FC2ブログ

動物愛護及び管理に関する法律

https://www.change.org/p/%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%AE%E6%84%9B%E8%AD%B7%E5%8F%8A%E3%81%B3%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B-%E3%81%AE%E6%94%B9%E6%AD%A3%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B%E7%BD%B2%E5%90%8D

今年、5年に一度の「動物愛護及び管理に関する法律」の改正が行われます

  ~「変えたい」気持ちを形に~

動物愛護管理法の改正を求める署名にご協力ください。


次回動物愛護法改正に向けた要望項目

1. 犬猫の繁殖業について免許制の導入を! 【取扱業】

・繁殖年齢、繁殖回数、ケージなどの設備の数値規制
・業者の定年制、管理者1人あたりの頭数制限
・幼齢(生後56日以内)動物の親からの引き離し禁止

2. 動物虐待・ネグレクト事案をはじめ不適切飼育について動物保護制度を! 【所有者全般】

・動物を緊急に保護する命令 の制度化
・虐待事案で有罪判決を受けた者に対し、動物の所有を一定期間禁止する
・反則行為を繰り返す(例えば3回)飼い主の飼養権停止

3. 不適切飼育の監督について民間の活用・行政との連携を! (日本版アニマルポリス)【所有者全般】

・警察と動物行政の連携(41条の4)について具体的なガイドラインの作成
・獣医師による通報(41条の2)を義務化するとともに、通報すべき事項について具体的なガイドラインの作成
・狂犬病予防法違反(畜犬登録や予防注射)の摘発強化のため関連自治体(関連部署)との連携
・駐車違反の取り締まりと同様に、民間の「監視員」の導入

4. 緊急災害時のペット同伴避難の推進を! 【所有者全般】

・法律に災害時のペット同伴が飼い主の義務であることを明記する
・地域防災計画にペット同伴に関する事項を定めることを義務づける(附帯決議10項)
・自治会や町会で、ペット同伴避難訓練を定期的に実施させる



まだまだ繫殖場の現状は不透明な部分があります。

親犬も生涯、きちんと面倒をみてくれる所が、いったいどれだけあるのか。
もっと行政が立ち入ってもいい、立ち入るべきだと考えます。
届出制ではなく、施設をきちんと整えての許可制、
きちんと面倒みきれるだけの頭数制限。
そして、免許更新が必要なくらいにしないと、親犬たちの立場は守られないのではないでしょうか。


虐待がいけないのは当然。
今は、単に飼い主の「持ち物」でしかない動物たち。
この子の命を守る為に、もっと強制執行ができる力のある人達、組織が必要です。


そして、とても気になるのが「緊急時における同伴避難」

以前に名古屋市に確認した事があります。
そうしたら、「その避難所ごとに決める事になっている」と。
要するに、反対の人達がいたらダメって事です。
避難場所だけは決めてあっても、確かにその時にどういうメンバーが揃うかわからない訳で、
そんな状況では最初からいろいろ決められない、という事でしょうか。
せめてどこどこの避難所はOKという場所を決めてもらえたらいいのですが。


どれもそうですが、もっと突っ込んで決めてもらえたらいいなと思います。


今回、このオンライン署名を求めているのは
Change.ong

他のキャンペーン一覧はこちらから
     
https://www.change.org/petitions
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク