FC2ブログ

保健所に・・・

相変わらず・・なのかもしれませんが、岐阜のあちこちの保健所に、たくさんのワンコさんが収容されています

飼い主さん、探していますか?

それとも、捨てましたか・・・



高齢のポメラニアンの♂と♀

同じ場所で保護されています。

そういえば、違う保健所でも、同じ(ような)場所で保護されたダックスさんとテリアさんがいましたっけ。

いったいどうなってるんでしょう。


お願いです

岐阜の保健所の迷子情報で、この子達の姿は見られますが、

「処分しないで」というようなメールや電話はやめて下さい。

それは何の解決にもならないどころか、業務に支障をきたします。

(飼い主さんか、飼い主さんが見つからなかったら自分が家族として迎えてもいい、という方のみのお問い合わせでお願いします。)




大事なのはそんな事ではないのです。

なぜ、こんなことになるのか。

一度は家族として迎えたのではないですか?


確かに、人間、明日のことはわかりません。

今日、元気だから、明日も元気かというと、その保障はありません。

自分に もしも の事があった時、あなたの大事な家族はどうなりますか?

そこまで考えて動物を飼って欲しいというのは、無理なお願いなのでしょうか。


里親募集をされる子達の理由、いろいろあります

繁殖リタイア犬、多いです
保健所からの保護も多いです
(この中には、本当に迷子だったかもしれない子、繁殖家が捨てたであろう子達も含みます)

一般家庭からの遺棄としては、

●吠える・噛むなど、しつけがきちんとできず、問題犬になってしまった
●引越しの為に飼えなくなった
(離婚なども含みます)
●家族にアレルギーが出た
●飼い主が死去、または入院の為
●経済状況の変化


動物を飼う時には、もしも自分に何かあったら という事も考えて飼ってもらえたら、と思います。

命 を預かるということ、とても大きなことです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ひとつの命と、今後十数年を共にするという覚悟をペットを飼う時に持ってほしいですね。。
「いつ里・・」を見ても、安易な理由で保健所に持ち込まれた経歴などを見ると、本当に悲しくせつなくなります。
嘘をつくことなく、裏切ることなく、一途で純真無垢な彼らが、人間の好き勝手に振り回されているのは腑に落ちません。。。

*せなままさん

たかだか、十何年、でも、考え方によっては長いのかもしれません。
人生、何があるのかわからないのも事実、
縁起でもない事かもしれませんが、
「もし、自分に何かあったら・・」と考えるのは必要だと思っています。
保健所にいても・・きっと最後まで飼い主を待っているであろう、彼らの心を思うと悲しくなりますね。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク