FC2ブログ

考えて欲しい事

コメントを読んでくださった方はもうお気付きだと思いますが、
モナミママさんは、長野県松本市にある松本保健所に保護されている、ミニチュアダックス推定年齢16歳の女の子をなんとか引き取りたいと考えました。

おなかに腫瘍があるそうで、これは良性だか悪性だかわかりません。
最期は暖かい寝床で、という彼女の思いに心打たれました。
1週間期限を延ばしてもらったダックスちゃん。
なんとか引き取れないか、と保健所にメールしたらそのお返事に
「引き取りたいという方がいましたので、残念ですが、ご希望にそえません」との事。
良かった・・どんな方が引き取ってくださったのかわかりませんが、モナミママさんは福岡です。
長距離移動を考えると、本当に良かったと思うのです。

心ない人も本当に多いけど、優しい人もいっぱいいる。
世の中まだまだ捨てたもんじゃない。そう思える一瞬でした。

モナミママさんの所には、昨年、愛護団体さんから引き取った下半身不随のモナミ君と、二匹のダックスちゃんがいます。
彼女は、高齢で病気を持っているダックスがこのまま処分されるのを見過ごす事ができなかったのだと思います。

そういえば、私も2年くらい前になるのかな?札幌の保健所にいるパピヨンを出してあげたい、というアヤちゃんとやりとりした事がありました。
このパピヨンも高齢で片目が緑内症の疑いがあり、見えていない可能性がありました。
ギリギリまで待って、誰もいなかったら・・とアヤちゃんが保健所に電話した時には、パピヨンちゃんは引き取られていました・・
この時も嬉しかった!アヤちゃんと泣きながら電話で話しをしました。

犬種を選ぶなんて、と思われる方もいらっしゃると思います。
こういう事に嫌悪感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
犬は犬に違いありません。私も犬は皆好きです。
でも、やっぱり自分が今飼っているパピヨン、そしてずっと好きで飼っていたポメラニアンだったりすると余計心が痛みます。
なんとかしてあげたい、と必死になってしまいます。
こういう思いも、ひとつの命を救う事に繋がるのではないでしょうか。

どんな事情で手放さなくてはいけなくなるのかわかりません。
せめて自分の身勝手で捨てたりするのはやめましょう。
動物を飼うという事、楽しい事ばかりではありませんし、かわいい時ばかりでもありません。
理解して飼って欲しいと思うのです。


珍しくカメラ目線

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ダックスの件取り上げて頂き有難うございます。

・・・・あまりに高齢で、腫瘍もある・・・絶対引き出されることはないだろう。そう思うと、いたたまれない気持ちになり何とか我が家にと思いました。引き出してもらえる子は、ほんの一握り。これが今の現実です。冷たいコンクリートの上で恐怖に怯えながら苦しいガスで死んでいく子が沢山いて皆を助けられない。
我が家にいる11才のダックスも虐待にあい、処分ギリギリで引き取った子です。下半身不髄のモナミも人間の手によって自由を奪われました。
どうか、命を大切にして欲しい。裏切らないこの子達の生涯を幸せなものにして下さい。

今回マミさん、私の友人、私の母、沢山の人たちに心より感謝致します。

ほんまにその通り

ピース!(v^-^v) ピース!ダックスちゃんよかった、よかった。

生きている子を物のようにポイ捨てする気がしれませんね、ほんと。もう少し命というものの重みを感じてほしいです
ペット産業が流行り。ただ可愛いから、子供が欲しがるから、あるいはステータスだからと安易に考えて飼う人が多すぎます
彼らの寿命は短いんです、飼うなら最後まで責任を持って看取れる・・そこまでの覚悟は最低限持っていて欲しい。

最近TVではまた純潔種のMIXを今年の流行り!!と言って取り上げていました。 「流行り??冗談ちやうわ!!」と一人TVに突っ込みいれてました。流行りでペットを飼われちゃたまりません。
もう少しTVでも死んでいくいや殺されていくペットを真剣にとらえてくれることを期待しています。
今回のダックスちゃんのことはつい最近老犬迎えたものにとっては人事ではありませんでした。
私もサブを迎えることを快く承諾してくれた家族に感謝!です
まだまだ引き取り手を待って死んでいく子がいる現実
何とかできないんでしょうかね~~辛いです。

よかった!ダックスちゃん、引き取り手が見つかったのですね。
嫌な事件や記事が多い中、こんな風にひとりのダックスちゃんに心寄せる方が何人もいらっしゃるなんて、救われた気持ちになりました。
私もパピヨン、ポメラニアンの収容犬を見ると、どうにかならないものかと悩んでいます。きっと、どの犬種のあるいはMIXちゃんでも自分の子に似ていたりすると気になっているのでしょうね。
ピコちゃんは先天性の奇形で前足が半分しかありません。こういう奇形の子なので、自分の家で生まれた子なのでは?と想像しています。赤ちゃんの時から、3本足で頑張っている姿を見てきた家族が、なぜ捨てられるのだろうか、とどう考えても納得いかないです。
でも、避妊手術もしていない飼い主なので・・・。
東京の保護センターもGW前後かなりの数の子が入っていますね。どうにか命がつながるといいのですが・・。

mamiさん、ご無沙汰してます。
実は、モナミくんのこと、里親募集をしている頃から知ってました。
とっても気になっていて、それからしばらくしたらmamiさんのブログで里親さんが決まったことを知り、とても嬉しく思っていました。
でも、忙しくてなかなかコメントができず、今日まできてしまいました。ネットの世界、色々怖いこともあるけれど、こうしてモナミ君の幸せを知ることができ、そして、また新たに消えそうだったダックスちゃんの命がつながったことを知ることができ、なんだかとっても暖かな気分です。
みるくも、ネットの里親募集で我が家に来ました。現在、クッシングの疑いは晴れたものの、ポメ特有の原因不明の脱毛症と診断されましたが、彼女はとても元気♪♪ こんなにカワイイ子を捨てた元の飼い主、本当に許せないし信じられない…。明らかに『人間の身勝手』で捨てられたのですから…。
毎日毎日捨てられていく子を見るのは本当に辛いです…。

mamiさんごめんなさい・・笑顔がなんか顔怒ってたね(笑)

ダックスちゃんよかった~

今回年がいってるみたいなんでどうやって福岡まで運ぼうか?とか考えていましたが・・

優しい方がいて本当によかったv-426

最後まで見られなかった本…

たまたまどうぶつたちへのレクイエムを眼にする機会がありました。つらすぎて最後まで見られませんでした…。それと同時に命の重みを感じずにはいられませんでした。

よかったですねダックスちゃん
収容されているコを見ると本当に胸が痛みます
幸せになって欲しい どの子も
近所の子にみかんいくら?と聞かれました みかんは売っていた子じゃないこと 繁殖犬だった事等をはなしました
どれくらい通じたかはわかりませんが みかんを見て
犬はペットショップだけで購入するものでなく みかんみたいな子達が
まだたくさんあたたかい家族をまっているかを伝えたかった
友達に言ったら「ああいう所の犬って病気だらけでしょ」といわれました
確かに歯はないし運動も満足にしてなかったみたいで
動きも鈍い  トイレも子犬に比べたら覚えも悪いし
成犬からだとなつかないとでもおもうのでしょうか

みかんの話をするとみんなびっくりします
繁殖場にいたとは思えないらしく
みかん人なつこいしおとなしいしみかんを見て
子犬でなくてもと思ってもらえればと思います
そして不幸な犬が1ぴきでも減ってくれれば
今の私に出来る事は何なんだろうと思います

良かったですね。
健康で若くあれば里親さんが現れると思っていたら不健康で老犬であるがゆえに里親さんが現れた。。。
皮肉なことですが、人それぞれ考え方がありますものね。
ただ、どうせ引き取るなら若くて健康なワンちゃんをと思うのが人情です。モナミちゃんのママは素晴らしい方ですね。

mamiさん、犬種にこだわるのは別に悪い事では無いと思います。mamiさん達にはパピヨンを飼っている方同士の情報がたくさんあると思います。そして、やはりパピヨンを飼っている方は同犬種どうし預かったりもしやすいし、飼い方も判っている。その犬種に愛着もあるので愛護精神などに目覚めていなくても里子にしてくださる場合もありますよね。
ブリードレスキューって良い面の方が多いと思います。
でも、あまりそれに固執しすぎても良くないですよね。。。
その辺がちょっと難しいです。
(すっごく気持ち判ります。)

ご無沙汰しています!

センターを訪問された方のブログなどをみると本当に胸が痛みます
正直、まだ見れていないものもあります
高齢で腫瘍があって・・・でも、迎えたいと思ってくれた方が少なくともお二人もいてくださったことがとても嬉しく思いました
助けられなかった子達の分まで幸せに過ごしてほしいと思います
このような記事をUPしなくてもいいような世の中にどうしてならないのでしょうね

☆お返事です

*モナミのママさん
「裏切らないこの子達」・・本当にそのとおりです。
私達が粗末に扱わなければ、この子達は決して裏切ることはありません。
たとえ、モナミ君のような身体になってしまったとしても、愛情があればあんなに生き生きとしているのだと、痛切に感じました。
これは、少し前にモナミ君をテレビで見て、そして先日まぁさんのHPでモナミ君の写真を見て、痛切に感じました。
どんな身体でも愛情さえあれば、この子達に必ず思いは伝わります。
ダックスちゃんも殺処分寸前だったのですね。
モナミママさん、すごいです。

*litaさん
テレビなどのメディアは、やはり言葉を選んで欲しいと思います。
こういう言葉に煽動される人もたくさんいるのですから。
空前のペットブーム、この言葉に象徴されるように、こんなに犬のことが話題になる時代はなかったのでしょうか。
だからこそ、番組の内容にも力をいれて欲しい。
ただ、飼うことを煽るような放送ではなく、正しい飼い方の指導であったり、今の現状を正しく伝えてくれるような番組があってもいいと思います。
でも、これには、私達視聴者の意見も大である事を忘れてはいけないと思っています。
疑問をもつような番組、共感できる番組、それぞれあると思うのです。電話・メールなど、これも私達にできることだと思います。

*ラビペンさん
ピコちゃん、どういう経緯だったのでしょう。
本当に今さら、です。何年か一緒に過ごしてきた家族があったはずなのに。
「迷子」という言葉も常に頭においていますが、だったら迷子札や鑑札は?と。
大事な子なら常につけておいて欲しい・・彼らは一人では帰ることができないのですから。
長いお休みの前には、センターの子が増えると聞きます。
信じたくないですけど、旅行だったりして面倒がみれないから。と。
何かない限り、センターのHPを見れない情けない私。
見ても助けてあげられないのですから・・と思ってしまいます。

*ぶぶさん
みるくちゃんもはっきりしませんね。
でも、元気が何より。ハゲだって脱毛症だって、そんな事は問題外です。
今、目の前にある笑顔がすべて。私はいつもそう思っています。
この子の笑顔を守る事が、飼い主である私の勤めだと。

*かおりん
ダックスちゃん、本当に良かったと思っています。
私なんか飛行機まで調べてしまったよぉ~(笑)
北九州には学生時代の友人がいるから、何十年(^^;)ぶりかで会えるか?とか、
セントレアから初飛行がいいかな~とか!
実際にそんな話となったら、あわてふためくんだろうけど(笑)
でも、こうやって気にとめてくれる人達がたくさんいて、本当に救われる思いでした。
かおりんもありがとうね。でも、又会えるチャンス逃したかも(+_+)

*大家さん
「どうぶつたちへのレクイエム」
初版を手にしたとき、私もずっと見れずにそのままにしていました。
表紙の写真の子の目が焼きついて離れませんでした。
すごく泣きました。彼らが何をしたの?こんなふうに扱われるなんて。
彼らの瞳はまっすぐに私達を見ています。その目をそらさず見れる人間でありたいです。
ぽぽちゃんも、大家さんのところに来なければどうなっていたかわからない運命だったんです。
この分かれ道は誰が決めるの?残酷です。

*ひなさん
みかんちゃんが繁殖リタイア犬である事、だけど、今は家庭犬として立派に順応しつつある事、それを伝える事も素晴らしい事だと思います。
確かに、躾がしにくい部分もあるかもしれないけど、決してできない訳でもない。
懐かないどころか、彼らは愛情に飢えていると思うので、可哀想に思えるくらい従順なような気もします。
そして、愛情を持って接してあげれば、この上もない笑顔を見せてくれるでしょう。
子犬も確かにかわいいです。でも、成犬だってかわいい!
愛情持って接してあげれば、必ず答えてくれる彼らほどかわいいものはありません。
それを多くの人に知ってもらいたいです。

*かあしゃん
本来、純血種というのは、目的を持って作られてはずですから、
その彼らの特性を十分に理解してあげる事、
成犬から世話するとなると、特に必要ではないかと思います。
そういう意味ではブリードレスキューはとても素晴らしいと思っています。
私は大賛成で、もっとこういうレスキュー団体が増えて欲しいと思っているくらいです。

*陽子ちゃん
久しぶりです(^^)
今、保護された子のうち、明日に繋がる命がどれくらいあるのでしょう。
殺処分される子の何%になるのか・・
行政がこの発表をするだけでも随分違うと思うんです。
まだまだ知らない人が多すぎますよね。

随分、ご無沙汰してしまいました。。。v-356
やっと、お友達サイトに遊びに行ける余裕が出来てきました!

ダックスちゃん、よかったですね(^.^)
モナミママさんも、今回ダックスちゃんを引き取って下さる方も
本当に素晴らしい方ですね。

人にも動物達にも、自然環境にも優しい思いやりのある世の中に
変えていくのは、やっぱり人間にしか出来ないことだから
少しでも、自分の出来る事は何かと考える事って、本当に大事な
ことですよね。

☆美加さん

少しは落ち着かれましたか?
お忙しそうだったので、ブログへのコメントも控えていました。
お返事が大変かと。ホラ、私、優しいから(笑)

松本のダックスちゃんが一件落着かと思ったら、大阪でも・・
なんだか信じられないです。
最近、ブログを書いててもため息ばかりです・・
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク