アニマルコミュニケーション~パピ

聞いて欲しいとお願いしたことは

① どこか体で不調を感じてるところはある?
② お留守番が多い生活(平日の昼間は仕事なので)、どう思ってる?
③ 私はパピを連れてのお出かけ(旅行を含む)が大好きだけど、パピはどう思ってる?
④ 時々、新しいわんこが来たり出て行ったりしているけど、それについてはどう思う?
いなくなると寂しいと思う事はある?
⑤ 爪切りや歯磨きとか嫌いみたいだけど、パピの為だと理解していてくれるかな?
もう少し怒らずにやらせてくれると嬉しいんだけど。
⑥ 今(これから)、何かして欲しい事はある?

です。


アニマルコミュニケーション
2015年5月8日

お客様:パピちゃん


――お話しさせてくれるかな?
  (とても落ち着いた様子なので)あなたは、とても落ち着いているけれど、どうしてなの?

パピちゃん(以下P):ぼくは、何世代にもわたって人の役に立つことをしてきたんだ。
 いろんな体験をしてきて、今は、ここにいるよ。
 でも、人って、あんまり変わって(進化して)ないね。

――少し、深いことを聞いていい?
  あなたは、どうしてここにいるの?
  私の元に来たの?

P:お母さんを手伝うために来たんだよ。

――そうなのね、ありがとう。
  じゃぁ、質問を始めさせてね。
  体調はどう?

P:少し、胸(心臓)が疲れることあるかな。

――息が苦しいとか言うこと?

P:そこまではないよ。
 だんだんだよ。

――あなたはとても素敵な姿形をしているけれど、
  身体のどこか気になるところはないのかしら?

P:腰のあたりかな~。(腰骨の)高いところの下あたりかな~。

――散歩とか(運動するとき)で気になることはある? 

P:少し、ゆっくり、匂いを嗅いで過ごしたいなと、思っているかな。
 歩くのも、なにも、問題ないよ。
 吠える子(吠えかかる犬)は、いやだけど。

――私は、あなたを連れてお出かけをするのが好きなんだけど、
  あなたはどう思っているのかしら?

P:おうちでのんびり過ごすのが、一番、好きかな。
 でも、お母さんとお出かけして、
 いろんなものを『見物』するのも、
 悪くないと思っているよ。
 楽しくなさそうに見えるかもしれないけれど、
 ぼくなりに、楽しんでいるんだ。

――普段は、昼間、お留守番が多いけれど、どう思っているの?

P:そうだね。
 できたら、ずっと一緒にいたいし、
 ずっと、お母さんのことを、見ながら、ゴロゴロしていたいな。

――外に働きに出ないと、ごはんが食べられないのよ。

P:そうなんだってね。
 人間って、大変だね。

――さみしいの?

P:うん。当たり前でしょ。
 家族だもの。
 一緒にいたいよ。

――ずっと一緒に過ごしたいわ、私も。
 でも、仕事をして、ごはんを用意しなくてはならないの。
 わかってくれる?

P:うん。
 がんばりすぎないでね。

――ありがとう。
 爪やお口のこと、聞かせてね。
 私は、あなたの身体のことを大切に思っているの。
 だから、爪切りしたり、お口のお手入れをして、
 あなたの身体が健康であるようにと思っているの。
 そのことについては、どう思うの?

P:ハッキリ言って、苦手だよ。
 (お手入れするときの)お母さんの顔、コワイし。

――だから、怒るの?

P:イヤだからね。

――でも、私の伝えていること、分かるわよね?

P:なんとなく。(←しっかり、分かっています。)

――なるべく、怒らずにしてくれると早く終わるの。
  そうだと、私も嬉しいの。

P:やれやれだね。(譲る気がなさそうな感じでした….)

――時々、新しいわんこがおうちに来たり、出ていったりするけれど、
 そのことについては、どう思っているのか、教えてくれる?

P:キラキラのこと?

――キラキラって?

P:あのね、あの子達、キラキラがあるんだよ。
 家族が決まると、キラキラになるんだよ。

――「赤い糸」って言うものがあるんだけど、そういうものかしら?

P:そういうの。
 ぼくは、静かにのんびりが好きだから、
 本当は、他のワンコがいると、
 そうでもないから、
 「うーん」って思うことも、あるんだ。

 でもね、ぼくには、家族があるんだよ。
 いろんなところに連れて行ってくれる家族がね。
 キラキラに包まれているよ。

 前の家族のことを話してる子もいるよ。
 楽しいこと(があったことを)教えてくれる。
 
 そういう(前のことを話し続けているのは)悲しいよね。
 家族がいるの、しあわせだから。

 だれだって、
 家族が必要なんだよ。

 だから、ぼくなりに、手伝っているよ。
 (遠くから見ているイメージを教えてくれました)

――そういうワンコたちがいることって、どう思っているの?

P:うーん。
 ぼくのおそばに来るのは、いやかな。
 おうちには、いてもいいけどね。
 こっからは、入ってきちゃイヤっていうのが、あるよ。

――テリトリー?

P:そんな大袈裟なものじゃないけどね。
 ぼくは、心が狭いわけじゃないから、
 誰かがいてもいいけど、
 ぼくの範囲には、勝手に入ってこられるのは、
 好きじゃないんだ。

――彼らがいなくなると、さみしい?

P:そうだね。
 ホッとすることもあるけどね(ニヤッと、ウインクしてくれました)

――何かして欲しいことはある?

P:ウットリマッサージ。

――なーに?

P:そーっと、そーっと、なでなでして欲しいな。
 お母さんの匂いを嗅いで、そのまま寝るんだ。
 (音楽のイメージが浮かびます。
  歌うこと、聞くこと?
  一緒に、楽しむイメージです。)

――あなたとお話できて、とても楽しかったわ。
  また、お話ししましょうね。

P:うん。また。
 ぼくは、お母さんのことが大好きだって、
 お母さんに伝えてね。

。+゜☆゜+。♪。+゜☆゜+。♪。+゜☆゜+。♪。+゜☆゜+。♪。+゜☆゜+。♪。+゜☆゜+。


パピちゃんとの会話は、
イギリス紳士とお話ししているような、
教養とユーモアがある、
素敵なものでした。

所々で、
ウインクや、ニヤリとしながら、
お話をしてくれています。

イギリス風のユーモアセンス?
そんな感じのものでした。

これは、
個人的な能力確認のためですが、
パピちゃんの周りには、
「青色」のものがありますか?
リード、ハーネスかな~?

それから、
ヒーリングを少しさせていただきました。

「緑色」のイメージのある子ですね。

緑は、
癒しの色です。

彼自身が、
癒しを必要としているというよりも、
彼自身が、
癒しの波動を出す存在という感じです。

預かりワンコたちに対しては、
やれやれと思いながら、
話を聞いたり、
遠くから監督したりしているようです。

そして、
「キラキラ」という表現が面白いなと思いました。
家族が決まると(トライアルも含めて)、
天の川のような、
キラキラしたものが、
ワンコを包んでいくということを、
教えてくれました。

赤い糸と言うよりも、
陳腐な言葉ですが、
「愛情の光」なのかなと思います。

とても深いことを、
パピちゃんから教えてもらいました。

いくぶん、
頑固なところもあるようですが、
とても聡明で深い洞察力を持つワンコだなと、
思いました。


大変長くなりまして、
失礼いたしました。

おかしな点、
不明な点などありましたら、
お気軽に教えてくださいませ。


どうもありがとうございました。

動物を守護する大天使ラファエルからの愛と癒しを、
あなたの大切な動物家族と、あなたに。

  ~~~~~

パピに関しては、反省も含めて
なるべくのんびり一緒にいる時間を増やしたいと思っています。
パピの老後の為に買ったカート、そろそろ活躍してもらうかな。
一緒にカフェめぐりをするのだ(あれ?それじゃ変わりないか


遊ぶのも大好きだけど、普段はとっても冷静に私をみている子だと思っていました。
でも、私が思う以上に、いろいろな事を考えてるんだなって。

パピに関しては、とってもうなずける点が多かったです。
体のこと、パピの預かりっこに対する態度(ホント、寄ってこなきゃいいって感じです)

キラキラかぁ・・
パピの目にはそんな風に写ってるのね。
私は表現力に乏しいけど、パピはなかなかみたいです。

キラキラとかウットリマッサージ。
マッサージ、本当に大好きな子です。

パピちゃんとの会話は、
イギリス紳士とお話ししているような、
教養とユーモアがある、
素敵なものでした。

所々で、
ウインクや、ニヤリとしながら、
お話をしてくれています。

イギリス風のユーモアセンス?
そんな感じのものでした。


最初にメールを読んだ時には、へぇーって感じだったんですが、
その後思い出した事が。

パピ、あんな顔(柄)していますが、血統書があって、父方の父、パピからみたらおじいさん、イングランドのチャンピオンでした。

もちろん、私ですら忘れていたことなので、カリン・デンデママさんは全く知りません。
ね、すごいでしょ?
おじいちゃまの血がそうさせてるのかな


これからは、極力、パピの希望に沿って生活していきたいと思っています(めっちゃ単純な人なので
早速、お散歩はのんびりのんびり。
匂いをゆっくりかげるよう、近所の公園コースに変更しました。
朝夕散歩ができるのは短い期間です。(暗い時間帯と暑い時は夕方散歩がなくなります)
お散歩も一緒に楽しみたいと思います


ちょっと座ると、すかさず横にやってきて、腕の中に入ります

      IMG_0679.jpg

何考えてるのかな IMG_0700.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

泣きました;;
パピさんなんてジェントルマンなんでしょう。
みみちゃんどんな過去を背負ってるんでしょう;;
じゅりママさんのブログを読んだ時も号泣でした。
ぎゅっと抱きしめたくなりました。
みみちゃん、可愛いですよ^^

*Nekoさん

私、号泣しましたー(^_^;)

まずはじゅりーちゃんのを見て号泣から始まったんですけど・・

もしかしたら、信じる者は救われるの世界かもしれませんが、私は信じる方なので・・
パピやみみの返事に一喜一憂しちゃいました!

早速、夕方のお散歩はゆっくり匂いを嗅げる公園にした自分が笑えます(*^_^*)
あとどれだけ一緒にいられるかな、と考えたら、わがままでもなんでも許しちゃおうと思う私なのでしたー(^_^;)

みみは、まだまだきつい顔をしているなと思います。
もっと心安らかに過ごしてくれることを願っています。

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク