愛犬と機内でも一緒! JALが「ワンワンJETツアー」開催

ついにこんな事ができるようになったんですね。
以前、わんバスで旅行したことがありましたが、一緒に空を飛ぶとは。
私もパピも、もっと若かったらチャレンジしてたかも




愛犬と機内でも一緒! JALが「ワンワンJETツアー」開催

Impress Watch 1/30(月) 14:12配信


愛犬と機内でも一緒! JALが「ワンワンJETツアー」開催

 JAL(日本航空)とジャルパックは1月27日~29日、愛犬と飛行機の客室内で一緒に過ごせるツアー「JALチャーター便で行く ワンちゃんとの旅 ワンワンJET鹿児島3日間」(以下、ワンワンJETツアー)を実施した。


 ツアーは2泊3日で、成田~鹿児島間は往復ともJALのチャーター便を利用。宿泊は、愛犬と一緒に泊まれる「ドッグリゾート鹿児島 CoCoフォレいむた」か、「霧島観光ホテル」の「Kiri Dog」「D+PREMIUM」のいずれか。ツアーは12月13日の発売日に完売するほどの人気だったとのことだ。32組、63名と32匹が参加したこのツアーの1日目に同行したので、往路の様子や宿泊先についてレポートする。

■JALチャーター便で行く ワンちゃんとの旅 ワンワンJET鹿児島3日間

期間:2017年1月27日~29日 2泊3日
運航区間:成田(09時30分)発~鹿児島(11時50分)着予定、鹿児島(15時25分)発~成田(17時00分)着予定
機材:ボーイング 737-800型機(JA339J)
便名:JL1111便(ワンワンワンワン)※往復同一便名
料金:14万8000円など(4名+愛犬1匹で1室の場合、1人あたりの料金)
宿泊先:ドッグリゾート鹿児島 CoCoフォレいむた/霧島観光ホテル「Kiri Dog」「D+PREMIUM」のいずれか(※食事は朝夕付き)

 ワンワンJETツアーは、JALとジャルパックにとってペットを客室内に入れる初めての試みであったため、イオンペットとイオンコンパスの協力を得て企画。全国の宿泊地をリサーチし、愛犬を連れての宿泊に適した施設を備え、温泉や観光資源が豊富であることなどからドッグリゾート鹿児島と霧島観光ホテルが選定された。

 ツアーは往復の飛行機と宿泊以外はフリープランとなっており、これは飼い主と愛犬にマイペースに観光を楽しんでほしかったからとのこと。現地での移動は犬の同乗がOKのレンタカーを利用するが、車内ではクレート(キャリー)に入れてシートに固定するルールで、給餌は禁止となっている。ツアー代金には往復の航空券、宿泊(朝夕食付き)、レンタカー代などが含まれている。またツアー中は2名の獣医師が同行する。

 成田国際空港 第2ターミナル 国内線チェックインカウンターでは、7時30分からチェックインが開始された。チェックインカウンターは一般の搭乗客とは分けられており、ツアー客はフロアのツアーの奥に進んで受け付けを行なう。受付では今回のツアー専用に作られたクレートを渡される。往復の機内やレンタカーの車内では、愛犬をこのクレートに入れて移動することになる。

 チェックインカウンター前にはパーテーションで仕切られたエリアがあり、このなかには愛犬との記念撮影ができるスペース、受け取ったクレートに愛犬を入れるスペースが設けられていた。

 クレートに入れ終えると、あらためてチェックインとなる。犬の耳を頭に着けたJALスタッフが対応していたが、スタッフのなかにも犬を飼っている人が多く、愛犬話に花を咲かせていた。このチェックインでは犬にも搭乗券が発行されるため、愛犬の名前が入った搭乗券に、ツアー客はとても盛り上がっていた。

 ワンワンJETの便名は「JL1111便(ワンワンワンワン)」(運航上はJL4901便)。ツアー客も案内表示の「JL1111」を笑顔で指差したり撮影したりしていた。出発はIゲートから。ゲート前にも記念撮影スペースが設けられ、搭乗記念の「顔はめパネル」ならぬ「クレートはめパネル」が用意されていた。

■「JL1111」のワンワンJETへ搭乗

 記念撮影で盛り上がり、ツアー客同士も徐々に打ち解けてきた雰囲気のなか、搭乗開始のアナウンス。「またあとで」と声を掛け合いながら、愛犬とともにボーイング 737-800型機に乗り込んでいった。

 機内では、愛犬の名前が入った特製のヘッドレストカバーにあちこちから歓声が上がる。愛犬のシートはすべて窓側で、シートはビニールシートで養生されており、クレートはシートベルトを使って固定する。うまく固定できない人をCA(客室乗務員)がサポートしていた。愛犬用のお土産が用意されており、「わんこのおやつ工房 Le Ponta」特製のクッキー、ラスク、鹿肉、ノンアルコールワインなどがメッセージカードとともに袋に入っていた。

 ワンワンJETは定刻より少し早めの9時26分にプッシュバックを開始。9時49分に鹿児島へ向けて離陸した。

 離陸してしばらくすると、機長の小城章裕(こしろあきひろ)氏から運航状況などのアナウンスのあと、ツアー客への挨拶があった。

 自身も5歳の柴犬を、副操縦士の横田睦(よこたあつし)氏は4歳のラブラドール・レトリバーを飼っていることに触れ、「我々も犬好きということでワンワンJETの乗務を希望しました。犬を家族の一員と考える我々にとって、同じ飛行機、同じ室内で一緒に旅行に出かけられることは夢と言っても過言ではありません。

 皆さまの思い出に残る旅行のお手伝いができることを、乗務員一同光栄に感じております。本日のご搭乗、まことにありがとうございます」と話すと、拍手をするツアー客も見られた。

 ツアー客に話を聞くと、以前貨物室に犬を預けて飛行機の旅をしたことはあったが、とても心配だったそうだ。犬が少しぐったりしているようにも見られたので、帰路は航空券をキャンセルして陸路で帰ったことがあったそうで、こうして隣で水をあげたり、「大丈夫だよ」と声をかけたりしながら旅をできるのがとてもうれしいと話してくれた。

 ワンワンJETが富士山付近を通過する頃、機内アナウンスで記念撮影タイムが始まること、パイロットやCAの犬サイズのコスチュームが用意されていること、この時間はクレートから飼い主の膝の上に愛犬を出していいことが告げられると、大きな歓声と拍手が起きた。

■ワンワンJETは鹿児島空港に到着

 ワンワンJETは11時33分に鹿児島空港に着陸、11時37分に到着した。具合がわるくなる犬もなく、地上に降りてツアー客もほっと一安心という印象だった。ここからツアー客はレンタカーで移動となる。

 ツアー客を運び終えたワンワンJETはこのあと、搭乗客を乗せずに羽田空港へ移動して清掃される。シートや床はもちろん、空調フィルターなどまで徹底して掃除されるそうだ。

■犬同伴客専用に作られた霧島観光ホテルの「Kiri Dog」「D+PREMIUM」

 ワンワンJETツアーでは「ドッグリゾート鹿児島 CoCoフォレいむた」か、霧島観光ホテルの「Kiri Dog」「D+PREMIUM」のいずれかに宿泊するが、記者は「Kiri Dog」と「D+PREMIUM」を取材したのでその様子をお伝えする。

 霧島観光ホテルでは一般客と犬同伴客とは入り口も建物内もしっかり分けられていて、お互いが遠慮や不快な思いをしないよう配慮されている。「Kiri Dog」は霧島観光ホテルの1階の一部と6階のすべてが使用されており、このエリアは愛犬と一緒に歩ける。6階の客室数は6室。1階には犬同伴客専用のレストラン「MISTY DOG」があり、愛犬と一緒に夕食を楽しむことができる。犬専用の夕食メニューもあり、メインディッシュを数種類から選べて、取材時は鹿肉、鶏肉、魚が用意されていた。

 ちなみに霧島観光ホテル周辺のお勧めの散歩コースをスタッフに聞いてみたところ丸尾の滝が有名だそうで、のんびり歩いて20~30分ほどの距離にあり、温泉水が流れ落ちる珍しい滝とのこと。昼食には、マテリア霧島グループが運営するカフェ「マテリアランチ.com」(火曜定休)が愛犬を連れてもOKでお勧めだと教えてくれた。

「D+PREMIUM」も霧島観光ホテルの敷地内にあり、こちらは以前は宴会場として使われていたスペースをリノベーションして広めの4つの客室を設けた、少し贅沢な仕様とのこと。「D+PREMIUM」では、愛犬と一緒に部屋で食事をとれる。受付はなく、宿泊客は客室に通されてからチェックインを行なうそうだ。人間用と犬用の露天風呂を備えた一番広い客室を見学した。

霧島観光ホテル「Kiri Dog」「D+PREMIUM」

所在地:鹿児島県霧島市牧園街高千穂3885
TEL:0995-78-2531
チェックイン/チェックアウト:15時/10時
Webサイト:霧島観光ホテル「Kiri Dog」「D+PREMIUM」

マテリアランチ.com

所在地:鹿児島県霧島市霧島田口2458-8
TEL:0995-57-0291
営業時間:11時~用意した材料がなくなるまで
定休日:火曜
Webサイト:マテリアランチ.com

ドッグリゾート鹿児島CoCoフォレいむた

所在地:鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田1806
TEL:0996-56-0121
チェックイン/チェックアウト:15時/10時
Webサイト:ドッグリゾート鹿児島CoCoフォレいむた

 ジャルパック担当者に、今後このワンワンJETツアーのような企画が実施される可能性について聞いたところ、「現段階で決定したものはないが、初めての試みなので、今回の参加者から意見を伺いつつ、ペットを同伴できる全国の宿泊・観光施設の状況、チャーター便の離発着の条件などを勘案して、今後もお客さまのご要望に応えられるよう検討していきたい。今回の内容を検証してペットと飼い主の皆さまがストレスなく旅行できる企画を、JALグループとして検討していきたい」と答えてくれた。
.
トラベル Watch,編集部:稲葉隆司


【最終更新:1/30(月) 14:12
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク