FC2ブログ

シロちゃん

シロちゃん、明日みゆちんとあみちゃんが病院に連れて行ってくれるそうです。
血液検査の結果が出しだい、又お知らせします。
最近ふっくらした猫ちゃんを見慣れているので、シロちゃんのように細身の猫ちゃん
やっぱり高齢なんだ・・と思わせます。
シロちゃんは、きっと今の自分が置かれている状況を把握できていないでしょう。
それでも、最近、人の出入りが激しくなったのは感じてるでしょう。
人の出入りにも動じることなく、ノンビリ飼主のおじいちゃんの傍らで寝ている事がほとんどだそうです。
たまに起き上がってオシッコをして伸びをする、そんな生活です。

シロ3


お年寄りが動物を飼う事、気持ちはよくわかるのですが、自分より長生きする事もある、
自分で面倒を見切れない場合もある、
そういうことを考えた場合、高齢で飼われる方は特に、(若い人でも、実際に何があるかわかりません)自分が面倒を見切れなくなった場合、どなたか引き取ってくれる人がいるのか、よく考えて飼って欲しいと思います。
私はこのようなケースは初めてですが、きっとたくさんあるのでしょうね。
こういう場合、残された子達はどうなるのか・・考えると恐ろしい気がします。

今回の場合、飼主さんが入る病院のスタッフの方も、今現在飼主さんのお世話をして下さるヘルパーさん達も、とても一生懸命に考えてくださっています。

もちろん、この間書いたように、簡単に「保健所・愛護センター」と考えていた部分もありますが、これは、この方達が、センターについて無知だった事が、そういう単純な発想とつながりました。

シロちゃんは、この間も書いたとおり、腎臓の薬を飲んでいます。
ジュリちゃんのトリミングをして下さっているお店の方が、病院にお薬を貰いに行ってくださったり、
ジュリちゃんもシロちゃんも、本当に周りの人によくしてもらっています。
ジュリちゃんは、新しい幸せへの第一歩を踏み出しました。
あとはシロちゃん・・なんとかして、シロちゃんにも新しい幸せを見つけてあげたいと願っています。

シロちゃんに関しては、腎臓のお薬が必要ですが、この医療費について、現在検討中との事で、一部負担していただけそうです。

又、川崎、名古屋近郊の方なら、できる限りのフォローはさせて頂きたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願いいたします。


アヤちゃんが早速作ってくれました。
お持ち帰り自由です。宜しくお願いいたします

シロプレート



里親さんを待っている子達の画像が随時アップされています

ひろしまドッグパーク



静岡からの里親さん募集です

しずかちゃん






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

シロちゃんのバナー使わせてもらいますね。
(ネットの)里親募集にて、ねこさんの募集がすっごく多いことに驚いてます.....。
独居の高齢者の方には癒しそのものかもしれませんね。しかし記事にも触れておられるように難しい一面もあることを感じずにはいられません。ご家族の方がご理解あれば言うことないのですが....。ただ今回、飼い主さまを支援しておられる方がジュリくん、シロちゃんのお世話をもされておられる。どうぶつと暮らす高齢者の支援のあり方についても考えさせられました。

とても難しい問題

かなぁ・・・と思います。高齢者の方は時間に余裕もあって寂しさからもペットを飼う方が多いのも確かです。安らぎをもらえ一緒に暮らす間はペットもとても幸せかと思いますが、もしもの事態になったときは一転して不幸になることも多いのが現実です。ペットはまた保険が利かないので高額な医療費がかかることも、しばしばです。・・・やはり、周りの協力があってこその飼育かなと考えさせられました。猫ちゃんは若くても里親探しが厳しいです。なんとか見つかるように・・・

難しい問題だね~

うちも年寄りいて二人とも犬が大好きだし飼いたがっているけど自分達の年を考えて我慢してる、今は姉の家の犬を散歩させたりしてるけどやはり寂しいみたい

私もこれからの事考えたら・・自分にとっても犬のいない生活考えたくないけど。
犬猫はじめ動物のシェルターが公のものとして出来て欲しいね。すぐに持ちこみすればいいって人が増えたりとか問題はあるけど少なくても命は救えるだろうし
人にも動物にも優しい行政!!無理かな

以前にもお話したかもしれませんが、仕事場(主人の実家)の隣のお家のおばあちゃん、確か80歳を過ぎていると言っていました。でも、80歳過ぎのおばあちゃんには見えなくて、とってもお元気なんだけど、そこのお家にも猫ちゃんが常時7~8匹いるんです。ご主人が数年前に亡くなって一人暮らしなんだけど、猫をいっぱい飼っていることもあって、近所の大人や子供が猫を捨てにくることもあるらしいんです。多分、捨て猫・野良猫を『きっとあのおばあちゃんなら飼ってくれるだろう』って思ってのことだとは思うんだけど…。
おばあちゃんも、すぐに『かわいそう』って言って飼ってしまうんだけど、さすがに自分のお歳も考えてもらわないと…。私からは言えないので、主人の母がいつも「もう、絶対猫増やしちゃダメよ!」って言ってます…。
だけど…安易にセンターに持ち込む人に、是非このおばあちゃんの爪の垢を煎じて飲ませたい…。

☆お返事です

*大家さん
動物が癒しであることは確か。
そして、一人暮らしの人が増えている中で、これから重要な地位を占めているとも思うの。
ただ、生き物であるという事をもっと考えないと、これからはこういう問題が多くなると思います。
高齢者への支援に含めて欲しい問題。本当にそうですね。

*モナミのママさん
高齢者とペット・・
もっと地域ぐるみで考えていけたらいいのに、と思います。
まだまだ壁は厚いだろうけど、これから増えそうな気がするので・・というか、もうたくさんあるのかもしれません。
ただ、耳に入ってこないだけかも。
ペット保険ありますが、なかなか決心がつかないものです。
ちなみに、パピさん、かなり迷って去年入りました。
今のところ、元は取れないけど、安心を買う意味で、お守りみたいなものです(^^)

*litaさん
本当に難しい問題。
うちも父親が大好きなので、私が赤ん坊の頃からずっと犬がいました。
でも、やっぱり高齢になった時に、飼うのを諦めましたね。
この踏ん切りが私につくかな・・ちょっと不安。
でも、そうなったら近所のワンコのお世話でもさせてもらおうとか、施設みたいなのがあったらお手伝いさせてもらおうとか考えています。
・・頭ではね(T_T)

*ぶぶさん
捨てる人もいれば、拾う人もいて、
一見、帳尻が合ってるように見えるけど、やっぱりダメですよね。
自分で飼う気がなくても、捨てられていると見捨てられなくて拾ってしまう人、やっぱりいると思うんですよ。
あまり表面化する事はありませんが、多頭飼育の多くはそのパターンのようです。
やはり「捨てる人」が一番問題なのだと思います。
本当に何とかならないものなのでしょうか・・
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク