犬を飼う前に

ちょっと探し物をしていて、ふと読んでしまった(笑)
12年前の私。
今と同じ事考えてたんだと感心したらいいのか、私に進歩がないのか。
よかったら読んでやってください。

我家のパピ。16歳と4か月。
今、実感している事があります。

めちゃめちゃお金がかかります。
薬代、点滴代、血液検査、エコーなどの医療費、そしてトリミング、鍼灸・・・
あれこれ注文多いので、食費もどれだけかかってるかわかりません。

もちろん、私が望んでやっている事なので、不満はありません。
ただ、ただ、知っておいてください。
若いころは特に大きな病気をする事のなかった子ですが、年齢がいけばそれなりです。

まだトイレは自分でいきますが、それもできなくなるかもしれない。
食欲も昔のようにガツガツとはいかない。食べさせなければいけない時もあります。

年老いて、さらにガンコになり、イヤな時はイヤ!と怒ります。
耳が遠くなるのは、ビビリな子にとって、幸せな部分もある事が多いのかも、と思っていますが、
パピの場合はもともと雷や花火も平気な子だったので、逆に、聞こえない事に不安があるのかも、と思う事が多くなりました。
その不安をどうとりのぞいてあげたらいいのかな・・
今、彼がどんな心境でいるのか考える時間が増えました。


ちょっと余談が長すぎましたね。
それでは12年前の私が考えていたこと。
このブログの最初の頃から拾ってきました。

    


  犬を飼う前に

まず、
犬は平均15年くらいは生きます。
いつも元気とは限りません。
病気もするでしょうし、もしかしたら最後はボケてしまうかもしれません。
その覚悟はできていますか?

犬種によっては、かなりの運動量が必要な子もいます。
歩くだけではなく、走らせる事が必要な子もいます。
小型犬でも、骨を丈夫にする為には、お日様にあたったり、土の上を歩かせる事も必要です。
そういう時間を作ってあげられますか?

健康な子でも、狂犬病接種は義務付けられていますし、
その他にも、各種ワクチン、フィラリア、フロントライン投与と必要なものがあります。
きちんとしてあげられますか?

又、犬種によっては、手入れに手のかかる子もいます。
トリミングが必要な子もいます。
どちらも、手間がかかったり、費用がかかったり。
その辺も考えていますか?
犬種特有の性質もあります。
ダックス、ビーグルがよく吠えるのは、もともと彼らが猟犬だからです。
それを知らずに買って、なおかつきちんとした躾けもせずに、「よく吠える」と言われても、犬の方が迷惑です。

最初から、きちんとトイレトレイでオシッコのできる子はいません。
これは飼い主となるあなたが躾けて、初めてできるようになる事です。
確かに短期間で覚える子もいますが、何ヶ月もかかる子もいます。
根気よく、愛情を持って、教えてあげる事ができますか?

その他にも、要求吠えをしない・留守番なども、教えるからできるのです。
そういう意味では、学習能力の高い動物です。
逆にいえば、教えなければ学習しません。
「・・ができないからいらない、かわいくない」という言葉を耳にしますが、
できない、のではなく、あなたが「教えていない」のです。
それを忘れないで下さい。

あなたが病気をした時、もし家を何日か留守にしなくてはならない時、
その時はどうしますか?
犬は生きています。でも、自分でご飯の準備はできません。
どなたか代わりに世話してくれる方がいますか?

あなたが、たくさんの愛情を持って接していれば、彼らはそれ以上の愛情で返してくれるはずです。
決して裏切る事はありません。
「裏切る」という言葉は彼らにはないと思います。
裏切るのは私達の方です。
病気になったから。トシをとったから。子供が生まれたから。
という訳のわからない理由で、保健所、愛護センターに持ち込まれる犬・猫がとても多い事を知っていますか?
彼らには何の罪もないのに。

今一度、あなたはなぜ、その「犬」が欲しいのか、よく考えてみてくださいね。
通販商品ではないのですから、「もし気に入らなければ返せばいいか!」では困ります。
あなたの生活をより楽しくさせる為にも、衝動買いなどせずに、よくよく考えてみてくださいね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*鍵コメさん

なんか、とても切ないお話ですね。
まだお金も時間もかけてあげてるとは思えないのに。
本当に、せめて愛情を・・私もそう思います。
一番大事なのは愛情だと思うので。

やっぱり「売る側」の問題も大きいなと改めて思いました。
もちろん、そういう話をしたら、もしかしたら買う人は減るかもしれないけれど、
少なくても飼育放棄をされる子達は、少しは減るのではと思います。
こんなに情報を得やすい社会になっているのに、まだまだなんて悲しいですね。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク