FC2ブログ

愛護団体に思うこと

最初に、ちょっと聞いてみたいと思う事があります。
名古屋近隣(名古屋の東方)の方で、医療費の負担があまりなければ、預かりなどしてみてもいいかな、と思う方はいらっしゃいませんか。
もしいらっしゃったらメールを頂けると嬉しいです。


さて、今日は私の思う事を書かせて下さい。
長くなって、意味不明になってきたら、読むのを止めてくださいね(笑)
だいたいが、文章能力のない人ですから・・でも書きたいのでお許しを
そして、あくまで私の個人的考え、思いである事をご承知下さい。

今の日本では保護施設を持って活動する事、結構大変なように思います。
外国のシェルターが機能しているのは、行政の後押しがあるからだと思うのです。
それから、生体を売るショップがない事、
動物を守る法律が日本よりずっとしっかりしている事
確かに、外国でも動物の虐待、放棄はあるでしょう。
ただ、「命」として守る機関も法もしっかりしていると思うのです。

今の日本。
行政が何をしてくれるというのでしょう。
崩壊しても、すぐに動いてくれるところがあるかどうか・・
多頭を保護する施設。誰が運営してくれるの?
費用はどこから?寄付に頼る?
そうやって考えると、今の日本では不安になりませんか。
だいたい、彼らの命は「モノ」扱いです。
そんな法律に、彼らの何が守れるというのでしょう。

去年から各地で繁殖場の崩壊が続きました。
どこも動いているのは、愛護団体です。個人の方です。
行政が動いた所はあるのでしょうか?
確かに軽井沢は、行政が手伝って、譲渡会をしました。
でも、結局一部の子しか救えなかった。
今、話題になっている大阪の繁殖場、あそこの子達は全頭、大阪府の所有となったそうですね。
なぜこんなに簡単に?(もしかしたら、決して簡単ではなかったかもしれません。でも、他のところはどれだけ騒がれてもほとんど行政が前面に出てくる事がなかった事を思うと、不思議に思えるのです)
ブルセラ病の子がいるから?と思えます。人畜共通感染症です。

あの現場はどうなったかウワサにも上らならないくらい、次から次へと各地で崩壊がありました。
繁殖場、テーマパーク・・
生きている動物達を世話するのは大変です。
食事、排泄の世話は当たり前ですが、病気になる子だっているでしょう。怪我をする子だっているでしょう。
手間もお金も相当かかると思います。
目先の計算だけでできる筈はありません。

愛護団体さんは、日本全国数知れずあることでしょう。
寄付するのは簡単です。
自分が騙されてもいいと思ったら、何も考えずに寄付すればいいのです。
でも、やっぱり見極めも必要なのではないでしょうか。
騙されてもいいからと思うのは個人の勝手ですが、甘い汁を吸う事を覚えた人達が、他の、本当にマジメに活動されている方々の足を引っ張っているとしたらやはり問題です。


私も動物が大好きですから、自分で信じてるところ、人は個人的に応援したいと、寄付したり物資を送ったりしています。
たいていは、メールのやりとりで信じられるかどうか確認させて頂いていますが。
・・それでも、ハマル事はあるでしょう。残念な事に・・
決して、愛護団体を信じないで。と書いている訳ではありません。
私自身、応援しているところもあります。
頑張りをわかって欲しいとも思っています。

なんでもそうだと思いますが、私達一般人が賢くならなれば、世の中の不正とか裏側部分は、決してなくならないように思います。


・・なんだか自分が壊れつつあるような?
書いてる事と書きたい事が一緒なのか?かなり不安になってきました
長々と書いた上に、意味不明だ!と思われた方ゴメンナサイ
最後まで読んでくださった方、どうもありがとうざいました。




ヒロ君バナー


黒ラブのヒロ君が里親さんを探しています。

飼主さんの都合で飼えなくなったヒロ君。
彼に罪はありません。
彼にいっぱい愛情を注いで下さる家族を探しています。
どうぞ宜しくお願いいたします



じじ君


じじ君という柴ちゃん、12~13歳 ♂
埼玉県南埼玉郡菖蒲町小林沼付近で行方不明になっています。


1月13日の事ですが、まだ見つかっていないようです。
心臓病のお薬を飲んでいるとの事なので、余計心配です。
心あたりのある方、宜しくお願いいたします。


http://plaza.rakuten.co.jp/ryou4444/diary/20070113/


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

本当にこんなに繁殖所の崩壊が続いてるのに繁殖所はとどまらない・・
それは買う人がいるから・・

日本の法律・・改正されてもほとんど役にたたない状態・・
もっと海外のように行政が動いてくれたら・・・
腰の重い行政・・マスコミが動けばやっと重い腰をあげる感じで・・

保護団体も自分の保護犬たちで手がいっぱいなのに繁殖所の崩壊は後を絶たない・・
勉強しなければいけない日本・・

いつまでこんなことを繰り返すのだろう?
同じ気持ちの団体・・協力して行政を動かせてほしい・・

足の引っ張り合いに何の意味があるのかな?

里親会の様子、ちょっと前までは飼っていることだけでお金持ち~♪というくらい引く手あまただったチワワちゃん。そんな人間のくだらないブームのために、どれだけこの子達が辛い思いをしてきたのか。
里子に迎える方たちにぜひ伝えたいのは、預かりをされている方たちは、心を開くところからひとつひとつ一緒に前進してきたのですから、そのバトンを受け取ったらぜひその先への前進をゆっくり時間をかけて続けて行ってほしいです。保護犬だから慣れない、保護犬だから分からない、ということはありえず、どんなワンちゃんでも一緒に進もうと思ってくれなければ、心を開いてくれないと思うのです。
「愛護団体に思うこと」を読んで、何にしても一般人が厳しい目を持ち、利口(言葉は悪いですが)になることが必要ですね。最近はネットの力もあって、かなり一般の声が大きな力になるケースも増えてきてはいますが、そういうことがなくても行政がしっかり機能してくれないと、どの愛護団体も飽和状態が続くことになってしまいます。もともとは悪質な人間が起こした問題なのに、少なくとも「良くしよう」という思いを持った人間同士でいざこざがあるのは悲しいです。それよりも裁かれるべき人間をまずは罰してほしいです。

願う事はひとつなのに。。

みんな願う事はひとつなのに、なぜか団体同士は仲が悪い場合が多いね。

やり方が違ったり微妙なところで意見が違ったりするから同じやり方では活動できない。
だからお互いを非難しあうのは止めた方がいいですね。

大阪のワンコ達、所有権が移ってややこしい事になってますね。
お役所仕事はとにかく遅いっ!
陽性の子達を早く隔離出来たらなぁ~と心配しています。

☆お返事です

*kaoriさん
「買う」人がいるからなくならない。
この現実をなんとかしなくてはいけない。
最近は見る事もないけど(悲しすぎる・・)ネットオークションなんて最たるものです。
相手がどんな人かもわからずに売り買いする。モノならではの売買です。
売る人に聞いてみたい。命なのに、売れればいいのですか?あなたはその命に愛情は感じないのですか?
啓蒙活動の普及にもっともっと力をいれて欲しい。
行政側もこういう点にもっと目を向けて欲しいと思います。
団体も力を合わせる事ができたら、もっと大きなことができると思うのだけど、これは難しいのかな・・

*ラビペンさん
ちょっと前まではダックスばかりだったのが、今はチワワばかり・・
流行を物語っています。
人間の欲の犠牲者である彼ら。
どうして最後まできちんと面倒を見てあげれないのでしょう。
自分で最後までが無理だというのなら、自分で里親を探すくらいの努力をして欲しいと思います。
それくらいの責任は負うべきはないでしょうか。
どの子の瞳も淋しそうで、悲しく見えます。
人間を信じていない彼らに、せめてこれからの何年かは思い切り甘える事のできる家庭を見つけてあげたい。
そういう思いで、皆さん頑張ってみえます。
繁殖リタイア犬は、全然大変じゃないです。
確かにトイレの心配はありますが、今まで教えてもらった事がないのだから、ソソウして当たり前、と思えばなんて事はありません。
あとは愛情を注いであげるだけで、彼らはどんどん変わっていきます。
私なんか、正直、彼らは何もできなくたっていいじゃん~?って思っている人です。
今迄頑張ってきた分、楽して。のんびりして。おいしいものいっぱい食べて。
そんなふうに思っていたら、ちょっとした事でも何かできれば「スゴイ!!」と思えます。
彼らも頑張っています。私達以上に・・
それをわかっていただけたら嬉しいと思います。

*かあしゃん
目的も願いもひとつのはずなのに・・
なぜ協力できないのかしらね?
私が部外者だからそう思うだけで、内情は大変なのかもしれないけど、
緊急の時くらいは力を合わせられないのかな。
とても残念に思います。

大阪のワンコ達、行政が入ったから大丈夫と思っていたのに、甘かったですね。
検査までは良かったのに。そんなものかとがっかりしています。
隔離というか、健康な子と別にするのがそんなに難しい事なのかな?
これから大阪府、メディアに訴えてみようと思っています。
私たちに今できる事、頑張らないとね。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク