FC2ブログ

ありがとうございました。

なんだかやる気のない毎日を送っています。
こんな事じゃいけないのに、と思うけれど・・・

多分、結構頑張るタイプなので、人前では弱味を見せたくなくて頑張っていますが、
そして、多分、自分の事等には打たれ強いタイプだと思いますが、
パピは唯一の弱点でした。

飼った時から、年齢的にももう「最後の子」と決めていました。
だから、どんな事でもしてあげようと思っていました。
どんなに医療費etcがかかろうとも、パピにかかる費用は少しも惜しいと思った事はありません。
それが私の生きがいでもありましたから。

前に飼っていた子を心臓病で亡くしてから、パピと暮らすようになってから、
あまりにも自分無知であった事に気づきました。

早期発見早期治療。
ずっと心がけてきました。

でも、腎臓病には勝てなかったのかもしれません。
腎臓が悪くなって2年半。
点滴で命をつないでいたような気がします。

発作の原因はわかりません。
最初の発作から10日もたたないうちの発作でした。

本当は、もっといろいろ書きたいと思って書き始めましたが、やっぱり無理なようです。
文章も支離滅裂で、わかりにくいと思います。
申し訳ありません。


ただ・・いえるのは、
パピは倒れてから4日半、私の為に頑張ってくれたのではないかと思います。

あまりにも急な事態を受け入れる事ができない私に、覚悟する時間を作ってくれたのではないかと。
頑張って頑張って・・
発作を起こした夜は、一晩本当に苦しそうでした。
そして、 最後の夜も少し苦しそうな息をしていましたが、本当に眠るような姿で逝ってしまいました。


もっともっと、私に世話をかけたらよかったのに。
本当に何もしてあげられる事がなくて、ただ、傍について、

大丈夫だよ、ずっと傍にいるよ。
大好きだよ、愛してるよ、

そんな言葉をかけてあげる事しかできなかった。



最期の時まで、私に世話をかける事なく、いい子のまま逝ってしまいました。
だから余計に辛いのかもしれません。
まだ、どこかにいるような気がして、姿を探してしまいます。


     P1180349.jpg


たくさんの皆様に、お心遣いいただきました。
本当にありがとうございます。
元気だった時のパピを・・覚えていてくれたら嬉しいです。

 DSC03412.jpg

P1100295.jpg


スポンサーサイト

ご報告・・・・・

ブログもインスタもご無沙汰してしまっていて・・

正直なところ、まだ何を書いていいのかわからない状態です。
が、簡単ですがちょっと書かせていただこうと思います。


4月6日朝方、私の愛する大事なパピが、16歳10ヶ月の犬生を終えました。


発作を起こして倒れてから4日半。
信じられない気持ちでいっぱいです。


もう少し時がたてば、頭の中も心も、少しは整理できるのではないかと思います。
今はまだ、どうしていいのかわからない状態なので、簡単なご報告になる事、お許しください。


パピと仲良くしてくださった皆様には、本当に心から感謝いたします。
ありがとうございました。


 尚、お花などのお心遣いはなしでお願いいたします。
 今いる子達の為に使ってあげてください。
 どうぞよろしくお願いいたします。

                          mami






4月譲渡会のお知らせ☆

 
  4月1日(日)  11~15時

岐阜県可児市の ドッグパークカフェオーレさん で譲渡会を行います。



参加わんこさんは追ってお知らせします。

3/31 追記
すみません、私は明日、欠席です。
ま、いても何してるかわらかない存在ですが(笑)
スタッフ、参加わんにゃんこ、ともに頑張りますので、よろしくお願いします

では、参加わんこさんです

♪ ボス宅から♪

★ミニピン・B B
★チワワ・晴空
★ポメチワ?・おこめ
★シーズー・笑
★パピヨン・夕
★mix・ビルド
★mix・みの
★ピットブル?・レグ
★mix・アナ
★mix・ジェット
★mix・猫

ピクルスさん宅から ★mix・ぽんた
ここさん宅から ★mix・ロッティ
はるぼんさん宅から ★mix・イロハ
       11時から13時まで参加

ボス宅の笑ちゃん。
この日を卒業式とします(^-^)
最後の勇姿をご覧くださいまし♡

みんなみんな、頑張ります(^O^)/
よろしくお願いします(^O^)/
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク