3.11に想うこと

あれから4年が過ぎました。

少しずつ、復興しているかもしれないけれど、前向きに生きている人達も多いと思うけれど、
まだまだ置き去りになっている人たちがいる、という事も忘れてはいけない、と思う。
心に傷を負っている人達もたくさんいると思う。

家をなくし、子供も孫も亡くし、自分だけが生き残った高齢者の人達。

これから何を楽しみに、何を生きがいに生きていけばいいんだろう。
自分に置き換えて考えています。


仮設住宅も、4年期限というところが多いんですね。
1年延ばしたところもあるみたいですが、多くは今月末が期限。

皆さん、引っ越し先は決まったのでしょうか。
私が見る映像なんて、本当にごくごく一部だと思うけれど、仮設住宅の中を歩いていく、一人の老人の後姿が忘れられません。

一人一人のケアはきちんとできてるのかな・・
私が何をしてあげられる訳ではないけど、とても心配になります。

復興税、という税金を今、払っていますが、
これはきちんと役立っていますか?
適正に使われていますか?

・・・政治家不信、というのも情けない話ですが、そう思わせる政治にも大きな問題があると思います。


原発再稼働も、私はどうしても納得ができません。

昨日の中日新聞に特集が載っていましたが、

電化製品、エコなものが出回っています。
そして、人々がエコを心掛ける事で、需要電力の量は減っているそうです。

DSCF6066.jpg

福島はどうなっているのかと言えば、
大々的にニュースになる事が少なくなっているのか、少なくても、爆発当初のように、新聞の1面に大きく取り上げられる事は少なくなったのではないでしょうか。

でも、そこで働く人達の問題は見逃せない事だと思うし(労働時間、放射能汚染など )
死亡事故が起きているのも事実です。

汚染水の問題も大きいです。
垂れ流しにして海の生態系に影響を与えてませんか?
漁業で生計をたてている人達にとっては死活問題です。

DSCF6069.jpg
  

そして、廃炉にどれだけの時間と費用をかけるのか。
全く予定通りには進んでないようです。
確か、今現在、日本では最終段階での処理はできないはずです。
その施設がないはずです。

  DSCF6070.jpg


なのに、次々へ再稼働が始まる。

これを認める自治体、国。
私は頭がよくないし、偏っているようでよくわかりません。

地域住民の仕事、エコエネルギーの開発を考えるなら、幾らでも仕事はできそうですよね?

嫌な事、面倒な事は後回し、
今はとりあえず、自分たちが潤えばいい。
私にはそう見えて仕方ありません。

将来にツケを回すような政治、どうなんでしょ。
それをストップさせようとする勇気ある政治家はいないのかな。

 DSCF6064.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク