FC2ブログ

SOSばかりです・・

鹿児島多頭飼育現場に、ずっと関わってきたくまさん。
たくさんの子達がやっと保護され、里親さんの元に、そして預かりさんの元へと旅立ちました。
ただ一匹、飼い主さんでさえても噛まれる恐れのあるサブロー君を除いて・・
でも、ずっと短い鎖で繋がれていたサブロー君に、とても広い犬舎が
サブロー君、ちょっと自由になったね
いつかあなたの笑顔が見られたら・・とても嬉しく思います。

預かりさんの子達は、里親さんを募集しています。
合わせてよろしくお願いいたします。

http://kumachan4649.blog34.fc2.com/blog-entry-502.html#more

そして、今ひとつ問題が。
鹿児島の繁殖場です。
こちらの様子はくまさんの日記からごらん下さい。

http://kumachan4649.blog34.fc2.com/

どうしてこんな状況で、まだ繁殖を続けたいなんて思えるんだろう。
ショップに並んでいる子たちは、皆かわいいです。
でも・・その親がこんな所で生活していると知ったら、あなたはその子を買えますか。
何かが違う。そう思いませんか。
こんな繁殖場に 許可 が下りると思いますか
下りてはいけないと思いませんか

この子たちを救う道はただひとつ。
この繁殖場に、繁殖場としての許可が下りないことです。

私には力もお金もありません。
こんな私に何ができる?何もできない?
いえ、メールするくらいはできる。
電話一本かける事はできる。
できる事から始めてみませんか。

昨日書いた、埼玉県毛呂山町の崩壊現場

http://www.remus.dti.ne.jp/~noritama/

29日までに里親さん・又は預かりさんを見つけなければいけません。
もう時間がありません。

今まで、どんな扱いを受けていたのだろう・・と思わせる姿に涙するしかありません。
彼らに 生きていて良かった。生まれてきて良かった。 そう思わせてあげたいと願っています。

疥癬の子が多いようです。
先住ワンさんがいるご家庭は、かなりの注意が必要です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

先日のキャバリア一家さんとこと、同じ気持ちになりました。
共に暮らしているわんこに特に眼がいってしまいますね...。
もちろん、どのわんこにも、胸が痛い思いをしたのは言うまでもない。
やりきれない。
お店で子犬さん、子猫さんが売られてますでしょ。いつ生まれた、
ワクチンは、いつ行いましたetcのこれら、大事な情報なんだけど
大家さん的には、どこで生まれた、つまりどういう繁殖所(犬舍)で生まれた子なのか、という情報も併せて開示されること、必要ではないかと感じてます。実際きちんとしたところは、そういうのをしっかり公開してます
もの。なーんでペットショップの生体には、そういう情報が開示されて
ないのか不思議ですわー。開示出来ない事情があるのでしょうかね?

やっぱり絶えないですね・・・
どんどん増えていくんだろうなぁ・・・
でもあまりにも酷すぎます

ちゃんと面倒も見れないくせに
まだ繁殖をしたいと思う時点で
人間失格ですv-359今から掃除したって
この子達の健康状態みたら分かると思うけど・・・

どうか許可が下りません様に
でも許可が降りなかったら、この子達どうなるんだろうv-380
餓死させる様な最低な事は止めて欲しいv-393

長い年月をこんな環境に逃げることもできずにいただなんて、どんなに辛かったでしょう、苦しかったでしょう。本当に酷すぎます!
こんな状態で許可が下りてしまったら、一体何のための許可制なのでしょうね。
埼玉の方も虐待としか言いようがありませんね。
(こちらは全員預かり先の目処が立ったようです。)
やっぱりしかるべき行政機関のチェック体制の強化と厳しい罰則の規定、そしてペットを迎える側の知識と姿勢が大切ですね。ペットを迎える人たちに現状を知ってもらうべく、mamiさんのように情報を提供することも大きな意味があると感じます。

以前は「悪質なブリーダーは一握り」と思っていましたが、こう立て続けに起きると日本のブリーダーのあり方自体に問題があるように思えてきます。

*大家さん
自分の飼っているのと同じ犬種が気になるのは、仕方ないですよね・・
ちょっと変なたとえになってしまうけど、今、お野菜なんかも作った人を明示してるでしょ?
安心して買えるよね。
ワンコも一緒だと思うけど、そうすると直接交渉する人がいるからいけないのかしら?
それと・・ひと箱幾らみたいに売買される場合もあるという流通のしくみ。
開示できない理由は多々ありそう。
もともとショップ販売に反対な私としては、繁殖者直接でいいと思うのだけど。
繁殖場で、親とともに面会。
そうすれば、きちんとしてもらえそうだけどまだ甘いのかな?

*文紅さん
許可が下りなければ、この子達の里親さんを探す事ができます。
関わっている人達はそう思っていると思います。
このまま、ここで一生を終わるよりずっとステキな未来が開けると私は信じています。
彼らに笑顔を・・そう願ってやみません。

単純な話、彼らの姿をみれば、一目瞭然だと思いますが、
行政が何を基準に許可するのか、皆目検討がつきません。
これもいい判断基準になるかも・・です。
ここに許可がおりたとしたら、かなりいい加減な判断だと思わざるを得ません。
どうでもいいって事かな?

*ラビペンさん
どこを見ても、本当に悲しくなります。
うちの子の親はどこにいるんだろう。
繁殖場を知るにつけ、不安になります。
どうみても甘いです。行政。もっと立ち入り検査をすれば?
もぐりの繁殖場は即刻閉鎖にすれば?
そこに命があるという事、決して忘れないで欲しいです。

日本には、本当にその犬種の事を考えているブリーダーがどれくらいいるのか・・
それこそ一握りかもしれませんね。

本当によかった~!
国や行政は、人間の福祉や老後について、EUや北欧を見習っているみたいだけど。。。
それよりも、動物愛護を見習ってほしい。。。
いろんなことで、今、世界中が日本に注目しているというのに。。。

*キャバリア一家さん
日本はまだまだ動物に関しては遅れてますね。
愛護法、改正になってもまだまだ甘い。もっと積極的に取り組んで欲しいです。
相手は生き物。
器物破損はどうかと思います。
日本は確かに豊かになったかもしれない。
でも、心は貧しい・・そんなふうに感じます。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク