<安保法案>反対の波 全国300カ所でデモ

毎日新聞 8月30日(日)21時52分配信

毎日新聞


安保関連法案に反対する集会で、国会正門前の道路を埋め尽くす大勢の人たち=東京都千代田区で2015年8月30日午後2時8分、本社ヘリから森田剛史撮影
 参院で審議中の安全保障関連法案に反対する市民らの抗議集会が30日、東京・永田町の国会議事堂前であった。雨の中、学生や子供連れの親、戦争を体験した高齢者などさまざまな世代や立場の人々が正午過ぎから国会一帯を埋め尽くし、法案を廃案にすべきだと訴えた。参加者は警察当局によると3万人、主催者発表では12万人で、同法案に対する抗議活動としては最大規模とみられる。



 市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」主催の「国会10万人・全国100万人大行動」の一環。同団体の呼び掛けで29、30両日、抗議の集会やデモが全国47都道府県の計300カ所以上で開かれた。

 国会前で午後2時に始まった集会には野党4党のトップも駆けつけ、成立阻止に意欲を見せた。民主の岡田克也代表は「参議院での議論で法案の問題点がますます明らかになった。こんな憲法違反の法案を通すわけにはいかない。これから3週間、さらに力を貸してほしい」と呼びかけた。

 生活の小沢一郎共同代表は「今までこういう集会に顔を出したことはほとんどない。今回は何としても、いいかげんでバカげた、そして危険な法律案を阻止するためにみんなで力を合わせないといけない」と声を張り上げた。共産の志位和夫委員長は「ここまでボロボロになった『戦争法案』は廃案にするしかない」、社民の吉田忠智党首は「政党の立場を超え廃案に全力を挙げる」と訴えた。

 また、壇上でマイクを握った音楽家の坂本龍一さんは「憲法の精神、9条の精神がここまで根付いていることをみなさんが示し、勇気づけられている。憲法や民主主義を取り戻すための大事な時期で、僕も一緒に行動していく」と語った。学生団体「シールズ」のメンバーで明治学院大4年の奥田愛基さんは「憲法を守った方がいいって、変なことですかね。おかしな主張ですかね。利己的ですかね」と訴えた。

 政府・与党は来月11日までに法案を参院で採決し、数の力で成立させることを目指してきた。だが、審議は中断続きで採決は困難との見方も広がり、与野党の水面下での攻防は激化している。【樋岡徹也】

 ◇大阪でも「戦争アカン!」

 大阪市北区の扇町公園であった集会にも約2万5000人(主催者発表)が集まった。集会の呼びかけ人となった大学教授らが安保法案の廃案を求めるスピーチをした後、参加者らは「戦争アカン!」と書かれたプラカードを掲げ、市内を三つのコースに分かれてデモ行進した。大阪府箕面市の大学教員の女性(56)は「米国に追随して戦争ができる態勢をつくる法案。近隣諸国との亀裂を生むような政権の動きに危機感を覚える」と話した。【遠藤孝康】





最近、各地でデモ、という記事をよく見かけます。
(本当はね、参加したいくらいの気分ですが、今一歩が踏み出せない情けない人です)

世論はこんなに反対しているのに、もし 六十日ルールが適用されたら、本当にがっかり、というか、
もはや民主主義ではなく、軍国主義、独裁者政治 になったんじゃないかとさえ思います。

そうならない事を切に願いますが・・・ 不安でいっぱいでもあります。
六十日ルールについて、わかりやすい説明を見つけたので書いておきますね。

衆議院で可決され参議院に送付された法案が60日以内に議決されない場合、衆議院は参議院が法案を否決したものとみなす、憲法59条4項の規定。
こういう場合は、衆議院は再議決により法案を成立させることができる。



衆議院議員は、議員数の多くが自民党・公明党員です。
戻ってきたら、簡単に再議決される事は間違いないのでしょう。

ここで、問いたいのは、自民党員・公明党員は、全員、本当にこの案に賛成なんですか?って事です。

重要な法案です。党としての意見ではなく、ぜひ、個人の意見で動いていただけたら。

もっとも、これに反対したら除籍になりそうですよね。
そんなに勇気のある人もいないかな・・・



ちなみに、2015年8月20日現在
衆議院 議席数 475
  自民党 290議席
         公明党  35議席   計325

野党    150

参議院 議席数 242

   自民党  115
        公明党   20      計135

       野党    107


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク