ロンチー・いちごさんが来ています☆

じゅりママさん が預かっているチワワのみるくちゃんは

保護当時、おなかに大きなボコボコがあり、ヘルニアだろうと思ってましたが、

子宮と膀胱が癒着して 
卵巣がお腹に残っていた胎盤と一緒に腹壁に癒着していたそうです。


全く、どんな繁殖家よ・・と思ってましたが、
一緒に保護された、同じくロンチーのいちごには、大きな会陰ヘルニアがありました。


実際、開いてみたら、かなりの大きさの穴があいていたそうです。


そして、これは何が原因かわかりませんが、筋肉も薄いようです。
他のところに穴があかないといいのですが・・


とりあえず、無事に手術が終わり、日曜、退院してきました。


  会陰ヘルニア

      20140310191938a8b_20140311134814c0d.jpg


会陰ヘルニアは、去勢していない♂に見られる事が多く、♀には珍しいのだそうです。
大き目だって、チワワです。
2、6キロのがりこさんの体に、おっきな会陰ヘルニア。


とても情けない顔をしていますね。
目が への字 になっています。背中を丸めてしまっています。

人には全く慣れてなくて、手を出すと診察台の上に乗っていても飛びのこうとして、こっちがびっくりしました

    いちご1

       いちご



いつかこの顔が笑顔でいっぱいになりますように・・まずは、人や、普通の生活に慣れてもらう事から始めようと思っています。



本当に犬が好きなら、こんな繁殖の仕方はできないだろうし、個体を大事にしないこともできないだろうと思います。
しょせん、お金が目当てなんだろうと思うと、本当に切ない。

いのち って何でしょうね?

愛護法がどんなに変わったって、なんだか建前だけのような気すらします。
本気で取り締まろうと思ったら、繁殖場の立ち入り検査をどんどんしたらいい。
無許可だとしたら、即刻、営業停止にして取り上げるくらいの事はできないのでしょうか。



もちろん、一番、罰すべきは繁殖者です。
が・・私たちにはどうする事もできないので、せめて、行政にもっと頑張ってもらいたいと思うのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク