殺処分対象の犬、NPOが全頭引き取りへ

TBS系(JNN) 3月31日(木)5時45分配信

広島県のNPO法人が、捨てられるなどして殺処分の対象となった犬を全て引き取って新しい飼い主を探す取り組みを始めることになりました。

 処分対象の犬の全頭引き取りを始めるのは、広島県に本部があるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」です。

 広島県内では、2011年度に2300頭を超える犬が殺処分となりましたが、去年の4月から12月までは566頭にまで減っています。

 ピースウィンズ・ジャパンは、これまでの200頭分の施設に加えて、新たな施設を建設して収容能力を600頭にまで拡大する予定です。4月からは広島県で殺処分の対象となった犬を全て引き取り、新たな飼い主を探すことになりました。

 「(処分数が)全国ワーストだった広島で殺処分をなくせるのであれば、全国に仕組みが広がり、気づいてくれる人も増える」(ピースウィンズ・ジャパン 大西純子さん)

 ピースウィンズ・ジャパンは、首都圏に新たな譲渡センターの開設も予定しています。(30日20:22)

最終更新:3月31日(木)9時59分




全頭引出し、殺処分がゼロになれば、それは嬉しいですが、
引き受ける側の負担はハンパないと思います。
これを民間だけに任せてしまっていいものか。

それに、処分されないと思ったら、もっと軽い気持ちで捨てる人が増えないか、余分な心配もします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク