FC2ブログ

チワワ・じゅりちゃんのこと

前から一度書こうと思っていました。

チワワ・じゅりちゃんのこと

サンジングさん預かりのチワワ・じゅりちゃん
年齢も若く(2~3歳)、チワワだし、決まりやすいと思うから、と可児のボスがサンジングさんに託しました。

なのに・・半年近くなるのに・・まだ、サンジング家にいます(笑)

どうして

時々、小耳に挟みますが、

サンジングさん、じゅりちゃんを手放せないんじゃない

あんなにかわいがられてるのに、下さい、とは言いにくいんじゃない


確かに

サンジングさんご夫婦、本当に本当に優しいんです
どのコもどのコもかわいくて仕方ないんです


預かりさんにもいろいろなタイプがいて、

あまり自分に懐いたらかわいそうだから、と、日々のお世話だけする 人 と

今まで、人の愛情を知らなかったかもしれないし、裏切られたかもしれないこのコ達に、愛情を知ってもらいたいと、愛情いっぱい注ぐ 人

私もサンジングさんも後者

でも、私はあくまで預かりだし、最低限必要なルールはきちんと、と思うので、
結構厳しくする部分もあります。


サンジングさんは・・・間違っていたら訂正お願いしますが・・・

多分、何しても許せてしまうほど溺愛タイプ
こんな事もするかもしれませんが、それも笑って許してあげてください
、みたいな

もしかしたら、これを見て、皆さん怯むのかなと  笑

そこまで溺愛しているなら、里子に出さなくても、と思われるのかもしれません。
前例、ララちゃんがいるし。


サンジングさんが、最近の記事で、自分たちの気持ちを書いています。
まだの方、ぜひ、一度読んであげて下さい。

http://ameblo.jp/gqstk167/day-20090906.html


サンジングさんご夫婦が、

預かりについて教えて下さい
といって、譲渡会に尋ねてきた日のことをよく覚えています。
去年の春です。
ノートを用意して、二人でいっぱい質問されていかれました。

そして、今は預かれる環境ではないので、環境が整ったら又会いに来ます。と言われ、帰られました。

約束どおり、お二人で又、尋ねてきてくれたのは、去年の秋です。


彼女たちは預かりをして、1匹でも多くのコを幸せにしてあげたいと思っています。

自分ちのコにして幸せにするのは、限界があるから、預かりをしたいと。

じゅりちゃんを迎えてしまったら、もう自分たちは預かりができないと思われているに違いありません。


じゅりちゃんは、必ず出してあげたいと言っています。


どうか、そういう目で見てあげて下さい
どんなに親ばか文章を書いたとしても


じゅりちゃん、里親様募集中です

    じゅりちゃん
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク