はなちゃん

繁殖リタイア犬のはなちゃんは、変わった毛色をしてますがポメラニアンです。

    wakeup.jpg


つい先日、明日、8歳のお誕生日を迎えます。とママさんからメールが来ました。
はなちゃんのお誕生日は、2月11日です。
毎年この時期になると、必ず連絡をくれます。

この春で、繁殖犬をリタイアして4年。
我家を卒業していったのは、4年前の夏です。

とってもビビりなはなちゃん。
何もかもが恐くて仕方なかったはなちゃん。
そんなはなちゃんもすっかり家庭犬としての自信にあふれていますね
今年の写真には貫録さえ感じます

はなちゃん、あったかくなったら会おうね。
ママと約束したよ


・・・トライアル当日、私がいなくなった玄関から動かなかったというはなちゃん。
けど・・・もう・・すっかり忘れているに違いない(笑)

 bedroom.jpg

 sleep.jpg


はなちゃんがトライアルに出たのは夏の初めだった記憶がありますが、
2月つながりで・・
2月にトライアルに出た子って、なんだか印象深い子が多いです。
気のせいかな・・


2006年2月
浜松の繁殖場崩壊で預かったキャバリアのレモンちゃん
8年(以上)も繁殖犬として働いていたレモンちゃん。
体はガタガタでした。
心臓が悪く、後ろ脚が両方とも膝蓋骨脱臼。
歩いてると音が聞こえるんじゃないかというくらいグラグラしていました。
(普通の生活しているうちによくなりました。走れるくらいに回復)
目に傷があり、見えてはいるようですが、治療をしても傷が残ってしまいました。
歯石に覆われた歯もボロボロで、皮膚の状態も悪かったので、丸刈りになりました。

そんなレモンちゃんが、里親様宅へ巣立ち、正式譲渡させてもらったのが、2006年2月です。
レモンちゃんはもう他界していますが、亡くなる日の朝まで元気だったそうです。

毛が伸びて伸びて大変って言われてました(笑) レモン


2007年2月
その翌年巣立ったのが、やっぱり繁殖犬として8年頑張ってきたチワワのくるみちゃん。
保護した時に、乳腺腫瘍(悪性)がありました。
両方の乳腺をとり、里親様宅へ巣立ったのが2007年2月の事です。
始めて乳腺腫瘍という病気を知り、いろいろ調べたり・・
病気と向き合うことを真剣に考えた子でもありました。

今のくるみちゃん、足が少し弱ったようで、大好きな散歩も思うようにならないようですが、まだまだ元気でいます。
今、私が乳腺腫瘍の子と心を強くして立ち向かえるのは、くるみちゃんが今も元気でいてくれるからだと思います。

     くるみ


2010年2月
チワワのメル
メルはねー笑
譲渡会で、自力で家族をゲットした、本当に手のかからないいい子でした。
甲状腺異常か、カラーミュータントかもしれなくて、グレーの毛が抜け落ちてましたが、
今は里親様の努力のおかげで随分ふさふさになっています

     メル

なせば成る!
里親様に本当に感謝しています。
我家では気になりながらも、あれこれ手をかけてあげることができませんでしたから。


2012年2月
極め付けはやっぱり風でしょうか
風に家族ができて1年になるんですね。

もう、なのか?
まだ、なのか?
どちらにしても、風が元気で、めっちゃいい顔してくれている事がとても嬉しい
まだまだ手を煩わせてる事もあるようだけど、それにも負けない里親さん、ありがたいです。

    風



みんなが幸せでいる事、
預かりさんは誰でもだと思うけど、これ以上に幸せな事はないですね。
どんなに悲しくても、どんなに辛くても、いつか幸せな顔が見れる。だから頑張れる。
そう思います。


さて、今年も2月はあと半分。
このお嬢様にいいお話はあるでしょうか?
かわいい顔してますが、なかなかなお嬢様です

201302081441424bb.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク