FC2ブログ

処分が延期となりました!

大阪のブルセラ病、感染の犬達の、本日の処分は延期となったようです。
この情報を受け取った時、本当に本当に嬉しかったです。
でも、まだ殺処分が撤回となった訳ではありません。
今日の処分がなぜ延期となったのか、私には詳しいことがわかりません。
ただ、あくまで延期です。
油断はできません。
でも、ともかく一縷の望みができた事も事実。
今、彼らは生きています

大阪市会議員 城谷たけおさん

http://www.shirotani.net/index.html

衆議院議員 藤野真紀子さん

http://www.makikofujino.com/

上記の方々も、現地を訪れてくれています。
こういう人達の力に期待したいです。
どうか彼らに生きる道を・・



 譲渡会のお知らせです 

3月4日(日)10時~15時
岐阜県美濃加茂市
ペットフォレスト美濃加茂店前
参加ワンにゃんの写真を明日アップさせてもらいます

3月11日(日)10~15時
岐阜県各務原市
ペットフォレスト各務原店前
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

とりあえず一時中止になってよかったです!

あんなに動くのが遅い行政・・・処分決め手から実行までの早いことったらありゃしない・・

じゃあもっと助けるのに早く動けたんじゃないの??

今後どう出てくるかわからないけど・・光がさしてくれることを祈るしかありません。

そして祈ってるだけでは気持ちが治まらないのでまみさんが教えてくださった議員さんにメールしまくろうと思います。

最後の最後まで悪あがきがんばろう!あがいてあがいて助けたい!!

テレビのニュースによると、ARK-ANGELのメンバーが処分のために訪れた府の職員を取り囲み、処分の撤回を求め、府側は混乱を避けるため、当日処分を延期したものです。

延期はあくまで延期で、決定の撤回ではないので、今後の展開が気になります。
なまじ行政が介入したため、事態は却って悪い方向に向かってしまった気がします。
今回の感染症に関して思うのは、かなり多くの犬や猫は人畜共通感染症である、パスツレラ菌、あるいはQ熱菌のどちらか、または両方を持っていますから、それだって問題になるはずなのに、それを不問にしておいて、今回の感染症だけを問題視するのはおかしい気がします。

パスツレラ菌を問題にしないのなら、ブルセラだって同じ、問題視する必要がない気がします。人間のとっては、むしろブルセラの方がずっと軽い病気なので、なぜ今回のようなことになるのか理解できません。

☆お返事です

*kaoriさん
とりあえず、彼らは今生きている。
これが力をくれます。頑張るしかありません。どんなにくどいと思われようとメール送り続けます。
でも、ホント行政ってなんだろう?と疑問に思うことばかり。
今は議員さんに頼るしかないのかな・・と思っています。

*里親Aさん
私、今回の事で初めてブルセラ病を知り、いろいろ調べてみました。
でも、今までの例は、外国を含めて、すべて処分されているのです。
それだけ恐い病気、というより、人間にうつる可能性がほんの少しでもあるから。なんですね。情けなく思います。
動物はどんな生体であれ、たくさんの菌をもっています。
保菌だけ、というものも多いです。ブルセラ菌だって、一般家庭の犬の何%かは持っているといわれています。
本当に恐い菌なら、世界中のワンコの検査が必要?もし菌が見つかれば処分?
単純な話、そうではないですか?
大阪府が現地に入って1ヶ月半になろうとしています。
この間に、大阪府は何をしてくれたというのでしょう?
いまだに感染犬と感染していない犬が、完全に離され、隔離されている訳でもない現場。
雨だってしのげているのでしょうか?寒さは?
体力の弱った彼らに、この寒さが耐えれるのでしょうか?

・・・グチが長くなってきてしまいましたので、この辺でやめておきます。
殺すことより生かすこと。これは当たり前の考えなのではないかと思います。
大阪府やら大阪市の獣医師会がついていながら、なんともお粗末な結論を出したものだと、本当にがっかりしています。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク