7月10日

昨日は、パピの前に飼っていた私の大事なワンコ、ベルのお誕生日でした。
ベルが来た日を、まるでその時のように思いだせます。
タワシみたいな毛で、猫でいうサビみたいな毛色のちっちゃなちっちゃなコでした。
ビックリする事に、ノミがいっぱいいました。

今から20年以上も前の事で、
当時の私はまだまだ適正な飼い方、なんて考えたこともなくて、
ただただ、動物が好きだから、いつも誰かが傍にいた。
そんな感じでした。

本当に反省することがたくさん。
ベルは12年前に心臓病でく亡くなりましたが、
もっと早く気付いてあげられなかったのか、本当に悔やみました。

きっと、どれだけ頑張っても後悔はするんだと思いますが、
でも、この時の後悔は大きかった・・



犬はちっちゃな時からいつも傍にいたので、
いることが当たり前、くらいに考えていて、
何も深く考えた事はありませんでした。
私にもっと知識があれば、ベルはもっと長生きできたと思うのに。

ベルは本当に頭のよい子で、彼に何かを教えた、という記憶がありません。
とても気持が通じる子で、自分で判断できる子だったと思いだします。

茹で卵の殻を上手にむいて、白身をぺっぺっ!し、黄身だけを上手に食べていました。
彼との思いではいっぱいあります。


ただ、ベルで、
ひとつだけ失敗したと思ったのは、
留守番が必要のない家だったので、彼は一人では待てなくなった。ということ。

人間、どんな時に環境が変わるかわかりません。
どんな場合でも対応できるようにしてあげなければいけない、
ベルの事で強く反省しました。


今の我が家には、留守番は必須です。
預かりっこを出す時に、
お留守番ができるだけ短い家庭、を希望しますが、
ずっと一緒にいてほしい、そういう事ではないことも伝えます。

逆に、する必要がない家では、あえて留守番させる機会を作って下さいとお願いします。
人依存症になってしまっては、その子がかわいそうだから・・
これがベルの時に反省した事です。


ベル。
もう一度会いたい。
そう思う気持ちはとても強いです。

いつか会えるその時まで、もうちょっと待ってて。
お墓参りのたびにそうお祈りしています。


    ベル

    うちに来てくれてありがとう。
    私と一緒の時間を過ごしてくれてありがとう。

    今は亡きベルだけど、あなたのお誕生日は、私とあなたの大事な Anniversary
    おめでとう、ベル。


       ベル

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク