FC2ブログ

3.11 そして今の事

3.11

あれから9年
あの日の事は、まだ覚えています。
仕事中でした。
ちっちゃな地震だと気づかない事も多いのですが、
かなり揺れた事、時間も長かった事もあり、
机の下に入ろうか、そんな話もしました。

落ち着いてから震源地を確認して、
こっちまで揺れるなんて(愛知県名古屋市です)、かなり大きな地震だったんだね。と話しつつ、
家に1人でいるパピが気になりましたが、物が落ちるとかそれほどでもなかったので、終業したら、急いで帰ればいいかと思ってました。

夕方帰ってきた営業の人が、
エライことになってるぞ!と教えてくれました。
それからみんなでネットを見て・・

言葉になりませんでした。

日本は島国ですから、地震の時に、津波警報が出る事はあります。
でも、実際、こんなにすごい津波を見た事がありません。


あれから9年になります。
確かに、随分復興は進んでいると思います。
前を向いて歩きだした人達もたくさんいるでしょう。

でも、原発が残した爪跡は、本当に大きなもので、
いまだに立ち入り禁止区域があり、そこに住まいを構えていた人達の中には、まだ、前に踏み出せないでいる人達も多くいるのではないでしょうか。

家族や友人を失ってしまった人にとっても、
過ぎてしまった事ではありません。
まだ「今」を生きてる人達がいます。
決して忘れてはいけない。

もちろん、阪神大震災、熊本地震もそうです。
昨年、一昨年とおきた大雨による災害もそうです。
最近、あまり、ニュースに取り上げられる事もありません。
自分の事、身内の事でないと忘れがちな事ですが、日本は災害の多い国でもあります。
それを心して、明日は我が身かもしれない、
被災者に思いをよせる事も、私達にできる事なのではないかと思います。


最近の「新型コロナウィルス感染症」
愛知県は、北海道に続き、多くの感染者が報告されています。
ただ、残念なことに、市も県も、情報を隠したがります。
個人のプライバシーは、確かに守られるべきかもしれませんが、
でも、だからといって、さらに感染を広めていい訳ではありません。

場所がわかれば、確かに、申し訳ないけれど、近隣での買い物はやめたいと思うだろうし、
もし、近隣に住んでいる方なら、さらに自衛に努めたいと思うだろうし、
それぞれ考える事があると思うのです。

私は別に個人が特定したい訳ではありません。
逆に、感染してしまって気の毒に思います。

今やらなきゃいけない事は、
元気な子供を閉じ込めるのではなく、
持病のある方、高齢者の方が集まる場所の閉鎖ではないでしょうか。
もちろん、デイサービスなどがなくなれば、ご家族の負担が増えるのはわかります。
なので、これらの対応を早急にすべきではないでしょうか。

若い人が感染しても、重篤にはならない、と言われています。
その代わりに、持病のある方、高齢者が感染すれば、死に結びつく事があるという事、
名古屋での死亡人数が多いのはそのせいでもあります。
素人の私からみても、何か変だと思う政策、
なんとかならないものでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク