旅立ち

想うがままに書かせていただくので、意味不明とかあるかもしれません。
お許しください。


パピが小さかった頃、本当に面倒な子で、
何がって、よく噛まれてました。
気にいらない事があると、すぐカプッ!と来る子で、流血騒ぎもあり、本当に何度も泣かされたものです。

小さな頃からずっとわんこと生活していて、わんこはいつも一緒にいる存在。
でも、特に問題と感じた事なく、犬のことで悩んだのは初めてでした。

ちょうど、ネットが普及しだした頃で、ネットであれこれ調べて、同じような悩みを持つ人の話を聞いたり・・
そんな時に知り合ったのが、みゆちゃんでした。(と、あやちゃん)
みゆちゃんと知り合った事がきっかけで、チーム神奈川と知り合い、とても仲良くしてもらって、
一緒に旅行に行った事もあります。

みんな、若かったね。先の事なんて考えた事なかったね。

あれから10年以上たち、その間に、亡くなったわんこさんもいます。
当時若かったパピも、みゆちゃんとこのクッキーも15歳になり、

正直、いつ何があっても、と思う年齢になっていました。


何回も肺水腫から、奇跡の復活をし、さすが!と思わせてくれたクッキーでしたが、12月1日、空へ昇っていきました。

とても悲しいです。信じられないです。

クッキーとパピがいたから、私達は知り合いました。
そういう意味で、クッキーは、私にとって特別な存在でした。

今考えると、とても不思議なんですが、クッキーが亡くなる1週間くらい前に、私、夢をみたんです。
普段、夢を見る事、ほとんどないのですが、

クッキーだけでなくて、みんななんですけどね。
みんなまだ若くて元気で。
そんな夢を見て、一週間くらい後の事でした。


クッキー、ありがと。

そんな想いを伝えに行かなきゃ、って、神奈川に出かける事にしました。

名古屋駅に向かうバスの中で、あみちゃんちのななちゃんが亡くなったと知りました。
あみちゃんはチーム神奈川のメンバーです。

ななちゃんは、仲間のわんこの中で、最高齢で、19歳と3か月
若い時からいっぱい病気をして、一番先にいなくなっちゃうかも、と思われたななちゃんでしたが、
誰よりも長生きしていました。
20歳のお誕生日は、豪華にお祝いしようね、って言ってたのに・・・

でも、ななちゃんは、なかなかの女で(笑)
誰よりもパパが大好きで、パパを独り占めして、パパの横で、本当に静かに息を引き取ったようです。
大往生、ってこういう感じなのでしょう。

私が行く日を待っててくれた?なんて思いませんが、
私が行くその日の朝、旅立ったななちゃんにもできて、会う事ができて、

悲しいけれど、何か不思議な縁を感じています。


クッキー、ななちゃん、
そんなに遠くない未来、パピも旅立つと思います。
そしたら仲間に入れてあげてね。

写真は撮れなかったけれど、クッキーは、本当にたくさんのお花に囲まれて笑顔でいました。
クッキー、また会おうね!

クッキーがお空に旅立つ時、名古屋はこんな空でした。
クッキー、きっと笑顔で旅立ってくれたよね?

ku.jpg

残されたぷりんとあんず。
あなたたちは、ママの為にももっともっと一緒にいてね。

           1481586017860.jpg

         1481585962353.jpg

ななちゃんが旅立つ時、風が強くて雲が動いていました。
ななちゃん、寄り道してたかな

1481716963274.jpg



他にも、お友達わんこさん、にゃんこさんの旅立ちがあり、
正直、滅入っています。

我が子を看取るのが飼い主の務めです。
笑顔で送ってあげられたらと思いますが・・
そして、友達には笑顔で送ってあげて、といいますが・・
そんな事、きっとできないでしょうね。


怒りんぼパピさん、
今でも怒る事は多々あります。
でも、私はもう怒らないように心がけています。
怒りんぼでもいいし、ワガママでもいいし、なんでもいいから、今の生活が一日でも長く続きますように・・・

             1481720673549.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クッキーくん

本当に良い子で

いつも笑顔でしたね

ご冥福をお祈りします

*まーくんさん

本当に、明るく楽しい子でした。
一緒に寝た事もあります。
ひとつひとつがとても大事な思い出です。
見送るというのは、やっぱり悲しい事ですね。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク