FC2ブログ

犬と猫と人間と

           映画1


先週末、まどかさんと見てきました。
一度観たし・・と思っていましたが、東京で観た時には、泣くだけだったので、
今度はしっかり観たいと思い、お付き合いしましたが。
やっぱりダメでした。
ツライ。ツラすぎる。

柵の向こう側からじっとこちらを見つめる目。
クローズアップされるにつけ、つい目をそむけてしまいました。
いつか、すべての子達の目を見返してあげることができるでしょうか。


時々書きますが、私は避妊・去勢をお勧めしています。
飼い主さんのいる子に、強制はできませんが、
今の日本における彼らを思った時に、
あまりにも処分される命が多すぎること、
飼い主が彼らの命を簡単に考えすぎることを考えると、

単純に、これ以上、命を増やすのはやめて欲しい と願うからです。

この映画を観たら、きっとそう思ってくださる方が増えるはず・・
特に、猫さん・・
野良猫さんを掴まえて、避妊をしてまた元に戻す、という活動を知っていますか?
これ以上、不幸な猫さんを増やさないためにです。

路上でのんびり日向ぼっこをしている猫さんの姿は、本当にかわいいものです。
でも、それは、彼らのごく一部の姿でしかありません。

飢える事もあるでしょう。
寒さに凍える事もあるでしょう。
病気になっても、怪我をしても、誰も助けてはくれません。
そして、虐待を受ける事さえあるのです。

日本における殺処分数は、年間30何万頭と言われますが、
その多くは子猫です。

捨てられている子、野良猫さんが生んだ子、

自分のうちの猫が産んだから、と保健所に連れてくる飼い主。
こんなに飼えないからって・・
その前に、生ませないことは考えませんか?

おねがい

命について、もう一度考えてみませんか。

          映画2

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク