犬・猫を半減=動物愛護指針を改正へ―環境省

興味ある記事をみつけたので。

捨て犬・猫を半減=動物愛護指針を改正へ―環境省
時事通信 8月2日(金)19時8分配信

 中央環境審議会(環境相の諮問機関)動物愛護部会は2日、飼い主に捨てられる犬や猫を減らし、自治体による引き取り数を2023年度までに11年度の半数以下となる年10万頭に抑制する目標を盛り込んだ動物愛護管理指針の改正案を了承した。今月中に環境省が正式決定する。
 飼い主とはぐれたり、捨てられたりして自治体に引き取られる犬猫は、11年度で22万頭おり、うち79%が殺処分された。指針は、飼い主への指導を行うほか、引き取った動物の譲渡を推進することで、処分頭数を減らす方針を示した。
 環境省は今後、犬猫の個体を識別できるマイクロチップの装着義務化を検討し、飼い主を見つけやすくする考えだ。災害時に、動物が飼い主と一緒に避難できるよう自治体の体制整備も推進する。  ← (私)ぜひ、必ずお願いしたいです。もういい加減に懲りてほしいです


関連記事として。 

猫の殺処分を減らすために


犬や猫などペットを家族の一員としてかわいがる人は多い。

一方で、行政により殺処分される犬猫は年間20万匹余りに及んでいる。

特に避妊や去勢をしない猫の過剰な繁殖で、猫の処分数は約15万匹に上る。

こうした現状を変え、猫の命をできるだけ救おうと、ボランティア、住民らと協力して不妊手術や里親探しに取り組む自治体も出てきた。



以下、コピーしたかったのですができなかったので。

お時間のある方、興味ある方、見て下さいね。


犬猫の殺処分を減らすために  http://www.jiji.com/jc/v4?id=2012chiiki-neko0001 

ボランティアと行政が協力  http://www.jiji.com/jc/v4?id=2012chiiki-neko0002

譲渡、飼い主教育に力   http://www.jiji.com/jc/v4?id=2012chiiki-neko0003

自治会でも地域猫活動  http://www.jiji.com/jc/v4?id=2012chiiki-neko0004

あえて殺処分を公開   http://www.jiji.com/jc/v4?id=2012chiiki-neko0005


    その中の一文
松山市の愛媛県動物愛護センターは、約6年前から希望者には殺処分を原則公開することで、

その残酷な実態や、職員にどれだけ負担がかかっているかを市民に知らせる取組を続けている。



(私)安楽死、という言葉を使ってないことにほっとします。

保健所やセンターでは安楽死はありません。
(一部、筋弛緩剤を使ってるところもあるようですが)
二酸化炭素で苦しんで死んでいきます。




しめくくりに

12年8月には動物愛護管理法が改正され、自治体は販売業者を含む飼い主から犬猫などが動物愛護センターへ持ち込まれた場合、

引き取りを求める相当の理由がないと拒否できることが明記された。

収容された動物についても、「殺処分をなくすことを目指し、元の飼い主への返還、新たな里親への譲渡に勤める」と新たに記されていある。

「増やさない」「殺さない」を基本に、業者、飼い主、自治体などは、今後一層の自覚と行動が問われている。


平成23年度 犬猫の引き取り

 環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室資料

保健所・センターでの引き取り数

犬 
飼い主引き取り  17469
所有者不明    60336
返還数       16363
譲渡数       17919
処分数       43606



飼い主引き取り  34846
所有者不明   106349
返還数         250
譲渡数       12430
処分数       131136

   計 174742

処分数のうち、
幼齢個体が犬で  7486
       猫  82322
       合計 89808



うまく表にできる能力ナシでごめんなさい。
統計を合計したら・・若干誤差が出てしまったので(十の位です。なぜだか不思議ですが)だいたいこれくらい、という感じでつかんでください。
処分数のうち、幼齢個体の数が、90000頭近くいることに注目して下さい。
(幼齢個体というのは、自分ではご飯が食べれないくらい)

親が避妊・去勢をしていたら、生まれる事もなく、処分されずに済んだ命です。
避妊・去勢、デメリットも確かにあると思いますが、今一度、考えて欲しいと思います。




一番大事なのは、飼い主の意識改革のような気がします。

行政に望む事は、啓蒙活動にもっと力を入れて欲しいということ。

予算がかかるのは、十分に承知してますが、毎日毎日、処分されていく子達の命とどちらが重いのか・・と思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この間センターに行った時に乳飲み子は即日処分と聞いてショックをうけました。

犬も迷子の子は里親募集をしてくれるけど乳飲み子は即処分なんて・・

授乳してくれるボラさんがいれば助けられるのに・・・

チップはチップで飼い主が限定されるから譲渡が難しくなるというのもあるみたいだけど・・

収容されて処分までの期限がきたら
所有権がなくなるようにしたらいいのに・・

いなくなったら即保健所警察に届けを出すというのを知ってもらわないとダメですね

*kaoriさん

乳飲み子に時間をかけられるところはそうそうないと思います。
行政を責める訳にはいかない・・そう思います。
やっぱり飼い主がきちんと管理する事、その徹底かと思います。
チップは、最近ショップで最初に入れてるところもあるようです。
名古屋のセンターは、譲渡する子には義務化してます。
もし、迷子なら連絡がとれて帰れる訳だから、いい事だと思います。
収容されて処分の期限がきたら、所有権なくなるのは当然だと思うのだけど、それは法律が変だと思います。
保健所から出す時に、それを確約して出してる人もいるし、
名古屋はその話、出ていないので、返す必要はないと思っています。
当然じゃないのかな(^_^;)
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク