ルミナリエ~神戸の旅

見ている時は、ああ・・きれい。
と思います。多分、それしか考えていません。

でも、ルミナリエがなぜ始まったかを考える時、阪神大震災を思います。


阪神淡路大震災の犠牲者への鎮魂の想いや、街の復興の願いも込めてはじまったルミナリエ。
今年のテーマは、東日本大震災の被災地の復興への思いを込めた「希望の光」だそうです。



エントランス ルミナリエ入口
ルミナリエ3
ルミナリエ1
ルミナリエ

光の回廊を歩きながら、後ろを振り返ってみました。
     入口裏側から

回廊を歩きながら ルミナリエ2

         ルミナリエ4

出口が見えます 出口近く

東遊園地にて 公園

  公園2

募金箱があります 募金箱

噴水広場にて。水面に映っています 写っています



いっぱいの感動をありがとう。
また来年も開催されることを願っています。



ボランティアさんが、あちこちで100円寄付を受け付けています。
応援グッズあり、クジもあります。

私たちみたいに、ルミナリエ目当てで訪れる観光客も多いと思います。
観光客が増えれば、神戸に落とすお金も多いハズ

宿泊費、食事、おみやげ代、
ポートタワーにも登ったし、六甲山夜景ドライブ、ランチクルーズ・・・

どうか、神戸の復興と、亡くなった人たちの為になりますように。

同じ思いで、3.11の被災地も復興してくれる事を願っています。


旅の楽しかった記録です。
神戸に興味を持っていただいた方、こちらから



北野異人館街並み、X'masですね。

              神戸北野2

   神戸北野3

      神戸3

          神戸4

     神戸北野

   神戸7

        神戸1

    神戸2


うろこの家の屋根にも 神戸5

今年は、なでしこジャパン神戸6


風見鶏
神戸へ来た、という実感が湧きますね。
    風見鶏

        風見鶏2

坂の多い街並み、上るのはへーへー(笑)
でも、お店がいっぱい並んでて、帰り路は歩きながら買い物をしてきました。

ステキな靴がいっぱいで、欲しかったけど、サイズがなかったり、ここからブーツを持って帰るってどうよ
それに、我が家の玄関・・ブーツがいっぱい並んでて・・
あれを履きつぶしてからよねー。 なんて、欲しい!という気持ちと葛藤して諦めました



ルミナリエを見に行く時間を少し遅くして、
六甲山からの夜景を見に。

ミニドライブという2時間弱のコースがタクシー会社にあって、それをお願いしました。
説明もしてもらえて、これはお得感いっぱい

      六甲 夜景


その後、ルミナリエを見に。

1時間は並びましたが、前回行った時と違って、列がどんどん進んでいくので、これなら又見たい、と思ってしまいました。



翌日のメインは、コンチェルトに乗ってランチクルージング
明石大橋海峡の見えるところまで行って、Uターンする2時間弱のコースです。

●○重工が潜水艦を作ってるところだそうで~す
104億とか言ってたかな
さすが高いですね

     潜水艦作ってます

穏やかな海でした海

遠くに明石海峡大橋が見えます 明石大橋がみえます

      明石海峡大橋1

    明石海峡大橋

中華のバイキングをチョイスして、食べた食べた(笑)
食べてる途中で思い出し
    ランチクルーズ


ピースボート・オセアニック号が停泊中でした。
簡単に説明すると「観光地巡りでは味わえない本物の異文化交流を体験できる地球一周の船旅」ができる船。だそうです。


船旅、あこがれますが・・無理ですねー

     ピースボート

オリエンタルホテル+アスカⅡおりえんたるHとアスカⅡ

同じシルエットなのがステキ

そこに+遊覧船 +ゆうらんせん


ちょうどお昼の出港だったので、クルージングの前と後は、あちこち見て回りました。

メリケンパーク 1メリケンパーク

     メリケンパーク


中華街

こうべあークン  中華街ぶーさん

       肉まん



いつまでたっても、のんびり、という旅ができず、時間のある限り、歩きまわる旅。
今年の締めくくりに楽しんできました。

この後は、仕事仕事の日々にうんざりする事になるので、いい息抜きになりました。
神戸って、ホントお菓子の街。そして靴(笑)未練がましい

来年はどこに行きましょう。それを楽しみにガンバリマスか



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク