太田康介写真展

見てきました。

太田さんのブログを見ていて想像がつくものだから、入る前から涙ぐんでたワタクシ

せっかく、カメラマンの太田さんが自ら、ビルの入口に立っているのに、行きも帰りも挨拶なんてとんでもなく、
帰り際に笑顔で見送ってくれた太田さんに、お辞儀をするのがやっとでした。


動物たちに変わって訴えてくれた事・・
せめて、その感謝の一言を・・と思っていたのに・・



もう一年になろうというのに、この国は何してる?

家族同然に暮らした命を置いていかなくてはいけなかった人たちの事を、本気で考えてくれた事があるのだろうか。



一時避難に動物を置いて行け、という行政は、

きっとその命、身捨てていけと言ってるって事ですよね。




まだ終わりじゃない。


まだ生きて苦しんでる命がある。



私たちにできることは、この現実から目をそらさないこと。



被災地動物情報のブログ

  ↓

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/

たくさんの情報が載っています。

ただし、寄付、拡散などは、ご自身で判断してください。



もうひとつ・・

「災害時のペット対策を義務化、動物愛護法改正へ」 (2012年2月26日12時49分 読売新聞)


 大規模災害時にペットだけが被災地に取り残されることのないよう、環境省は動物愛護法を改正し、自治体に対処計画を義務付けることなどを盛り込む方針を固めた。

 議員立法の形をとる改正案では、都道府県が定める「動物愛護管理推進計画」に災害時の対応が盛り込まれるほか、〈1〉各自治体が委嘱する動物愛護推進員に、飼い主と行政のパイプ役を担ってもらう〈2〉既存の愛護施設で災害時を想定した人員配置をする――などが追加される見通しだ。
 環境省動物愛護管理室は「地域防災計画でペット対策を盛り込んでいる自治体は多いが、取り組みには濃淡がある。法改正で日頃から備えるきっかけになれば」としている。



皆さんも、自身の地元がどういう対処をしてくれるのか、もしも、の時の為に確認しておいたらいかがでしょうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昨日トレーラーハウスでお話していた写真家の方、この方です。
本屋さんで手に取る度に、やっぱり私には見れないと本棚に戻していました。
でも、寄付になるのなら。。買います。

*かあしゃん

やっぱりそうでしたか。
本はいまだに開けずにいます。
多分、今も現地は私の想像以上だと思います。

今の私にできる事・・
こんな事しかないのは悲しいですが、何もしないよりはまし。と考えるしかないのかな・・
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク