久し振りに・・

久し振りに、東日本大震災に思うことを綴ってみたいと思います。


あれから3か月を過ぎましたが、

今だに、避難所生活をする人たちが、9万人以上と言われています。


仮設住宅も、遅くなってしまったとはいえ、着々とできていて、

なのに、空きもあるという。



なぜ?


仮設住宅に入ってしまうと、食糧や物資の配給がもらえなくなるから。

食費、光熱費、日用品いっさいが個人負担となるから。



トイレ、お風呂、プライバシー・・そういった問題よりも、もっと現実的な問題があるようです。



家をなくし、家族を亡くし、仕事をなくし・・・


正直なところ、どんなに考えても、本当にその人達の気持ちをわかってあげられません。


単純に考えたら、回りを気にせずゆっくり寛げる空間が欲しいのではと思っていました。


でも、その先の事まで考えていませんでした。


いったいいつになったら、先の事が考えられるようになるのでしょう・・



○総理がどうのこうのなんて、私にはどうでもいいことのように思えます。

この震災の事に限り、国会議員が一丸となって考えることはできませんか?

無駄な時間・お金を使わないよう、今ちょっと我慢して頑張ってもらうことはできないのでしょうか。

総理が変わったら、すべてがうまくいきますか?

なんだかイジメの世界みたいです。



被災者の人達、いえ、国民の多くはそう感じていると思います。

今、一番大事なことは何か。

一番わかっていないのは、国のおエライ様方のような気がしますよ。



絶対に忘れないでほしいのは、あなたたちの高いお給料は、国民が払っている税金だということです。

国民が苦しんでいる時に頑張らない政治家は、イリマセン。

現地へ行って、皆さんの生活をその目で見、一緒に汗を流したら考え方も変わるのではないでしょうか。



日本の国民、なんだかんだといっても、穏やかですね。

もちろん、それがいけない訳じゃない。

でも、それをいい事に、調子にのらないでもらいたいものです。



今は、ともかく被災地の事を考えて下さい。

幾ら東北といっても、これからどんどん暑くなります。

避難所の暮らしは、もっと過酷なものになるでしょう。





自分たちも同じ生活をしてみたらどうですか?

そうしたら、霞が関でやってるような事はくだらないと思えるんじゃありませんか?



その一方で、

最近は、被災地での明るい話題も聞こえてきます。

でも、その努力は並大抵のものではないと思います。

一人一人が頑張らないと乗りきれません。

被災地の人達は、それがわかっているから頑張っているのです。




あとは、政治家さん達ですよ。

一人一人の力を見せて欲しいと思います。

みんなで協力して欲しいと思います。



テレビや新聞などを見ていて、

今まで嫌いと思っていた人が、いい事言うじゃん。と思ったり、

今までいいイメージのあった人が、なんだ、情けないーと思ったり、

私がその人を見る目が変わりました。

もちろん、私には政治がなんたるもの、なんてわかりません。

でも、興味はあります。

決して無関心ではありません。

なので、テレビでの皆さんの一言一言に一喜一憂しています。

いえ、一喜一怒かもしれません。


そんな中、



今朝のテレビで「復興の狼煙」というポスターの事を知りました。

http://fukkou-noroshi.jp/


一枚一枚のポスターの人々。書かれた一言。

とても胸に迫るものがあります。


あの日から、もう3ヶ月半になろうとしています。

ずっと頑張っているのは被災地の人々。

一日も早い復旧、復興を願っています。





あまりにも情けない現状に、

久々にグチってしまいました!

あくまで私の思ったことでしかありませんから、お許しを



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク