保護犬と出会える場増加 ~ 性格や運動量わかり飼いやすい

sippo 3月30日(水)12時25分配信

 犬と一緒に暮らしたいな。そう考えて足を運ぶ先はどこですか? 迷ったり捨てられたりしたあと保護された犬を、家族として迎えるという方法もあります。

 兵庫県宝塚市の自営業の女性(55)は、3歳のミックスと2歳のトイプードルを飼う。
先に飼っていた犬が死んだ時、悲しさのあまり「もう二度と飼わない」と心に決めたが、友人の勧めで保護犬を引き取った。
一昨年に来たミックス犬は、最初は頑として動かず、抱っこして散歩へ出ていた。
慣れてくると少しずつ心を開いた。「犬というより家族の一員。心が通じ合った時はキュンときます」

 譲渡元は、大阪府能勢町のNPO法人「アニマルレフュージ関西」(アーク)。1990年から、捨てられたり行き場を失ったりした犬猫などを保護している。

 アークでは、引き取り希望者にはペット飼育歴や家族構成、留守時間などを記した事前調査書を提出してもらい、家族と面談したした上で譲渡するかどうかを決める。
マネジャーの岡本奈岐(なぎ)さんは「ペットを飼える状況であるかを確かめ、再び手放されることがないようにするためです。
一度で決めず、何度来てもらってもよいです」と話す。譲渡が決まると、ワクチンや不妊手術などの費用の一部として1万5千円を負担してもらう。

 最近保護する犬は、おおむね7歳以上のシニア犬が多いという。高齢の飼い主が、病気や死亡、施設入所、経済的理由などから手放す例が多い。

 一方、保護犬のよさは、性格や運動量などが分かっていること。家族の生活スタイルに合うかどうかも判断できる。
ネットでも情報発信
 犬の殺処分ゼロを目指すNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」は、広島県神石高原町の拠点のほか、広島市と神奈川県藤沢市のショッピングモールに譲渡センターを設けている。センターにいるのはドッグトレーナーの訓練を受けた犬だ。

 地方自治体の動物愛護センターも譲渡会や講習会を開き、引き取り希望者の面談やフォローアップに乗り出している。神戸市は希望者宅を訪問し、飼育環境が適切かどうかを見る。和歌山県では、新しい飼い主らがサークルを作り、年2回イベントも開催している。

 インターネット上でも保護犬の情報を得やすくなっている。保護犬と譲渡希望者のマッチングサイト「HOGO犬」は、審査基準を満たす18都府県66団体が犬の写真や性格などを載せている。
5年前に開設され、1740組の譲渡が成立した。同サイトの山田武生さんは「飼育の試行期間を設けている団体もある。犬の習性をきちんと知り、相談して決めることが大事です」と話す。
 
 官民を問わず譲渡元を探す際のポイントは、ホームページだけに頼らず、必ず保護されている現場をみて、保護環境や不妊手術の実施を確認すること。
安易に引き渡そうとするところには注意が必要だ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク