迷子のペキニーズ

気になる情報をいただきました。

愛知県の某センターに収容されている迷子犬の件です。

保護日・場所:1月30日 豊川市一宮町砥鹿神社境内

犬種:ペキニーズ、オス(去勢)、白(一部薄茶)、緑茶の胴輪、両耳に水色リボン



噛むという行動が見られるため、収容期限が切れた段階で、センター側は殺処分と決めたようです。


でも、きれいにトリミングされてる状態で保護されている事から、迷子だけど、探し方がわからないのではないか、との
回りの方の要望があり、1週間の猶予をいただきました。
この期限が2月14日です。


もし、飼い主が見つからなかった場合、引き取るので、センターから出してほしいとの要望をセンター側が拒否した、との情報もあります。

ただ、別の方のブログでは、センター側との交渉の結果、もしかしたら助けられるかも、というように話もされているようです。


正直なところ、私はどの方とも話したことはありませんので、本当の事はわかりません。

ただ、こういう例はよくあることなので、それに関して書かせてもらえれば、と思います。


見るからに汚くて、ずっと手入れされてなかったね、という状態で保護される場合が多いですが、
きれいにトリミングされてお洋服も着てるし、きっと飼い主さんが迎えに来てくれるよね、

というような状態でも、お迎えのないことは多いです。

逆の場合もあります。
こんなに汚れてるし、かなり高齢だし、お迎えないかもね、と思ってると飼い主さんがお迎えに来てくれたり。


実際のところ、見た目判断はできない、という事です。

そして、もしかしたら本当に探してるんだけど、探し方がわからない、という方も実際にいるようです。
近隣にポスターは貼るかもしれない。
でも、警察はともかく、センターや保健所までは気が回らないという人たち。

そして・・残念なことに、いなくなったらなったでいいや、感覚の人達もいるのです。



こうやって話題になると、その子をなんとか助けてあげてください、というメールや電話が役所に入ります。

当然ですが、役所はその応対に時間がとられ、通常業務に支障をきたします。


これはいいことなのか? いけないことなのか?

私も何年か前までは、その攻勢組だったのですが、

今、ボラさんの立場を考え、役所やセンターの人達の事を考えた時、
それは決していいことだとは思えなくなりました。


もちろん、本当にその子の事を考え、
自分で引き取りたいとか考えてる人は別です。

でも、ただ、かわいそうだから処分はやめて下さい。だけのメールや電話はどうなんだろうと。

処分しないなら、それからどうするか、そこまで考えなければ、その一件は終わりにはなりません。
終わりにできないような中途半端な抗議は、どうなんだろうと思います。

そして、それは本当にその子の為に考え、行動している人たちの足を引っ張ることになるのでは、と思っています。


私だって、1匹でも多く、助けてあげたいと思っている一人です。
ブリードレスキューの人達が動いてくれてるなら、これほどありがたい事はないと考えています。


センター側がどんな判断を下すのか・・
このペキニーズの命が明日につながることを、私も望んでいます。



詳しくはこちらで 

http://ameblo.jp/sisimarumaru/



本当にお願いです。

心からあなたの子を大事に思うのなら、迷子札、鑑札など、

保護した人が、その子の身元がすぐにわかるようにつけてあげてください。

(チップもありますが、まだまだリーダーが普及していないのが残念ですが、災害時には役立つと思います)


そして、簡単に捨てない、迷子にしないようにする為には、何よりも飼い主の、動物に対する意識向上が求められると思っています。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク