FC2ブログ

ちょっと長くなりますが・・

今週末、岐阜県可児市のカフェオーレさん で譲渡会が行われますが、

もうマジで、たくさんの子たちに家族が見つかりますように・・と、祈っています。

ともnet ブログを見て頂くと、現在の保護犬がわかるようになっていますが、
今現在は、あの子達 + 最近入った新犬さんがいます。

下の方に載ってる預かりブログのある子達は、他の預かり先に出ている子達ですが、
その他は み~んなボス宅にいます。
(ジャックは預かり先にブログがないので一緒に載っていますが)

シェルターではありません。

一般家庭にての保護です。

ボス自身、わんこ達の為に仕事をしてるようなものです。
そして、主婦として、母親として、日々の雑用もこなしています。
そして、あの数を一人で世話しています。
もう、本当に気の毒で仕方ない・・・
かといって、預かりにも諸事情があり、いくらでも、という訳にはいきません。


多くは保健所からの保護です。
保健所から話があると断れないボス、
でも、それもわかるんです。見てしまったら断れない・・

自分の決断で、その子の生死が決まるんです。

だから、たとえ、どんなに高齢でも、病気だとわかっていても、引き取る事になります。
私達は誰もそんなボスを責める事ができません。

もうずっと、ギブアップ、限界、と言いつつも、断りきれない状態が続いています。
かといって、健康体で若い子ってどの子?みたいな状況である事も事実です。


若い事、健康であること、
少しでも長く一緒にいたい、という里親希望者様の気持ちも十分にわかります。理解できます。

わかるけれど、
それでも、年取ったから、病気だからと手放される子達が多いのが現状の今、
(こういう迷子が多いです)
同じ命です。年っているからこそ、残りの時間を大事にしてあげたい。
病気なら少しでも楽に過ごせるように・・と考えて下さる方がいたらな・・
って書いてみました。


うちのパピが、もうすぐ13歳になります。
だからこそ、余計に高齢の子がたまらなく不憫になります。
高齢だからこそ、気配りして欲しい事がたくさんあるのに・・と。
高齢だからこそ、のんびり時間を過ごして欲しいのに。おいしいもの、いっぱい食べて欲しいのに。と。


私達よりずっと短い一生
最期の時に、生まれてきてよかった、と思ってもらいたい。
一緒にいてくれてありがとう、と言ってくれる飼い主さんが傍にいてくれたら・・とっても幸せなのに
、と思います。


ともnet の保護犬の中には、譲渡を諦めたわんこさんもいます。
譲渡したとしても、先が短すぎるんじゃないか、迎えてくれたご家族に、すぐに悲しい思いをさせるに忍びないからと。

でも・・ 
私はやっぱりそういう子でも、最後には家族と言える人達と一緒にいて欲しい、と願っています。

最期を看取るのは、本当につらく悲しい事ですが、
最期にありがとう、と言って、涙を流してくれる人がいたら・・
その子にとって、こんな幸せな事はないと私は思っているから。
家族ってそういうものですよね?


どの子にも家族を見つけてあげたい。
諦めたくない。
終わりよければ、すべてよし。

そういう思いで、今度の譲渡会もガンバリマス

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

本当に、いつもボスにも預かりさん皆さんにも頭の下がる思いです
ありがとうございます

確かに迎えるなら若い子を迎えたい気持ち解らなくも無いです。
だけど、私はラテに惹かれた時に高齢な事が全く気になりませんでした。
確かにブログのコメントでも、仲間にも、何で高齢で噛むような子を迎えたのかを聞かれた事も有りますし、次は里子じゃなくてブリーダーさんから迎える事を考えなと言われた事もあります。
だけど、本当に家族だと思える子って年齢とか病気とか関係無いんですよねぇ
多分、里子を迎えた人は皆同じ気持ちだと思います。
ブリーダーから迎えたら必ずしも年も取らなくて絶対に病気しない訳じゃないですしね

子犬は可愛いし、4匹も居るのに1匹しか子犬期を見れて無いから子犬を迎えたい気持ちが無いとは言えませんが、多分次を迎えるチャンスが有るなら、また里親募集中の子からご縁を感じる子を条件の良し悪しは二の次に迎えるだろうなぁ

長々と失礼しました(^-^;

応援してます^^

こんにちは。
ともnetでお世話になった、アスラのママです。
ブログを拝見して、ウルウルと泣けちゃってます。
ボスが見つけてくれなかったら、この世にはもう
いなかったかもしれない命・・・

アスラも推定7歳で、我が家の家族になりました。
初めて犬と暮らす私にとって、アスラは阿修羅じゃ
なくて本当に天使のような存在です。
ご近所では「この子、そのうち話はじめそうだねぇ」って
言われるくらいの人気者になりました。
陽性だったフィラリアも、陰性になりましたよ^^

高齢だって、病気だって関係ない。 だって私たち家族だもん。
そう思ってくださる里親さんが、もっともっと増えますように。
応援しています^^

*うるふさん

実は、ラテをと言われた時に、私もボスもまさか、って思いました。
うるふ一家さん、お出かけ大好きだし、どちらかというと、運動会とかを楽しむタイプ。
ラテ、ラテ??
足手まといになるんじゃないかと心配していました。
でも、そんな心配をよそに、いつも一緒に連れて歩いてくれて、
噛まれながらシャンプーしてくれて・・
ハゲハゲだったラテに毛がいっぱい生えてきて、

この子達に必要なのは、愛情をこめてお世話していく事なんだと、つくづく思いました。
病気ばっかりしているラテに加えて、ノワまでお世話かけて・・
本当に大変・・と、心痛めてます。
でも、それでも、笑顔で頑張ってくれるお二人の姿は、私達にも励みになります。

このブログを書いたのは、ボスが気の毒で、というのが本音なのですが、
犬を飼う時に、保護犬を迎える、という選択肢もある事を知ってもらいたい、
そして、保護犬には元気な若い子ばかりではなくて、保健所からすぐに譲渡できないような状態の子もたくさんいるという事を知ってもらいたい、
そして、もし、もし、許されるのならば、そういう子達の里親になってくれたら・・という、思いからです。
もちろん、強制するつもりは全くなく、保護犬の中には、こういう子達がたくさんいる、という事を知ってもらうだけでもありがたいと思っています。

しばらくカフェオーレさんでの譲渡会が続くかも。です。
又元気な顔を見せに来てくださいね。
そうそう、5わんずめ、ザンネンでしたねー(笑)

*アスラのママさん

ありがとうございます!
アスラもボス宅に長くいました。
真っ黒で強面なので(失礼(^_^;))なかなか希望者さんが現れず・・
でも、いつも思うのです。
縁は必ずある。
なかなか見つからなくても、今はその時じゃないんだって。
アスラも本当に素敵なご家族に出会えて幸せです。
わんこ初めての方にどうなんだろう?という心配もありましたが、
とてもいい子にしていてくれるようで、私たちもとても嬉しいです。

わんこには、気持ちが通じます。
家族ができた事、自分の居場所ができた事で、アスラ自身がとても落ち着いたんでしょう。
いつか、おしゃべりしてくれたらいいですね。
アスラのおしゃべり、私も聞いてみたいです。
フィラリアも、一昔前には恐い病気でしたが、今はそうではありません。
きちんと治療すれば治ります。
そうやって見守ってくださるご家族がいる事、
私たち預かりとはやっぱり違うと思います。
実際に里親さんになっていただいた方の言葉、重みがあります。
本当にありがとうございました。

No title

こんばんわ。
お久しぶりです。
譲渡会にお洋服作りに、、、やっぱり流石mamiさん!!いつも頑張ってらっしゃる。
・・・私も見習わないと(苦笑)

パピちゃんも、もう13歳なんですね・・・来年の春に、うちの子達の状態が落ち着いているなら、名古屋に会いに行こうかなぁ。

今回の記事は、まさしく私も同意。
老犬大好き!!疾患ある仔大歓迎の我が家です。老犬って、、、、若い保護犬よりも年取っている保護犬の方が意思疎通も抜群にしやすいし、一緒に生活もしやすい。良いことだらけなんですけどね、実は。

ともネットのボスさんの気持ちが痛い程分かります&そして、こうして次々と命を繋いでくれていることに感謝の気持ちで一杯です。
近隣在住なら、私も預かり出来るんですけどね・・・・

*モナミのママさん

パピは先週13歳になりました。
ガウられながらも、本当に毎日毎日愛おしくてたまりません。
確実に その日 は近づいてるんでしょうから、少しでも時間を無駄にしないようにと思っています。
ともnet のお手伝いもパピが元気ならではこそできる事ですね。
本人(私)にちょっとガタがきてますが、頑張ります(笑)

本当は大阪で会えるはずだったのになぁ・・(笑)
行く気満々だったのに(笑)
でも、またお会いしたいと思います。りーたんに。そしてみんなにも。

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク