FC2ブログ

なんで?なんで?

ちょっと怒りが・・・な為に、書く順番がごちゃごちゃだったり、文章支離滅裂かもしれませんが、
思ったとおりに書きます。あしからず、です。


先週、ボスが保健所から引き取った子達です。

1_convert_20130406131543.jpg 7_convert_20130406131753.jpg

1_convert_20130406123735.jpg 6_convert_20130406123916.jpg


去年の夏くらいから保護されるダックスさん、全部ではないけれど、

高齢、乳腺腫瘍、歯茎どころか顎まで溶けてるような子が多くて、

いったいどうやって飼っていたらこんな事になる??

かわいそうだけど、お口のクサさは何とも言えず・・・

もちろん、体臭も。体臭=皮膚の状態が悪いとか、シャンプーされてないとかそういうことですよね。


普通って何だ??

適正って何だ??


今回のこの子たちに関しては、繁殖場が捨てた、と推測しています。

はっきり書いてしまって、間違っていたら申し訳ありませんが、あくまで推測ではありますが。

この地域の保健所に保護される子達、以前から、明らかに繁殖犬だった?と思わせる子達が多いのも事実です。



使うだけ使って、利用するだけ利用して、
いらなくなったらポイ。とどこかに捨てる。

ある意味、合理的ですよねー。

儲けさせてもらったけど、捨てるのにお金はかけない。

法を全く無視し、それより何より、心が全く感じられないやり方です。


彼らにも心があるって考えたことありますか?

嬉しいも悲しいもわかるんですよ。


悔しい、悲しい。



ボスは毎回こういった子達を、本当に悩みながら引き出しています。


いつくらいかな・・
保護しても、なかなか家族が決まらない子達が出てきて、

またそこにメンバーが増える。
あとから入る若い子達がどんどん出て行き、こういった子達は残る。


当然ですが、保護できる枠には限界がある訳で、

そして、世話するのはボス一人です。



ボスがどうしよう?と迷ってる段階で、私は結構冷たく言う事があります。

だって、私が預かってあげる事もできないし、世話ができる訳でもないし、その子に生涯かかるだけの費用を負担してあげる事もできないですから。
無責任に、なんとかしてあげて、なんて言えるはずがありません。

何より、私はその子たちを見てないから、言いたい事を言えるんだと思います。
自分が見たら・・そんな事を言えないのはわかっています。


でも、たとえ私が何を言おうとも、

ボスは優しいから結局のところ、引き出す事になってしまうんです。


どんな子にも、どこかに赤い糸の先があると信じている私ですが、
こんなに数が多いのはどんなもんだ・・と、ちょっと切なくなります。

ヨーキー つくし・よもぎ

シーズー みお

ペキニーズ きこ

ダックス ぽてち
     ほのか
     姫

ブルドッグ シンバ


最近、保健所から引き取ったキャバリアさんも高齢そうだし、心臓悪いです。

今回引きだしたダックスさんも、1匹はフィラリア+で心臓の具合が悪いです。

となれば、口をきれいにしてあげたくても麻酔のリスクが高い事を考えると、躊躇します。
でも、ご飯があまり食べれないのは、もしかしたら口のせいかもしれなくて、そう考えるとなんとかしてあげたい。



ボスもたまにはボヤきたくなりますね・・・



どうか、せめて、一般家庭で飼われている方、


命つきる最期の時まで、傍に置いてやって下さい。

彼らは高度治療を望んでるわけではないでしょう。

ただ、一緒にいて、体を撫でてもらい、名前を呼んでもらえたら、本当に嬉しいと思うでしょう。



でも、

生き物を飼う以上、ご飯代だけでなく、病気の予防にも治療にも、お金がかかる事も仕方ありません。


そして・・
最期を看取る覚悟も必要です。


飼う ということは 買う のとは違うということ、よくよく考えてみたいです。


読み返してみたら・・

最初に書いたとおり、支離滅裂っぽい文章ですみません。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク