FC2ブログ

虹の橋

あるワンちゃんの飼い主さんに送りたいと思います

何か言葉をかけてあげたいのに、悲しみがわかるだけにかけてあげる言葉がみつかりません


彼女にこの詩を・・・・・

そして、悲しんでくれる人がいる事も、そのコにとって、とても幸せな事なのだという事、わかって欲しいと願っています

有名な詩ですが、りんぽぽ&しゃおらんさん のところからいただいてきました



虹の橋


天国の、ほんの少し手前には、
「虹の橋」と呼ばれる楽園があるのです。
この世でパパやママにとても愛された子達は、お別れを迎えると
虹の橋へと向かいます。

虹の橋の、緑の草原と丘の上。
子供達は思いきり駆け回り、友達と一緒に遊びころげています。
美味しいご飯も、新鮮なお水も、温かい日差しもいっぱい。
みんな、とっても気持ちよくて、ご機嫌。

病気をしていた子も、歳をとった子も
虹の橋では、元気いっぱいの姿に戻って
傷ついて動かなくなった手足さえ、元通り。
パパやママの心にある、あの一番輝いていた我が子が
そこには居るのです。

子供達はみんな、満ち足りた気持ちで、
幸せに暮らしているのだけれど
ただ、一つだけ....

そう、一つだけ....

離ればなれになってしまったパパやママのこと
それだけが気がかり....。



それは、いつものようにみんなで遊んでいた日のことでした。
ふいに、ある子が立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳は、キラキラと輝き、その体は、嬉しさに震えています。
突然、その子は仲間達を後にして、緑の草原を駆け出しました。
早く、早く、急げ、急げ。

あなたの姿を見つけたのです。

虹の橋で再会した、あなたと愛する我が子。
その胸に固く抱きしめれば、
もう二度と、離ればなれになることはありません。

懐かしいキスが、あなたの顔に降り注ぎ
あなたは、あの頃と同じように、優しく頭をなでながら
我が子の瞳を見つめ返すのです。
あなたを信じ切って見つめてくる、まっすぐな瞳。
お別れしたあの日から、ずっとずっと片時も忘れることの無かった
愛しいその瞳を。

そして、あなたは愛する子と手をつないで
天国への門をくぐるのです...。



作者不詳
(訳:りんぽぽ&しゃおらん)



Rainbow Bridge

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
When an animal dies that has been especially close to someone here,
that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends
so they can run and play together.
There is plenty of food, water and sunshine and
our friends are warm and comfortable.

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor;
those who were hurt or maimed are made whole and strong again,
just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing:
they each miss someone very special, someone who was left behind.

They all run and play together,
but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.
Suddenly, he breaks from the group,

flying over the green grass, faster and faster.
You have been spotted, and when you and your special friend finally meet,
you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face;
your hands again caress the beloved head,
and you look once more into those trusting eyes,
so long gone from your life, but never absent from your heart.

Then you cross the Rainbow Bridge together...

*Author Unknown*



訳をされた りんぽぽ&しゃおらんさん の言葉です

「虹の橋」について

インディアンの古い伝承に基づいているとされるこの短篇詩は、作者不詳のまま、インターネットの世界を通じ、広く欧米に伝わりました。今では、日本の多くのサイトでも訳され、愛されている物語です。
愛する子を失い、ペットロスに陥っていた時、この優しい物語にであって癒された人は、少なくないでしょう。私達も又そうでした。
愛するわが子との、虹の橋での再会を信じつつ、ここに英語の原文と、拙訳(かなり意訳です(;^-^A)を掲載させて頂きます。


    虹


私も、とても愛していたコが向こうにいます。
いつかきっと会えると信じています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

うちの場合、私があちらに着いた時はちょっとした行列ですな(笑)
なんか想像すると楽しい♪もう向こうで待ってる子もいるし。

*ゆめははさん

私も・・見送った数は数知れず・・
ワンコだけに限らず、ハムちゃんは鳥さんも同じ墓地で眠っています。
でも、あのコは父かな?とか、あのコは息子かな?
とか考えていたら、私は誰に迎えてもらえるかしら(^^)?です。

無心論者ですが、このお話は信じたいです。
いつか会える・・
私も若いときの姿だといいけど無理かしら??

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク