FC2ブログ

パピのヘルニア疑惑、その後。

ヘルニア疑惑があってから、1か月半が過ぎ・・

パピはというと、あれ以来、本犬的にはどこも問題がないらしく、
おもちゃで遊ぶというか、おもちゃを投げてくれといってウルサイ

    ぬいぐるみの取り合い


ずっと我慢させていたのだけど、散歩も行けてないし、
力が有り余ってるようなので、近場に投げて、少しだけ相手をする。
おトシを召しても、遊ぶ事は大好きらしいです。

始めてのサークル生活(といっても、留守番時だけですが)には文句も言わず、
お出かけ前の「ハウス」で、おとなしく入ってくれるし、
私が帰るまでおとなしくしているようで、ハウスの中は、乱れることもない。

このハウス、もともと接地面を結束バンドで止めているだけ。
入口に関しては、これのみ。

   とめ

ハイ。めっちゃ簡易に組み立ててあるだけ。

入っておとなしくしてるからといって、サークルが好きなわけではないようで、
風のように、くつろぎたくなっても入らない。
どこでもゴロゴロ 朝からやる気なし

     どこでも寝れる

          どこでも寝れる1




パピに関しては、すごく苦労した面(噛みつきっこなので)もあるけど、
他に関しては、ホント、楽。
というか、私の生活に合っていると思います。


なぜ、こんな事を書いているかといえば、

犬と生活していく上で、大事だと思うのは、
その人のライフスタイルに合っているかという事。

選べる状態なら、犬種選びから考えて欲しいと思います。

お留守番時間の長いご家庭に、エネルギッシュなワンちゃんはかわいそうですよね。
(お留守の間に、いたずらし放題なら別かもしれませんが)
若く、かつ運動大好きな犬種、力のある大型は、申し訳ないけど、お年寄りの方には無理だと思います。
ビビりなコに、小さなお子様のいるご家庭では、どちらも負担が大きいでしょう。


我家の場合は集合住宅なので、吠えられる事が一番、私のストレスになります。
マーキングも噛むことも、嬉しくはないけど、順列からすれば、

我家で困ることの一番は、①吠えること
そして、現状では、パピの事を考えて、②元気すぎること ③べたべた甘えん坊タイプ

我家の条件は、皆さんとはずいぶん違うような気がしますが、こんな感じです。

皆さんが住んでる住環境や家族構成などによって、この順列は違うと思うんです。

皆さんも、一度考えてみませんか?
そして、困る事があるのなら、早めの対策をお願いします。

少しくらいなら と思う事が、のちの飼育放棄ともなりかねません。

里親募集をするわんこ達。
今は、世の中事情もあるのかもしれませんが、飼育放棄 という言葉がとても目につきます。


おまけに。
最後に、パピに陳謝。

10歳になったパピ、
いつまで一緒にいられるかな、と思うことも、正直あります。
でも、その日が一日でも先である事を願いつつ、一日一日を大切にしたいなと思っています。


・・て、いつも思ってるけど、ごめんね。
犬が苦手なあなたなのに、犬の預かりをするママって・・
いい加減、慣れろよ、というママの期待もムダなのか


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク