FC2ブログ

ぽぽ・たろ・ふく 家族を募集しています。

二番目に、しばらく、この記事をあげさせていただきます。

本当に困っています。
大家さんも、飼い主として、できるだけの事をする覚悟でいると思います。
どうか、里親募集の3ワンズ、よろしくお願いいたします。

   

(9/2 エントリー)

大家さん のブログをもうご覧になった方はご存じかと思いますが・・



お友達でもあり、ともnet 仲間でもある大家さんが、自分のうちの子の里親募集をすることになりました。

賛否両論、いえ、もしかしたら否の意見の方が多いこと、誰よりも彼女自身がよくわかっての里親募集です。

友人として仲間として、今回の事は、とても残念に思いますが、

彼女と知り合って5年、そして、一人になって2年ちょっとの彼女を見てきて、

5匹のわんこと生活をしていく為に、かなりの努力をしてきたことを知っています。

それでもどうにもならない。

彼女が、心身共に疲れきっているのがわかっていました。


今回、彼女が出した結論。

彼らの為にも里親募集をした方がいい。


この結論を出すにあたって、彼女自身がどれだけ考え悩み悲しんだか。

もちろん、当たり前です。

どんな形であれ、自分のしてきた事の責任を途中で放棄することになるのですから。


大事にしてきたわんこを手放すこと、考えるだけで涙が出るでしょう。

でも、私は冷たく、「同情はしない。この結果はあなたが招いたことなんだから」と言いました。

ここで同情して一緒に泣いてあげたところで、何も解決しない。

大事なのは、5匹のわんこのこれからと、彼女の生活。

もし、手放すことによって、わんこさんが今まで以上に安らぎと幸せを感じることができたら・・

それが一番いいんじゃないか。


今の彼女の心は察するにあまりあります。

が、優しい言葉はかけません。

今は5ワンの事を第一に考えましょう。

泣くのはすべてが終わってから。


今、自分の目の前の命を最期までみてあげられないことに、誰よりも彼女が悲しく思い、傷ついています。


本当に申し訳なく、情けないことかもしれないけど、

今はどなたかの深い愛情にすがり、それぞれのわんこの幸せを願うしか、残された道はないように思います。

そして・・いつか、彼女に余裕ができた時、

別の命かもしれませんが、消されそうな命を救ってもらえたら、と思っています。


そんな彼女を非難するのも、それを応援する私を非難するのも、それはひとつの意見としてお受けします。

ただし、個々にお返事する時間はないと思いますので、それだけはご容赦ください。

そして、今は何より、彼らの幸せを優先したいと思っています。



高齢のキャバリア・ゴーヤ
全盲となってしまったシーズー・じゅん
      は、自分の手元に残すと彼女が決めました。

家族を募集するのは

ミックス・ぽぽ ♀
柴・たろ ♂
キャバリア・ふく ♂


私が知る限りの彼らは

ミックスぽぽは、5年前の春くらいに、子犬の時に保健所から彼女が引き取った子です。

その前に飼っていたわんこさんが外飼いで、あまりかまいもせずにかわいそうな飼い方をしてしまった彼女が、
それを悔いて、今度はきちんと飼ってあげたいと思って引き取った子です。
私がぽぽちゃんに始めて会ったのは、生後1年にならない頃、8ケ月くらいだったかなと記憶しています。

人懐っこいわけではありません。
誰にでもすぐに心を許すわけでもありません。
淋しがり屋さんなんだと思います。いつも誰かに傍にいてもらいたい子だと思います。
わんこさんとの相性も重要です。
    ぽぽ
  ぽぽとたろ


柴のたろちゃん

迷子さんを保護し、飼い主を捜しましたが見つからず。
その後、里親募集に切り替えましたが、なかなか見つからず自分のうちの子として迎えました。
保護当時、フィラリア陽性でしたが、吊り上げの手術、そして薬の投与によりマイナスになりました。
柴の♂ですので、高齢とはいえ、わんこさんとの相性はあると思います。
            taro.jpg

キャバリアふくちゃん
繁殖場からの保護です。4年くらい前の事なので、6歳くらいになると思います。
保護当時は、きっと里親募集も頭に入れていたと思いますが、
かわいくて手放せずに自分のうちの子としました。
現在、手先と胸にハゲができているそうで、ストレスかアレルギーが考えられると思います。

            ふくちゃん
ふくちゃん



彼女自身が今現在、平常心ではないこと、
犬同士、決して仲が良いわけではなく、
また、だからといって、彼女自身がずっと見ていてあげられる状況にない為、
ワンコたちも、それなりのストレスを抱えていると思います。

諸々の事情をひっくるめて、彼らを引き受けてくれる方を捜しています。
本当に勝手なお願いかと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

彼女も自身のブログにて、自分の言葉で綴っています。
あわせてご覧下さい。

大家さん





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク