パピの事

今年はパピと一緒にたくさん遊ばせてもらっています。

ボスには悪いなって思っています。
預かりに頑張ってる人たちにも悪いなって思っています。
もともと預かれない環境にいるなら、こんな事を思う事もないんだろうけれど、
とりあえず、1匹なら預かれる環境はあるから。

たかが1匹だけど、されど1匹。
もう少し頑張れないかと思う事もあります。




今年の始めのアニマルドッグで、エコーした結果、少し心配な点が見つかって、
(元気だし、食欲もあったんですけどね)
パピに関しては、本当に小心者の飼い主、肝臓のちょっとした影が気になっていました。


肝臓は春には心配がなくなり、やれやれと思ったその後、白血球数が異常に減少し、
これには本当に参りました。

この数値だけみたら、抗がん剤で戦ってる子の数値、と言われ、本当に生きた心地がしないくらいに心配し、
血液を病理検査に出してもらったりしました。



血液の病気は、たとえ原因がわかったとしても、治療法がないようで、
たとえ、白血球がどんどん減少していったとしても、薬とか手術とかで治る訳ではないと。
(ジェスパ君の輸血は本当に最後の手段と思えます。)



今年の6月で12歳になったパピ


まだやり残してる事ない?
一緒にやりたい事ない?

寒い時は、私の腕枕で寝るパピが、夏の間はエアコンをつけていても、たいていは足元で寝ていたりします。
それが今年は、腕枕こそしないけれど、私の枕に、頭を乗っけて、本当に人が寝ているような姿で隣に寝ていました。
座るとすぐに膝にのってきたりします。

調子の悪い時って、ベタベタ甘えたがりませんか?
そんな感じで夏を過ごしました。



多分、どんなに頑張っても、ああすればよかった、こうすればよかった、と後悔するだろう自分が見える。

ならば、せめて。

今、いっぱいの思い出を作ろう。
パピだけ見て暮らそう。

なんか、日々そんな想いでパピと生活しています。

最優先はパピ。

そうじゃなくても我慢させてる部分が多いと思うので、ワガママでもなんでもいいと思っています。
一緒にいてくれたらそれでいい。




な~んて想いで頑張った私を笑うかのように、涼しくなってきたあたりから、パピの白血球数は普通になってきています・・

あれはいったいなんだったんだろう?
原因はわかりませんが、なんでもヨシとします。


その後は、ヘモグロビンとヘモクリットの数値だけが少々高めになったりしています。
あまり水を飲まない子なので、ご飯にスープをかけたりして、水分補給に努めています。



今度は何がやってくる?

不安はありますが、何があっても、どうなっても一緒に頑張るだけ。
そんな想いでいます。

  DSCF6842.jpg



でも、そろそろ終止符

また次回に詳しく書きます。長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

実はあたしもまみさんやようこりんが頑張ってるのにうちで預かれなくって悪いな・・・って思ったりしてる(^_^;)

パピさんの白血球はなんだったんだろうね?
飼い主と同じで暑いのがダメだったのかな?v-356

原因わかんないけど良くなったんだから良しとしよう!だよね

年をとると、色々と出てくるから、心配しすぎるくらいでちょうどいいのかもしれないね
このままパピさんが落ち着いててくれたらいいなー

写真のパピさん可愛いね♪

*みゆちゃん

みゆちゃんはダメだよ(笑)
健康が第一なんだから、そのアレルギーで預かりするのはやめといてね。
うちの子達+にゃんずで十分いっぱいお世話しなきゃいけないんだから、
余計な事は考えない事(#^.^#)

そうそう、パピはめっちゃ元気です。
本当になんだったんだろうと思うけれど、
若い頃と違って、血液検査の結果をみても、ちょっとずつ異常がみられたりします。
高齢なんだなーって思うよ。
お互い、大事にしようね!
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク