ヘルニア疑惑のパピ

先週の土日とMASUMIさんのセッション見学・セミナー、風の病院とちょっと忙しくしていた私、


そんな中、日曜の朝からパピの様子がおかしくて、
気付いたのは、階段の上り下りを禁止しているので、いつも行く公園での階段も抱くようにしているのだけど、
抱いたら「ヒャイン・・」と小さく悲鳴。

それでも、散歩は普通に歩くので、抱き方が悪かったのかな、と思っていました。

が。
朝食の支度をはじめてもパピが寄ってこない。
見ると、座ったままじっとしてる。

あれ おなかが痛い
に異常はなかったものの、それも疑ってみる。

日曜の午前は、病院に風の予約が入れてあったので、パピも連れていくかなと思いつつ、
コレと言えるほどの理由もないので、様子を見ることに。

といっても、午後からはセミナー参加の為に出掛けるので、
友達に様子を見に来てもらい・・

特に変わったことはないけど、じっとおとなしくしてるという。
これが変なんだけど・・

私が戻っても喜んでくれないし、ご飯にしようかといっても反応がナイ。

少し時間外だったけど、診察をお願いしてみてもらう。


血液検査、特に異常なるものはない。
となると、疑われるのはヘルニア系。
まさか・・と思いながら、とりあえず、ビタミン・コンデロイチン・コラーゲンなどを飲ませて様子見。
(動きたがらないけど、歩けば普通だし、おしっこもするし、口元まで持っていけばご飯も食べる状態)


月曜、とりあえず出勤したものの、心配なので、ざっと片づけて午後から帰ってきました。
様子は変わらず。
私が戻っても喜ばないし、あまり動きたくない様子。

しばらく様子を見ていたけど、心配で心配で
結局、また病院へ。

あまり使いたくなかったステロイドの注射をしていただきました。
薬もステロイド入りのをいただき、様子を見ることに。

帰りのパピは少し元気になっていました。
・・単純なヤツかも・・


次の日からは元気になりました。
朝からおもちゃを持ってきて 投げてくれと。
残念。しばらくはお散歩もボール遊びも厳禁です

10歳になる今まで、サークルに入ったことのないパピ。
ただ今、生まれて初めてのサークル生活をしています。

パピの性格からして、諦めのいいところもあるので大丈夫かも、と思ってましたが、
そのとおりにイイコにしていてくれます

中ではピョンピョン跳ねる事も吠える事もありません。

・・ここまでイイコにしててくれるとは思ってなかった飼い主(笑)
ちょっとパピを見直しました

不満はあるだろうけど(笑) お留守番中はここに入ってもらっています。

ふ~んだかな サークル生活




当分、お留守番時はサークルです。
お散歩も遊びも禁止。
元気になったパピ。
耐えてくれるかなぁ・・

でも、
しばらくはそれで我慢してもらいますよ。
おりこうさんにね。



病気って、本当に突然です。
高齢にもなってきたし、ココロの準備はしているつもりですが、やっぱりいざとなったら慌てます。
冷静にはなれない自分がいました
ハズカシイ・・


人間も動物も一緒です。
年齢、やっぱり自覚しなきゃね。
ココロは若くても体はついていけない。
パピにもわかってもらわなきゃ。
そして、・・・自分にも言い聞かせています。

食欲はバリバリのパピ。
動くの禁止で、食欲いっぱい。
これって・・ああ・・結末が見えるようで恐いんですけど
ちなみに、日曜の体重は4.1kg

元気になってよかったね 元気ですけど



まだ?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あ~そんなところも似ちゃうなんてv-356

ゆうが腰痛める時は
前かがみがちょっと辛そう
遊ぼうとするんだけど
ボールを取りに行かない。
階段を登る時躊躇する

たまに蛍とちょっとぶつかっただけで
キャンって鳴く時があります。

そうなったら、病院ですねv-393
今、行っている病院は
レーザーがあるので、あてて貰い
短期間だけど、ストロイドを使います。

以前、レントゲンを撮ったら
一部骨と骨の感覚が少し狭く
病名を付けるなら
ヘルニアだねって言われました。

まだ酷い状態じゃないと言われてます。

パピ君も今は我慢時だよ~
頑張って早く良くなろうねv-410

*文紅さん

ゆうちゃんが、時々腰を痛めるって見て、あ、パピと一緒って思った。
ほんとに、そんなとこまで一緒じゃなくてもいいのに。

パピは腰を丸めることもなく、ごくごく普通だったの。
だからとても軽いものだと思います。
医者としては、ステロイドを使わず、ビタミンやコンデロイチンでしばらく様子を見たかったみたい。
でも、翌日になっても様子が変わらないパピをみて、私が耐えきれなくて(;一_一)
ステロイドの注射とお薬を、とりあえず1週間。
スーパーライザーという、ガン治療にも使える温熱療法みたいなもので、様子見です。

若い子と違って、ちょっとしたことも見逃せないと思っています。
まだまだこれから何があるんだろう・・と思うと、切ないですが、飼い主としてひとつひとつ対処していくしかないと思っています。
みんなで頑張ろうね。

パピヨンもヘルニアなるんですよね・・


アベルもヘルニアで・・

今回の心臓の件でも・・

心臓病の子何十匹と見てるのに自分の子がなるとパニックになってしまいますよね。

少しの変化も見逃さないようにきをつけなければ・・

*kaoriさん

ヘルニア確定はCTを撮らなくてはいけないようなので、あくまで想定で、
もしかしたら、加齢による腰痛かも(笑)←私と一緒
軽いものだったのが幸いで、もうすっかり元気ですが、
繰り返さないように、十分に気をつけたいと思っています。

元気でも、体は間違いなく年取ってるということ、わかってあげなきゃと・・
心臓に腰にと、まったく人間と一緒ですね。


プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク