ともnetブログより(ボスのひとりごと)

お友達ボラさん。
アニマルサポートわんわんわんさんが
レスキューした子達のうち、
5匹をともnetで引き受けました。
レスキューの状況は、
アニサポさんのブログでご覧ください。

アニマルサポートわんわんわん


少し前から
名前が知られるようになってきた「引き取り屋」。

ブリーダーから、
いらなくなった犬猫を引き取る人のことです。

たいていは、
食べて行くのに苦しくなったブリーダーが、
繁殖の片手間にやることが多いと思います。

1匹5000円、1万円とかで引き取るらしいです。
引き取った犬猫は、
他のブリーダーに売ったり、
ボラみたいな顔して里親募集したり、
行き先がなければ
自分の手元に置いて世話をします。
という、たてまえです。

ちょっと考えたらわかりますよね。
すぐに転売できるような犬猫ならまだしも、
いくらテキトーな飼い方だとしても、
1万円で引き取った犬が
数ヶ月手元にいたら赤字です。
そんな商売が成立するわけがない。
なので引き取り屋的には、
さっさと売れていくか、
さっさと譲渡されていくか、
さっさと死んでいくか、
して欲しいわけです。



これは、素人な私の、
完全な個人的意見ですが。

引き取り屋って、
そんなに専門知識もなくて、
すごく悪い人でもなくて、
プロでもない人達な気がします。
だから、
誰にもバレないように
殺したり
捨てたりができないというか…。
だからちょいちょいバレるんですよね。
だから、
安楽死、みたいな高等手段はできなくて、
かといって、
殴り殺す、絞め殺す、
みたいなすごいこともできなくて。
だから
「世話してたけど死んじゃった」っていう状況に
しようとするんじゃないかと思います。
いえ、
実際に、
「世話してたけど死んじゃった」なんだと思います。
具合が悪いかも、
ご飯が足りないかも、
痩せてるかも。
そこら辺は見て見ぬフリをして、
最低限の世話だけを続けていたら、
そう時間をかけずに
「あ、死んじゃった」になると思います。





でも、
こういう人達がいないと、
日本のペット産業?は、
成り立たないんでしょうね。
私は、
こういうことする人達だけが
悪いんではなくて、
こういうことがあるんだろうなーとは思いつつ
目をつむってる犬猫好きな人達も
同罪だと思います。
こういうニュースを見て
「可哀想ねぇ」と言う人も、
ペットショップで犬猫を買うんですもんね。

繁殖犬の終生飼養。
殺処分ゼロ。
そんな理想論ばっか語ってるからダメなのに。
そんなことができるわけないこと、
ちょっと考えたらわかるのに。

どうせ、何も変わりません。
それがわかってるのに、
ボラなんかに手を出す私は
ホントーにバカです。

あーぁ(ーー;)

愚痴りまくったところで♪
5匹の紹介を順番にしまーす\(^o^)/

よろしくお願いします\(^o^)/


~以上、ボスのひとりごとです。


~~ともnet にて、順次紹介されています。

 思ったよりも若い、かわいい子達です。 どうぞよろしくお願いいたします

ペキニーズのダリア ダリa

ダックスのジーニー ジーニー

ダックスのサンタ サンタ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク