FC2ブログ

里親募集のイベント☆

28日(日)は、岐阜で里親募集イベントのお手伝い。
私はいつも重役出勤なので  お昼くらいに着なのですが、
もう子犬、子猫が何匹も決まったという事で、出足は好調のようでした。
猫ちゃん、子猫も20匹近くいたようです。
成犬はやっぱり難しいのですが、それでも、ダックスちゃんはやっぱり人気かな。
あと柴も無事に里親さんが決まりました。
今回は保健所から出したコよりも、
繁殖者からの放棄犬(ダックス)、ショップの前に捨てられていた猫達が圧倒的に多かったです。



繁殖場からの保護ダックス。今回は6匹いたそうです

とてもいい顔をしていましたが、すべての感情を失った目をしていました。
いつかその目が輝きますように・


最後のダックス


このイベントは、ペットショップさんのご好意で、ショップの前でさせていただくのですが、
こういうイベントがあることを知っていて捨てるのか、
単に、ショップだから何とかしてくれると思って捨てるのか、
ショップの前に捨てられている子が多いです。
どちらにしても悲しい事です。

乳飲み児同然の猫ちゃん達をミルクから育てたボラさん達。
こういう苦労を知ってますか?
猫ちゃん達、元気いっぱい育っていましたよ。
どのコもとてもかわいい
生まれて困るなら、避妊・去勢は絶対にして欲しい。
こうやって助かる命は、本当にごくわずかです。


元気な猫ちゃん達。
ボラさん達の努力の賜物です


猫ちゃん達


この猫ちゃん達は、多分家族です。
6匹が、スーパー籠に入れられて、ショップの前においてあったそうです。
お父さんらしき猫ちゃんは、チンチラ風。
長毛がからまってすごかったので、頭と尻尾以外はカットされてしまいました。
でも、毛が伸びたら立派な猫ちゃんになるね。


親子?


お母さん


上の写真、左側のケージはきっと子供たち。
お母さんはアメショーっぽいので、子供たちもそれぞれ。
毛足が長い♀のコは貰われていきました。そしてお母さんも。
まだ何ヶ月にもならない子猫がいたそうですが、私が行った時にすでに貰われてしました。


日曜は暑くもなく、寒くもなくちょうどいいお天気で、たくさんの人が来てくれました。
猫ちゃん達もかなり決まったんですよ。
ボラさん達の顔が笑顔になります。
本当に本当にご苦労様です。
私なんか、イベントのある日に都合がつけばお手伝いするだけ。
彼女達は、こういう猫ちゃん、ワンちゃんをたくさん預かって、日々面倒をみてるんです。
感謝の気持ちでいっぱいです。

どなたにも、避妊・去勢の大事さをお話させてもらってお願いします。
これからの犬生・猫生、幸せであることを祈るだけです。

最後に、悲しい事実を書かせてください。

保健所に置かれたスーパー袋。
ギュッと口が結んである。
中には生まれたばかりと思われる
まだ生きている子猫達
1ヶ月くらいにはなるだろうと思われる子猫達も・・
飼い主が持ちこんだまま置かれているそうです。
窒息死を待っているの?

この子達はまだ生きているのに。
なんの為に、この世に生を受けたの?
生まれてこない方が良かった。何もいい事なんかない。
喜んでくれた人もいない。


お願いです。
子犬、子猫がいらないのなら、困るのなら、必ず避妊・去勢をして下さい。
何の罪もないこの子達をこんなふうにしていいはずがありません。


それでも人には甘い愛護法。
持ち込んだ飼い主にはおとがめナシです。
いつか同じ天罰を・・そう思わずにいられません。

私はこの話を聞いただけですが、実際に見られた人はどうだったんでしょう。
保護活動をしていく上で、避けて通れないとはわかっていても、それでもとても辛い。と。

悲しい?辛い?なんだかそんな感情を通り越しそうな気がしました。
人間って、確かに動物の中では知恵があるのだろうけど、
知恵だけでいいの?知恵だけならコンピューターがあるじゃない。
感情があってこそ人間のはず。
でも、感情って何だろう・・
この現実はいったいいつになったらなくなるのでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

先ほどコメントにパピくんがあまりに可愛いので、お嬢様と書いてしまいました。失礼しました。
生まれた子猫をスーパーの袋に入れて保健所に持ち込む人間・・・犬畜生という言葉がありますが、一番残酷なのは人間、どうにかならないものか?毎日考えています。
命を余りにも軽んじる傾向がありすぎて悲しい限りです。
・・・何とか1匹でも救えるように、生まれてきてよかったと思えるように、少しずつ活動します。

殺処分された子たちに敬意を込めて・・・・・・

ほんとに何のためにイベントしてるのか・・
飼い主が捨てるためにイベントしてるわけじゃないのにv-359

自分たちは里親探しせず人任せにして本当に許せない・・

ダックスちゃん大丈夫だよ。きっと優しい里親さんがみつかればきっと目に輝きがでてくるよ。
昔のルカを思い出しますv-409

施設でもゴミ袋に入れられ夜中にすてられたと思われる子とかいたよ・・
子犬とかもダンボールからでちゃって交通量のあるとこウロウロあるいたり・・

殺そうと思って施設前においたのか??

本当に生まれて困るなら避妊去勢をしてもらいたい・・

人に自分の責任をなすりつけるのはどうかと思います・・

mamiさん譲渡会お疲れ様でした。
6月目前でにわかに騒がしくなってきましたね。
昨日は両目のない猫ちゃんを保護されてる方にあってきました。
とてもよく懐いた猫ちゃんでした。
心が痛い・・・

鎌倉のペットグッズのお店でも里親会が毎週日曜日に開催されています。ネコさん達が多いのですが、怯えた目の子が多いです。
本当に、この子達に生きることの喜び、家族に愛されることの幸せを知ってほしいです。生き生きと輝く目になってほしいです。
家族で捨てられて猫さんたち、お父さん、お母さん猫さんはずっと子どもたちを守っていたのですね。
人間よりずっと立派です。
どうか、みんな赤い糸が見つけられますように。

こういう活動すら自分達のために利用する人がいるのですね。。。
そのために行っているわけではないのに・・・。
口をぎゅっとしばった袋。。。考えられないですよ
産まれて1ヶ月。。。もう産まれる前から飼えないってわかっているってことですよね
なのにどうして産ませるのか?避妊・去勢しないのか?
困ったら捨てればいい、誰かが何とかしてくれる・・・。
そんな安易な考えの人間が多すぎます
でも、やっぱり持ち込む人間には何も罰則はないんですよね
なかにはセンターに持ち込んだ帰りに次は何飼おうかなぁ~なんて言ってる人間すらいるといいます
人間に罰則なかったらなんの意味もないような気がしまう

ショップの前に捨てていくなんて
そういう事って多いのですか?
動物遺棄ですか
でも 里親さんがかなりみつかったみたいで
よかったですね
ねこちゃんもみんなよかった
罰則うんぬんよりも やはり愛情ですよね
愛情があれば絶対出来ない
動物との信頼関係を持てない可哀想な人たち
こんなに裏切らない子達のことがわからないなんて
なんかこんな人たちに何を言っても次元が違うので
通じないんじゃないかと だからやっぱり罰則?
なくならないですものね ホント

みんな 新しいお家でこんどこそは
沢山甘えて幸せになるんだよ がんばれー



☆お返事です
*モナミのママさん
いえいえ、かわいく見えたのなら嬉しいのですが(笑)

猫ちゃんに関しては、本当に腹立たしい限りです。
名古屋でも処分されるのは、圧倒的に子猫が多いです。
だったら産ませなければいいのに。
行政側も、もっと啓蒙活動に力をいれて欲しいと思います。

*かおりん
施設、そんな話があったね。
施設やショップの前に捨てる。
これって当たり前のようにある事かもしれない。
自分が一番楽な方法。罪の意識はさほどないような気がする。
だからボラさんは、自分の家を知られるのをイヤがる人が多いんだよね。

*りんみるさん
両目のない猫ちゃん?
まさか虐待ではないですよね?
猫ちゃん、目の病気が多いようです。雑菌が入りやすいのかな。
それだって、きちんと管理してあげれば大丈夫なのに。

*ラビペンさん
ショップに置き去りにされた猫ちゃん、
1匹だけアップになっている子が、お母さんです。
お母さん、子供たちがいた時には、怒って怒って大変だったそうです。
先に子供たちがいなくなって、気抜けしてしまったのかな・・
ずっとおとなしく寝ていました。
もしかしたら、何日もすれば忘れてしまうのかもしれませんが、
「一生懸命子供を守っていたよ」というボラさんの言葉が胸に響きます。
その子供達と取り上げて、保健所に持ち込む人。
心が痛みませんか?と問い掛けたいです。

*陽子ちゃん
本当に、人間に刑罰は必要だと思うけど、これを設けると、
その辺に捨てる人が増える、という危惧があってできないようです。
動物達も、きちんと飼われているかどうか調査する機関があってもいいと思うのだけど。
やっぱり日本にもアニマルポリスは必要だと思う。
ボラさんが必要なら立候補する人、いっぱいいると思うんだけど。
まだまだ日本のレベルは低いです。

*ひなさん
ショップの前に捨てていく。
多いようです。
ここでは、だいたい2ヶ月に一度里親募集のイベントをします。
確かにこの間は、結構たくさんの子達に里親さんが見つかりましたが、
この機会を逃すと2ヶ月くらい間があいてしまいます。
いつまでも小猫ではいられません。
残ってしまった猫ちゃん、ワンちゃん達が、ボラさん宅にたくさんいます。

確かに、こんな形で捨てて行く人達とは、価値観が随分違うでしょう。
幾ら話してもいたちごっこかもしれません。
この子達のかわいさがわからないなんて、本当はかわいそうな人達なのかもしれません。
こうやって助かるのは、本当に一握りの子達。この何倍、何十倍、何百倍、いえもっとたくさんの子達が処分されているのです。
この現実を多くの人に知ってもらいたいです。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク