FC2ブログ

ここ、ご存知ですか?

http://tingun.hp.infoseek.co.jp/04.html

この動物病院について、何か知ってる方いらっしゃいますか?
メディアにも取り上げられているようですが、にわかには信じがたいです。
それも、今も普通に診察をしているって・・

動物たちは、私たちと同じ言葉を話せません。
前にも少し書きましたが、しっかりとした目で獣医さんを選びましょう。
病気になってから、初めての病院に駆け込むのでは不安です。
健康なときに、ワクチン・健康診断などお願いしてみましょう。
信頼できる獣医さんをみつけておきましょう。
ご近所の評判にも耳を傾けてみましょう。

彼らを守るのは、私たち飼い主です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

私が以前テレビで見たとこなら知ってる人いるかも?
あとでメールしますね!

本当に信用して預けてるのに・・
愛犬にそんなことされたら私は絶対許さない!

以前から問題の獣医だと言う事は聞いていましたがここまでひどいとは思っていませんでしたね。TVでも見ましたが信じられないような話ばかり・・mamiさんも見ましたか?
軍手を飲みこんでいたと手術して出てきたものは真っ白な軍手、殺された犬はビニールを無理やり気管支に押し込められていましたね。裁判で負けたけれど控訴してるんで獣医師免許の取り上げは様子見とか・・・飼い主も見る眼を持たなければいけませんよね
自分の家族を守る為ですから・・
でも黒のフェレットが帰ってきた時には白のフェレットに・・・って話には思わず不謹慎ながら「そんなあほな!!」と突っ込み入れてしまいました。

*kaoriさん
この人、本当に獣医さんなの?と疑ってしまいました。
アメリカ留学とか?ありえないありえない。
腕以前に人間としてもどうかと思ってしまいます。

*litaさん
私はあとで教えてもらって、ネットで見ました。
りすもありえませんでしたね。子リスになって帰ってきたって・・
は??そんな事が通用するの?
医師免許。ここまでしても取り上げる事ができない?
なんか法律って変ですね。
もっともこういう人って、免許剥奪されたとしても営業しそうで恐いですが。
改めて、情報収集の必要性を感じています。
プロフィール

mami

  • Author:mami
  • メールはこちらに☆
    bellpapi2@yahoo.co.jp

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク