつタイムはkiyosato jamさんで。
あ、ここはお隣のともにこの森にあります。
ここのスコーンが大好きです

こんな景色をみながらいただくスコーンは最高、と私は思います。
テラス席は少し狭いので、カートだと窮屈かも。

きよさとジャムから

kiyosatoジャムにて

3種のジャムがついてきます。
スコーン

みんなもおすそわけしてもらったね。
じゃむ姫

ジャムパピ

ジャムうらはる


さて、いよいよこの日の宿泊先へ向います。



続きを読む

久しぶりに旅してきました!駒ヶ根~八ヶ岳1

夏の暑い間は、パピの負担も大きいだろうと遠出をやめ、寒くなる前にと計画した旅行。
久しぶりなのでとても楽しみにしていました。

とりあえず目指すのは駒ヶ根
待ち合わせ場所は コマチカフェ屋さん

もっとも、その前に駒ヶ根SAで時間調整のメンバーと顔合わせしました。
日差しはちょっと暑いくらいですが、日蔭は涼しく気持ちよい日でした。

インスタで使った写真、使い回し(笑)
   
駒ヶ根らん

駒ヶ根ラン

駒ヶ根みゅう

駒ヶ根パピ

駒ヶ根あんず

駒ヶ根1


コマチカフェ屋さん
テラス席が気持ち良い季節。
スィーツもおいしそうだったけど、どうせ次もあるからとガマンガマンで、ランチのみ。

ランチぴざ らんち1

                ランチ

みんな楽しそうですね。

こまちかふぇ姫

コマチカフェはる

コマチカフェうらら

パピは車の中でもずっと寝ていたくせに、まだ眠そう。
普段、ずっと寝ている時間だもんね

コマチカフェパピ


次に目指したのは、
上伊那郡箕輪町の 赤ソバ
上伊那郡飯島町 道の駅 田切の里 コスモス

お花が見たかったので、うらはる母さんを説得して(笑)お花に付き合ってもらいました。

赤ソバ、実は今年は、種をまいたあとに大雨が降り、随分流れてしまった為か、花の咲き具合はイマイチだそうです。
でも、壮大な景色を味わってきました。
暑かった(笑) 久々によく歩きました。

        赤ソバの花

赤ソバ

              赤ソバひめたち

            赤そばパピ

赤ソバぱぴ

赤ソバうらはる

赤ソバ11

赤ソバ


田切の里のコスモスは、正直・・・・・イマイチ。
一面というより、小さな区画に区切られていてあちこちに散在しているので、全部まわるのは・・だし、
たまたま見た所がそうだったのかもしれないけれど、お花の盛りは終わっていたように思います。

コスモス1

コスモス

でも、ちょっと変わったコスモスが見れました。
花びらが丸まってました。

     コスモス城

     コスモスぴんく

この後は、今夜のお宿、こまがねの森さんへ。

ちょっと年代を感じさせる建物ではあるけれど、離れなので、わんこ連れにはとても気楽な所です。
食事はレストランへ移動します(わんこはお留守番)
夕食は¥1000 と¥2000 があり、¥2000のをお願いすると、食べきれないほどたくさんあります。
(写真は一部です)

こまがね食事 駒ヶ根食事1

            こまがね食事1


お部屋で。
時々のぞきに来てくれるあんずちゃん。
あんちゃん

こまがねパピ

ご飯だー!のみゅうちゃん、しゅりちゃん
駒ヶ根ひめ達

じゅりママと遅くまでしゃべっていました。
うらはる一家はそうそうにお休みしていました(笑)
いっぱい歩き、いっぱい食べた一日でした

遊びに来てくれた卒業生・お友達編

この日もたくさんの卒業生、お友達が来てくれました

ヒナちゃん、あられちゃん、大忙しの日でしたね

あられちゃん
あられちゃん

袖のあるお洋服も似合うね
あられちゃん1

お嬢様ヒナちゃんも似合ってましたよ
ヒナちゃん


アスラくん
お座りするには、報酬が必要だそうです
それはそうよね
アスラ


アイスくん
いつもきれいに撮ってあげられなくてごめんね。
あいす

モナカちゃん。
今日はママさん一人で来たから大変だったようです
モナカ


美玲ちゃん
目が悪くなってきた美玲ちゃん。
家の中でとっても元気に走ったりするので、ママさんハラハラしているようです。
みれちゃん


まろんちゃん。
来い色も似合います
まろんちゃん


今日も1匹ずつきれいに撮れなかった・・
ごめんなさい
4わん

ちくわくん

わびくん



3わん


とろろちゃん
とろちゃん


かりんちゃん。
涼しくなってきたからお散歩が楽しいね
かりんちゃん

ちょっと体調崩しているでんでくん。
早く元気にな~れ
でんでくん


ちわわさん


ココちゃん
ココちゃん


クッキーちゃん
クッキー


愛(いと)ちゃん
いとちゃん


イエスくん
イエスくん


ぷーどるさん1


あくびままさん預かりのももちゃん
ぷーどるさん


フィオちゃん
フィオちゃん


はなこちゃん
はなちゃん


バンビくん
いつまでもかわいいバンビ
バンビ

本当にありがとうございました。

来月は名古屋の愛護センターでの譲渡会になると思います。
よろしくお願いいたします。



参加わんこさん、頑張りましたよ♪

お礼とご報告が遅くなり、大変失礼しました

まず、カレンダーですが、おかげさまで写真枠は、完売となりました。
カレンダーができましたら、またお知らせしますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。
ご協力いただき、本当にありがとうございました。



カフェオーレさんでの譲渡会も、無事に終了しました。
のんびりした譲渡会でしたが、皆さんといろいろお話できて楽しかったです。
どうもありがとうございました。

参加わんこさんも少な目

ボス宅から選ばれたロッティ。
ビビリーなロッティは、存在隠していました。
ロッティ1

抱っこすると口があくからなーといいながらボスが抱っこしてくれたら、ホント(笑)
ロッティ

ロッティ2


ぽんた
ちょっと丸くなり、イメージが変わったかも(笑)
ぽんちゃん


モフルン
このところ、サマーカットが定番のモフルン。
こうやってみると足が長い。羨ましい
もふるん


レレ
たぬきチックなレレ。
ウンともスンとも言わず、とてもイイコにしていました。
レレ


菜々緒
元気すぎて なかなか写真が撮れない
ななお


パセリ
パセリも挙動不審(笑)
パセリ


お留守番わんこはパネルにて紹介させてもらっています。
長くいる子も多いです。

パネル2

パネル1


高齢、病気・・
確かに覚悟が必要かもしれません。
でも、どんな子もかけがいのない命。
そう思っていただける方がいてくれたら嬉しいです


スタッフ手作りのおやつ、スリング、服、エコタワシ、おもちゃ、カフェマット

おもちゃたわし

スカート・マナーベルト

おやつ

袋

           服

               スカートベルト

スリング

パンツ



皆さんからいただいたバザー用品には、新品もあります。
大型犬用カートもあります。
掘り出し物もあります。

        バザー服

バザー服1    

カート
           
食器もあります


皆さんのお気に入りがみつかると嬉しいです。

背中にフィオちゃん
重くないのかなと思ったけれど、意外と大丈夫なんですって。
お買い上げ、ありがとうございま~す

背中にフィオちゃん


この日の売上げ

ともnetオリジナル商品  73,400円
バザー            10,050円


皆さまのご協力に、本当に感謝いたします。
ありがとうございました

10月の譲渡会のお知らせ☆

   
           10月1日(日)  11~15時

   岐阜県可児市の ドッグパークカフェオーレさん  



     参加メンバーは追ってお知らせします。

     よろしくお願いいたします。  

9/30  追記
参加メンバーです

★mix・モフルン

★ミニピン・菜々緒 (1時までの参加)

★mix・パセリ (1時までの参加)

★mix・ぽんた

★ポメラニアン・レレ (2時までの参加)

ボス宅からの参加わんこさんは、当日まで確定できず、申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。



ともnet応援よろしくお願いしますプロジェクト

譲渡会情報を一番上に、しばらくは、この記事を二番目固定にします。
最新の記事は3番目からになりますので、よろしくお願いいたします

   カレンダー残り枠、あと少しになりました

   

        ともnet応援よろしくお願いしますプロジェク

      『ともnetオリジナルチャリティーカレンダー2018』

               掲載写真募集!


o1280090814025063761.jpg



      「あなたと暮らす大切な家族(ペット)の写真」を募集します
       (チャリティーのため有料です)
       犬・猫はもちろんウサギ・鳥などもOKです
       先着96写真!



  ☆カレンダーの概要

  見本写真を参照ください

o0854128014025064113.jpg


   A4版仕上がり210㎜x297㎜

   (壁掛け用一穴あり/壁掛け時は420㎜x297㎜)
   28ページ仕上がり(見開き2ページが1ヶ月分/上段に写真、下段がカレンダー)

   ☆募集写真一枠のサイズ たて75㎜xよこ62㎜
     縦横 この比率に入る写真を選んでください。
     写真は縦のものが望ましいです、横のお写真ですと
     被写体が小さくなってしまうことがあります。
     (レイアウト上、こちらで調整させていただく場合がありますので、ご了承ください)
     一枠の中に多頭入った写真でも可能です。
    画質の悪い写真は鮮明に掲載できませんのでご注意ください。
    写真はデータでお送りいただきます。

   ☆掲載写真には、ペットのお名前を載せますのでデータをお送りいただくさいに
     一緒にお知らせください。

   ☆掲載する月は先着順でご希望に添えるように調整いたしますが
     枠数に限りがありますのでご希望に添えない場合はご容赦ください。

   ☆価格   写真枠1枠+カレンダー1冊 代金 ¥3500-(チャリティー代金)
           カレンダー追加 1冊 ¥2500-(チャリティー代金)

           送料 ¥250-

          (送料は冊数に関係なく送付先1ヶ所につき一律です。
          譲渡会場等で直接受け取っていただける方はその旨お申し出ください)



   写真枠のみの販売はお受けいたしかねますので
   1枠につき1冊以上のご購入をお願いいたします。

   お申し込み時に 希望枠数、追加カレンダーの希望がありましたら
   数量を明記してください。

 
 〈例1〉 写真枠+カレンダー 1
      カレンダー   2冊  希望
      この場合、カレンダーは計3冊お届けになります。
      お代金は 3500円×1+2500円×2+送料250円で

      8750円となります。   

 〈例2) 写真枠+カレンダー 2
      この場合、写真枠2(お写真が2枚掲載されます)+カレンダー2冊
      お代金は 3500円×2で7000円+送料250円で

      7250円となります。
     

☆お申し込みから発送まで☆
 
  お申し込みは:メールにて tomonetwannyan@yahoo.co.jp  まで


ともnetが年に一度皆さまにご協力をお願いするチャリティー企画です

         ご賛同いただけるかたのお申し込みをお待ちしております。

   

   お名前、ご住所(住所は正確に、マンション、アパート、団地名、
                               部屋番号も記入してください )
   連絡先電話番号、メールアドレスを明記の上
   枠の数、及び追加カレンダーの有無、冊数をお知らせください。 
 

                ↓
   申し込みメールをいただきましたら折り返し受付確認メールと
   振込口座をお知らせしますので3営業日以内に

   お振込をお願いいたします。
    ※メールの返信には少しお時間をいただく場合があります
    ただし、申し込みから2日たっても返信が届かない場合は


    お申込みメールが届いていない可能性がありますので、

    再度ご連絡ください。

    また、携帯メールの場合等でPCメール及びフリーアドレスからの

    メールを拒否してみえる場合は解除をお願いします
                 ↓
   お振込が確認できましたら必要事項をメールにてご案内いたします。
    (この時に、掲載希望月等のお伺いも致しますのでお申し込み時には
    ご希望をいただいてもお受けいたしかねますのでご注意ください。)   
                 ↓
   データはメールが届き次第お送りいただけますよう前もって

   ご用意ください。
   (お写真の送付が送れますと希望の月が埋まってしまう可能性が

   ございます!)
                 ↓
   カレンダーが完成しましたら発送及び発送完了メールを送らせて

   いただきます。
   (カレンダーの完成は11月上旬を予定しておりますのでご了承ください)
  
  カレンダーのみのご購入希望に関しましては
  
   カレンダーの完成時に再度ご案内をいたしますのでその折に
    お申し込みください。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆  


 保護犬だって、大切ないのち。
 必要な医療はきちんとして、里親さまをみつけてあげたい。
 元気になって、本当の家族のもとへ幸せに巣立って行ってほしい。
 たとえ、ともnetのわんこのままで虹の橋をわたるのだとしても
 最後のその日までは、痛みや苦しみから少しでも救ってあげたい。
 ともnetはそんな思いで頑張っています。
 皆さまの 「いつも応援してるよ♪」 の暖かいお気持ちを

 どうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m


プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク