FC2ブログ

動物高度治療

まーくんのところの記事からいただいてきました。
いつも為になる記事がいっぱいで、参考にさせていただいています。

その中から、今日は動物の高度医療についてです。

ワンコさんの病気も多種多様で、人間と本当に一緒だと思います。

でも、人間のお医者様と違って、動物のお医者様の多くは、人間のように「課」ごとに分かれていません。
(特殊な病院もあると思いますが、ここでは一般的に、です)
そう、外科も内科も眼科もすべてを診なくてはいけないわけで、
たとえ優秀な方であったとしても、すべての臨床経験が豊富、という訳ではないと思います。

簡単な治療ならともかく、
ガン(悪性)と診断されたら、きっと、誰もが不安になるでしょう。
それでも、信頼している先生を信じて、すべてをお任せする。
それもひとつの方法です。
セカンドオピニオンを求めるのもありだと思っています。

自分ならどうするか?
それはやっぱりその時にならないとわかりませんが・・

たまたま先日、とあるところで話題になった
日本動物高度治療センター

まーくんのところで見つけましたので、興味のある方、ご覧下さい。
すごいですね。ホント、人間と一緒です。

でも・・ひとつ思うことがあります。
どこまでしてあげる?

まだ若くして病気になり、それが完全に治り、元気になるならどこまでも、と思う自分がいます。
ただ、確率の問題があったり、とりあえず、の治療だとしたら・・
延命治療はできるけど、それが苦痛を伴うものだったりしたら?

すごく考えています。
自分自身が、延命治療を望んでいないので、このコはどうなんだろう?
一日でも長く生きていたいと思うだろうか?
それとも、自分で動いたりご飯が食べれないなら、もういいや、と思うだろうか?
でも、動物は自殺という手段を選べないといいます。
となると、彼らは一生懸命、生きることを望んでいるのでしょうか。


愛犬の考えが聞けるといいのに・・こういう時は、本当にそう思います。
普段もどう思ってるか聞きたいけど、これは、きっと聞かない方がいいに違いないデス。


走る事が大好きなパピ
ボール遊びが大好きなパピ
なにより、
食べる事が大好きなパピ

それができなくなっても・・生きていたいと思うんだろうか?

本当は私の方が先に逝きたい気分。
自分が愛するものを見送るのは、とてもつらい。
でも、それは許されないよね。
愛犬を最期まで看取るのは飼い主の勤め。
誰よりも自分に言い聞かせなきゃ・・

ぱぴ

今、元気なコを前にして考える事ではないかもしれません。
でも、別れはいつ訪れるか、誰にもわからない事です。
考えに考えていても、いざとなったら悩むと思います。
それでも・・・考え、悩んでおくことは決して無駄ではない。
その為に、今できる事、しておかなくてはいけない事があると思うから。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク