さば勘クン!

まだ覚えていてくれる人も多いかな
あの(笑)さば勘クンがトライアルへ行っていて、正式譲渡となったそうです
家族ができたんですよ

嬉しい、嬉しい、嬉しい

幸せになる為に、保健所から出てきたベア君(当時の名前)

ちょっと回り道をしたけど、今回、とてもいいご縁が結ばれました。



短い間にどんどん変わっていった彼を見ていて、

実は、逆に、預かりすることの難しさを感じてました。

もちろん、さして問題のない子ならいい。
愛情とある程度の時間があれば、普通に馴染んでいってくれます。

でも、ちょっと問題のある子を素人が扱うのは、本来やっぱり難しいと、
今回、風の事で痛感しました。

自分が痛い思いをするのも悲しい思いをするのもかまわないけど、
もしかしたら、それは間違ったやり方かもしれない。

実際、私はかなりの思考錯誤で、途中でやり方を変えたりして、風にとっては?だったと思う。

問題児を扱うには、まだまだ力不足。


その点、さば勘クンは迷いない預かりさんの元で、本当に短い間に成長したと思います。
もともとの性格をきちんと見極めて、正しい接し方をしなきゃいけない。

自信も必要です。
預かりがフラフラしていたら、わんこはどうしていいかわからない。
この点、ものすごく反省しています。

なにはともあれ、今日はさば勘クンの幸せを祈ってカンパイ
jinoさん、お疲れ様。
私もいい勉強をさせてもらいました。
ありがとうございました。


幸せにね ちらっ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

mamiさん、こんばんは。

私こそ教わった事多かったですよ!
mamiさんは人を繋ぐ人だなと思いました。私には無い能力です。

これ↓ますみさんに頂いた教えです。mamiさんは既にやっていらっしゃってると思います。

噛み付く。。。を「修理する」のではなく、一匹の噛み付き犬から、状況判断、心理の分析、噛まれないには。。。どうやったら噛み付く状況をつくれるか・・・カルテは作ることができます。

これが分かるだけで、譲渡はとても楽になります。譲渡先だって選択できるし、譲渡先への「取り扱い説明書」的なアドバイスができるわけですから


今回も色んな事で迷って判断が遅れ、さば勘の心を一人にした時間がまだまだ長かったと思います。でも、里親さんには、状況説明や対処などの「取り扱い説明書」はあげれたと思ってます。全ての事がクリアーにならなくても愛し続けてくれる方を探す、、のが預かりの最大の役目かなと・・・。バシバシ問題点が直せたらそれに越した事はないんですがね~~~(^^;

まだまだワンコは続くでしょうから頑張りましょ!

記事、ありがとうございました!!

*jinoさん

わざわざありがとうございました。

私には犬の心理、難しいです。
まだまだ経験不足、勉強不足のようです。
私の方がどこかで妥協しているような気がして、自分で情けなくなったりします。
きっとそういうのも見透かされてるのでしょうね。

でも、間違いなく勉強になりました。
その子を理解したい、という気持ちも強くなりました。
どうか、この気持ちが今後役立ちますように(祈)状態です(笑)

今後も何か行き詰りましたらご指導くださいませ。
よろしくお願いいたします。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク