FC2ブログ

やっとですか?

産経新聞

警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討

2011.4.21 23:48
 福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域設定を受けて環境省は21日、取り残されている犬や猫などペットの連れ出しなどについて対応を検討していることを明らかにした。
 近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、順調に進むよう調整したい。命に関わることなので早めにやりたい」と話した。福島県によると、20キロ圏内にかかる9市町村で、狂犬病予防法に基づき登録されている飼い犬は約5千頭いるが、実際にどれくらい取り残されているかは不明という。
 環境省は、ペットを連れ出せた際の具体的な対応策を日本獣医師会や動物愛護団体などでつくる「緊急災害時動物救援本部」と協議。除染のほか、避難先で飼育できない住民のため、保護先の確保などについても検討を進めている。


以上、コピーです。



おまけに 検討 ですか?

いつ行動に移せますか?


どれだけの子達が、犠牲になったと思いますか。
犬や猫はもちろん、豚・牛・馬・・・

確かに、人間の命は大事です。
人間あっての彼らです。

でも、同時進行できませんか?
人とは別に動くことできませんか?
その為の機関を用意していただけませんか?
もしも、の時の準備をしておいてもらえませんか?


あの日から、もう1カ月と10日を過ぎました。
生きていて当たり前の日数でしょうか。


何にでも、想定外の出来事はあるものです。
100%絶対、なんてあり得ない。


甘いぞ、日本。


原発もそうですが、何にでも、プロフェッショナルはいます。
そういう人たちの力を早期に結集すること。
早期に動くこと。

特に、命に 待った はありませんから・・・


今なお、避難所にいる方たち。
避難所生活にも限界があるでしょう。

家、仕事、家族・・
何をとっても不安だらけに違いありません。

いつになったら収束を迎えることができるのでしょうか。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク