FC2ブログ

大阪府の発表

ブルセラ病感染犬への対応について

和泉市内の動物取扱業者が経営破綻し、その飼育犬の一部がブルセラ病に感染していたことから、「大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部」を設置し、その対策を協議してまいりました。
 過日の救援本部会議において、ブルセラ病は治療しても再発の可能性が高く、感染拡大が否定できないことから、苦渋の判断として陽性犬を安楽死させる方針を決定したところであります。
 ついては、この方針に基づき陽性犬103頭(2月26日現在)を、下記のとおり獣医師による安楽死措置を行います。
 なお、現在の陰性犬については、再度検査の上、陰性が確認された犬について譲渡をすすめてまいります。

             記

(1)日  時  平成19年2月27日(火) 午前7時~午後3時(作業実施予定時間)

(2)場  所  和泉市小野町地内



大阪府のHPより、コピーしてきました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今回は中止になったようですね。
ニュースでもかなり取り上げられていて、とにかく今日のところは中止でほっとしました。
職員の人が「また100頭同じようなケースが出てきたら、どうするのか」と言ってましたが、その前にちゃんと行政が指導すべきでは?とちょっと疑問に思いました。
まだ安楽死の方針は変わっていないようですが、どうか大切な命がつながるようにせつに願います。

獣医さんに生意気だ!!とお怒りを受けるかもしれないけど..。
ブルセラ病の見解が獣医それぞれ?であるようで、
獣医学も未知の部分が大半なんだ..と思いました。
行政の立場とすれば、処分=問題解決なのかしら。
もっとも、そういう環境を作った人(繁殖業者)に対し
どのような処分を下すのか、そちらが気になります。
同じこと繰り返してたら、意味ないじゃん!!で済まされない。
うーん。 ところで、環境フェスタ。御嶽ものどかな
ところですよね。山にはいのししが走り、夏は蛍が
みられるところのようですよ(余談:笑)。

☆お返事です

*ラビペンさん
私はさっきやっとニュースを見ました。
参加してくださった方に感謝です。
力でなければ防ぐ事はできないの?
行政側には、何度もメールしました。
繁殖者はもちろん、管理を怠った行政側にも責任はあるはずです。
ただ処分だけでは済まされない問題だと思います。
もちろん、処分自体にも反対ですが。

*大家さん
私もそのとおりだと思います。
獣医さんの見解がそれぞれであること、
これはいかにブルセラ病自体がわかっていない事を示しています。
そうでしょうね。
人畜共通感染症であるばかりに、はやれば即処分なのですから、治療法が確立される暇もありません。
これを機会に、もっと変わって欲しいと思います。
慣例は・・じゃ済まされないと思うのです。
もちろん、責任の問題も大きいです。
何より犬たちは何もしていません。人間に利用されただけ。
処分されるのは人間たちの方では?←壊れつつある私です^^;

御嵩町・・のどかでしたよ~
田舎いいですね(^^)v
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク