FC2ブログ

きらら、病院のまき

きらら、3週間お薬を飲んだので、検査の為に病院へ

元気はいいです。食欲もあります。

でも、一週間くらい前から、オシッコを溜めておくことができずに、常時漏れてしまうようになりました。
ですから、ずっとオムツ状態
日中は、10時間はお留守番。
当然のごとく、直面するオムツかぶれ
かといって、どうすることもできず、少々困っています。

お薬はあまり続けるとよくない為に、いったん飲むのをやめますが、
まだちょっとが混じっています。

原因はよくわかりません。
きららに落ち着いた生活をさせてあげる事が一番のような気がします。



お願いがあります。

同じように、下半身麻痺のわんちゃん、ねこちゃん
たくさんいると思うのです。
その方達がどうやって、こういう状況を打破しているか知りたいのです。

私もいろいろ検索してみましたが、
知る人ぞ知る、検索ベタな人なので、ヒントを得られそうなところにヒットしませんでした。
どなたか知ってる人がいましたら、教えて下さい。
過去のものでもかまいません。
少しでも、きららが気持ちよく過ごせるように模索中です。
宜しくお願いします。

きらら1
きらら

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

初めてましてm(__)m

ぃつも拝見させて頂ぃてます。

原因ゎ違うのですが、下半身麻痺のワンちゃんを懸命に介護された方のHPで色々ヒントがあるかと思ぃ投稿させて頂きました。
 Mダックス 海(カイ)のヘルニア奮闘記
URL:
http://www.rak3.jp/home/user/kai2000/

こんばんは。

charmmyさんの所から参りました。
私なりに検索してみました。
お役に立てればいいのですが・・・。
両方とも猫ちゃんの半身不随でパット使用で交換は一日2~3回とか、新生児用オムツよりも小さいオムツを紹介されています。
また、陰部の洗浄についても紹介されてました。
そこでは台所洗剤のボトルを使っているそうですが、私はヘルパーをしてまして、職場で高齢者のオムツ替えの時に使用しているのは500mlのペットボトルにぬるま湯を入れ、キリで上から何ヶ所か穴をあけたキャップをはめて逆さにしてペットボトルを握ると、圧力でシャワーのようにお湯がかかり、それで洗っています。逆さにしただけではお湯はこぼれませんので、これはいいアイディアだなと思っていました。介護現場では常識なのですが・・・。
よろしかったら、お試しください。
では、見つけたサイトを下に2つ記しておきますね。

http://hanamarunikki.fc2web.com/newpage13.html

http://kayomebo.hp.infoseek.co.jp/omutucyuui.html

☆お返事です

*ぁぃゅさん
見ていただいてありがとうございます。
海くんのHP、早速見せていただきました。
すごいですね。
ものすごい気力だと思いました。
いろいろヒントをいただきました。
皆さん、同じような事で悩み、打開策を模索された事、
そして、何とかしてあげたいと思う気持ち、本当によくわかります。
教えていただき、ありがとうございました。

*holyさん
ありがとうございます!
それはいいアイディアですね。
簡単に思える事も、意外と気づかず・・
教えていただいたところ、早速見てきました。
ベビーパウダーも使っていらっしゃるようで、これは友人からも聞いたので、試してみようと思います。
いろいろありがとうございました。

初めまして。
我が家にも同じようなダックスがいます。
我が家のワンにはプルーンを塗っています。
かぶれ・怪我など綺麗に治りますよ。手放せない凄いやつです。
怪我など消毒もいりません。
手抜きができるんです。
もし購入されるなら購入場所をお知らせします。
スーパーなどのプルーンじゃダメみたいです。

*ノンママさん

ありがとうございます!
薬局で手に入るものですか?

いろいろ教えていただき、とりあえず、ベビーパウダー、無漂白ネルなど試してみようかと思っています。
長引くこと(一時的に治っても、再発の可能性もあるだろうこと)、里親様に引き継ぐことなどを考えると、できるだけ簡単に手に入るもので、対処していきたいと思っています。
上記の方法で、どうしてもだめなようでしたら、お力をお借りしたいと思います。
勝手をいいますが、宜しくお願いいたします。

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク