飼い犬を迎え入れる前に考えるべきこと

飼い犬を迎え入れる前に考えるべきこと

@DIME 1/26(木) 8:11配信


飼い犬を迎え入れる前に考えるべきこと

ひとつの命を最後までお世話するために


◆ひとつの命を最後までお世話するために

「犬を飼いたい」と思っている方は、たくさんいると思います。ただ、家に犬を迎えても、さまざまな理由から飼い続けることが難しくなり、最悪の場合愛犬を手放してしまう人も中にはいます。犬と人の両者が不幸にならないために、犬を迎える前に大切なことを確認しましょう。

まずは「住環境」です。ペットNGの物件に住んでいながら、犬を飼ってしまう人がいます。あまり吠えない犬であっても、部屋を走り回ったりおもちゃで遊んだりすれば自然と音が発生するものです。そうなったときに周囲にバレてしまい、家を出ていかなければいけなくなったり、愛犬を手放さなければならない事態に追い込まれたりする可能性も考えられます。

また、飼い主が犬の存在を隠そうとしていると、犬の行動にも必要以上の制限を求めてしまい、結果的にストレスを与えることになります。それは犬にとって、とても不幸なことではないでしょうか。また、ペットOKの物件でも気を付けたいのが飼育に関する条件です。「1頭のみOK」「小型犬2頭までOK」など、物件によっては飼育に関する条件を設けている場合があります。事前に必ず確認しましょう。

続いて「金銭面」。

犬1頭の生涯費用は200万円以上ともいわれています。日々のエサ代、ワクチン代、ノミ・ダニ・フィラリア予防のお金、トリミング代などのほかにも、想定外の病気や事故により莫大な治療費がかかる場合があります。このように、犬1頭を育て最後まで世話をすることは決して簡単なことではありません。

どんなに仕事や家事で疲れていても自分の時間や体力を愛犬に費やし、愛情を注ぎ続けることができますか?言うことを聞かずに吠えたり、トイレの失敗をしたりする子犬に忍耐強くしつけをする根気強さや覚悟はありますか?

気持ちだけでは、犬も飼い主も幸せになれないケースがあります。犬を迎えるということは、大切な命の責任を持つということ。楽しみやファッション、理想論ではなく、きちんと現実を見て、本当に犬を迎えるのか今一度考えてみてくださいね。

文/大原絵理香
.
@DIME編集部
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク